プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
季節の移ろいは・・・神様の素敵な贈り物!! Feb 21, 2018
いつだってこの瞬間のときめきが全てなのさっ Feb 19, 2018
人はいつも誰かのことを想ってる。あなたの無邪気な笑顔に出会いたくて、 出会いたくて・・・ Feb 17, 2018
あなたの人生を照らす光になりたい・・・ Feb 15, 2018
生きるという事・・・それは、何が起きようとそれを受け入れる勇気と信念を失わないこと Feb 14, 2018

2018.02.12    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   毎日の日々を・・・懸命に 生き抜く。それだけでいい


アイスダンスショートプログラムを
眺めていたら・・・
あっ、
これストーンズの
「悪魔を憐れむ歌」じゃん!!
そしてそこから「天国への階段」かと思いきや、
「ホテル・カリフォルニア」へと続いていく。
うん。
フィギュアスケートには
こんな楽しみ方もあるんだね!!









M-5603

M-5604

M-5605










オリンピックは・・・
なにも考えず、
ただ眺めているだけで
こんなにも
楽しい!!
うん。
そのすべての競技が、
肉体を駆使したアートだよね。
だから、
生きることは、
素晴らしい。







M-5606

M-5607

M-5608




何かを手にするために
いつも
何かを失う・・・
でも、
それは悲しい事じゃない。
何かを
失う度に、
君は日々生まれ変わる。
それは
君がいつも欲しがっていた
あの未来を
具現化するための
エネルギーさ!!









M-5609

M-5610









♪いつまで
どこまでなんて
正常か異常かなんて
考える暇も無い程
歩くのは大変だ
楽しい方がずっといいよ
ごまかして笑っていくよ
大丈夫だ
あの痛みは忘れたって
消えやしない・・・
(ray)





M-5611

M-5612









毎日の日々を・・・
懸命に
生き抜く。
それだけでいい。
ほかに
なにもいらないんだからね。







Rolling Stones "SYMPATHY FOR THE DEVIL" (Live Glastonbury)

Virtue/Moir. Grand Prix of Figure Skating Final 2017. SD

スピッツ / 1987→

LOUDNESS ~ in Europe1984 / CRAZY DOCTOR

Noel Gallagher's HFB - Don't Look Back In Anger (Live Fuji Rock Festival'12)

BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」












2018.02.10    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   自分に対して素直になれた時、人はこの世界が自分を祝福していることに気付く。


YOUNG GUITAR 最新号に掲載されている
撃論言霊〜
高崎 晃 VS.レジェンダリー・ギタリスト〜
vs. Charを読む。
グループサウンズが衰退した後の
アイドル歌謡全盛時代に、
敢えて己のアティチュードを
貫き通してきた二人。
今もその輝きは不滅。
その生き様は今尚、
僕らに勇気と希望を与え続けている。








M-5590

M-5591

M-5592








同じく、YOUNG GUITAR 最新号に掲載されている
撃論言霊〜
高崎 晃 VS.レジェンダリー・ギタリスト〜
vs. 鮎川 誠を読む。
思春期に受けた衝撃は
一生!!体に染みついて離れない・・・
ロックは
ギターのシールドを
アンプにつないだ瞬間の
爆音から生まれる
熱狂と興奮が全て。
うん、そうなんだよね。








M-5593

M-5594

M-5595







それにしても・・・
まさかあの高崎晃が
対談相手として選んだ日本人ギタリストが
チャーであり、鮎川誠であるという事実。
それだけでも充分に衝撃だった。
生きていればこそ、
こんな素敵な瞬間に何度も出会えるんだね!! 
うん。
それもロックンロールだよ。(笑)





M-5596

M-5597




Talking Rock最新号に掲載されている
スペシャル対談
TOSHI-LOW × 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)を読む。
様々な人生の辛い季節を
乗り越えてきた二人。
だからこそ、
人に対してこんなにも
素直に向き合えるようになる。
それは
人生に於ける
至上の喜び・・・








M-5598

M-5586

M-5600





♪大きなビルの谷間で
よく見るやつらが
小さな蟻を
踏みつぶす話ししてたよ
小さな嘘も
いつしか膨らみすぎたね
気付く暇もなし
変わる気もなし
今日も
一日
杓子定規で
単純な大声を張り上げてた・・・
(杓子定規)







M-5601

M-5602



ブラフマンを武道館で観た
2018.02.09 23:11
山崎洋一郎の「総編集長日記」


https://rockinon.com/blog/yamazaki/173064


“炎のようなライブとしか言いようがない。
炎そのもののような4人と、その音。
本当の意味で熱い、そして高圧なライブ。
こんなライブをやれるバンドが今の日本で他にどこにいるだろうか。”
(山崎洋一郎)



ブラフマンの武道館ライブは、一大エンターテイメントだった。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」


https://rockinon.com/blog/shibuya/173072


“もう誰もが認めることだがTOSHI‐LOWはとても知性的なアーティストである。武道館という舞台で肉体を封じられた時、彼は自らの最大の武器である知性によって、あの空間に勝とうした。そしてそれは見事に成功した。
これまで誰もやったことのない、映像、照明、演出で誰も見たことがない武道館ライブを実現してしまった。
最初にブラフマンにエンターテイメントという言葉は似合わないと書いたが、彼らほどエンターテイメントという言葉が似合うバンドはいないことに、改めて気付かされるライブでもあった。”
(渋谷陽一)









自分に対して
素直になれた時、
人は
この世界が
自分を祝福していることに
気付く。
そして、
その喜びを
みんなと分かち合いたくなるんだ。
その瞬間から、
もう
君と僕は、
互いを
認め合える
大切な仲間になる。
それが音楽のマジックさ・・・







レイジー ベイビーアイメイクアモーション LAZY babyimakeamotion

「闘牛士」 Char 1978 5 22 Pideo 動画検索

夜のヒットスタジオ

シーナ&ロケッツ You May Dream(1980)

東京スカパラダイスオーケストラ / めくれたオレンジ

ニューエストモデル / 杓子定木

BRAHMAN 「今夜」MV








2018.02.07    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   素敵な音楽は、ジャンルとは無関係に未来永劫聴き継がれていく!!


松村、橘川、大類、斉藤、大久保が大集合する毎年恒例のロッキング・オン同窓会が行われました。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」


https://rockinon.com/blog/shibuya/172906




M-5580

M-5581




“去年は僕が幹事で会社の近くのそば懐石の店でやったが、今年は橘川が幹事で三軒茶屋の和食屋になった。それぞれ自分の生活圏に近いところを選ぶのが親父っぽい。
今回の和食屋はいい店だったが、ちょっと分かりにくいところにあり、松村が迷ってしまった。1時間、三軒茶屋エリアをさ迷っていたらしい。橘川の店の知らせかたが悪いと怒っていた。
どうも道順だけ教えて、住所も電話番号も教えなかったらしい。
教えない橘川も橘川だが、聞かなかった松村も松村だと、みんなが呆れていた。
45年前と何も変わっていないのが笑えた。
いつものように病気自慢、ボケ競べの3時間は、みんなにとって1年で一番楽しい3時間だった。”

(渋谷陽一)








M-5582

M-5583









Talking Rock最新号に掲載されている
スペシャル対談
TOSHI-LOW × 中川敬(SOUL FLOWER UNION)を読む。
爆笑の渦の中で
二人の真摯な想いが心に響き渡る・・・
うん。
彼らの奏でる音楽そのものだね。









M-5584

M-5585

M-5586




♪風が吹く 港の方から 
焼けあとを包むように
おどす風
悲しくて すべてを笑う 
乾く冬の夕
唄がきこえる 
眠らずに朝まで踊る
解き放て
いのちで笑え 
満月の夕・・・
(満月の夕)








M-5587

M-5588

M-5589




中川君・・・
いくらなんでも
太り過ぎやでぇ~~~~~!!
ホンマホンマ!!
ダイエットせにゃ
あかんでぇえええ~~~。
うるさい。
大きなお世話やっつつつつ。(笑)









BURRN!最新号に掲載されている
ポール・スタンレーのインタビュー記事を読む。
モータウンに代表される
フックが効いたメロディ・ラインや
ソウル・ミュージックのエモーションは
そのままキッスの音楽にも
ごく自然に備わっていることに改めて気づかされた。
音楽は
そんな風に
未来永劫無限の旅を続けるんだ。


キッスの音楽には
メタルの要素もあれば、
ポップの要素もある。
そしてソウルの熱いエモーションも息づいている・・・
PAUL STANLEY’S SOUL STATIONを通じて伝えたいことも
きっとそれなんだろう。
うん。
だから音楽は最高なんだよ!!








「この世の中には良い音楽と悪い音楽の二種類しか存在しない」
そう語るポール・スタンレー
・・・
だからこそ、
良い音楽はジャンルとは無関係に
未来永劫聴き継がれていく。
つまり、
僕らの人生に寄り添ってくれる
最良の友達で
あり続けるのさ。







頭脳警察 / 銃を取れ Live

BRAHMAN 「ナミノウタゲ」MV

ソウルフラワーユニオン/ 風の市 Dir若松孝二

満月の夕/ソウル・フラワー・ユニオン

Kiss - Who Wants To Be Lonely

Paul Stanley's Soul Station "Tracks of my Tears" Live at The Roxy









2018.02.05    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   歳だからこそ、日々の新鮮な驚きや発見が一杯ある・・・


レッツゴー三匹の長作さん・・・
天に召される。
東のてんぷくトリオ。
そして
西のレッツゴー三匹。
僕らの世代に於ける
トリオ漫才のヒーローだった。
どうか安らかに。








M-5576




歳だからと
全てを諦める必要なんて全くない。
歳だからこそ、
日々の新鮮な驚きや発見が一杯ある。
そんな日々の生活に感謝ですね・・・
おいおい、
それはお前が
いつまでもアホなだけやっ!! 
はい、その通りっつつ。








M-5577

M-5578

M-5579





♪語れるほどの夢とか
小さくなった
誇りさえ
失くしてしまうとこだった
優しかった時の
心取り戻せ
嘘つきと
呼ばれていいから
僕はここにいる
すでに
もう奇跡
花が咲いているよ・・・
(群青)








M-5575









生きることは
常にリスクと隣り合わせ。
それでも、
人は
日々の日常に於ける
安心と平和を得るために
今日も
闘い続ける・・・
そう!!
自身の中に
巣食う
悪魔と向き合いながら。







レツゴー三匹

海援隊 あんたが大将 (1977)

スピッツ / 群青

Patti Smith - People Have The Power








2018.02.03    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   うん・・・歳を取るのも悪くないぜ!!


幼いころの思い出は
どんなに
時が移り変わろうと、
いつも
甘酸っぱくて
ほろ苦い味がするのは
どうしてだろう?
きっと、
いつまでも
その瑞々しさを
君が失わないままだからさ。
そして・・・
ふたりは
いつのまにか
あの頃に戻っていた。







M-5568

M-5569

M-5570

M-5571




♪永遠に続くような
掟に飽きたら
シャツを着替えて出かけよう
愛で汚された
ちゃちな飾りほど
美しく見える光
つまらない
宝物を眺めよう
偽物のかけらにキスしよう
今変わっていくよ・・・
(青い車)









M-5574






BURRN! JAPAN最新号に掲載されている
井上俊次、影山ヒロノブの
個別インタビュー記事を読む。
10代の頃は誰もが
理想と現実の乖離の中で
もがき苦しみながら
成長していく。







そしてやがて歳を経た時、
こう思うのだろう。
やはりあの時の出会いがあったから、
ここまで成長できた。
うん。感謝しかないよね。




M-5572









当時、音楽評論家の伊藤政則が
レイジーの新作アルバムに付けたキャッチ・コピー!!
「へヴィ・メタル宣言」に
胸躍らせたロック・ファンは
きっと僕だけではなかったはず。








M-5573




そう・・・
アイドル時代の
様々な
辛い経験を糧として
彼らはついにやりたいことを
やりきったのだから!!








様々な出会いと別れを
くり返しながら、
今もまだ旅の途上・・・
明日という
未知の世界に
胸躍らせながら、
舟を漕ぎ出す
3人。
うん・・・
歳を取るのも悪くないぜ!!







"Maggie May." Rod Stewart

スピッツ / 青い車

LAZY/地獄の天使

レイジー「赤頭巾ちゃん御用心」「ベイビー・アイ・メイク・ア・モーション」

LAZY DREAMER

LAZY 「Slow and Steady」”Wandering Soul” Music Video
















Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog