FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
諦めと絶望と混沌の真っ只中をなんとか泳ぎ切れば、そこにはきっと眩い希望の光が射し込む。 Apr 09, 2020
ロックンロールは・・・この理不尽な世界でみっけた最後の希望の証!! Apr 07, 2020
世界はあなたを・・・忘れない。音楽と笑いはいつの世も人生の大切なエッセンスだから。 Apr 06, 2020
現状に不満があるなら、互いの知恵を出し合ってみよう。それが互いの未来を育むエネルギーになる。 Apr 03, 2020
誰かの意見を非難したり批判する暇があるなら、互いの知恵と勇気をいまこそこの役立たずの世界のために・・・ Apr 02, 2020

2011.03.29    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   原発容認は体制への屈服・・・


週刊誌を読むと、紙面の内容は震災と原発事故に絞られていた。
震災自体は、地殻の変動が齎す巨大なエネルギーに拠るものであり、想定できたとしても防げない感がある。
でも、原発の放射能漏れに関しては顕かに予期出来たのであり、人災の面も否めないと思う。
つまり体制への屈服が今回の惨事を招いた一因であるということなんだと思う。










嘗て、団塊の世代と呼ばれる僕たちよりも上の世代は、常に体制に対して疑問を抱き、異議申し立てをしてきた。
坂本龍一にしても忌野清志郎にしても、あるいは渋谷陽一にしても泉谷しげるにしても、一様に体制への屈服を拒んできた。納得できないことに対しては、はっきりとNOを突きつけてきた。それこそが誠実の証だ。


日本に最初の原発が出来たとき、どうして僕らは断固阻止できなかったのだろうか? 
悔やんでも悔やみきれませんよね。







“●坂本龍一も清志郎も、それから僕もほぼみんな同世代で、非常に似た匂いをやっぱり感じるわけですよ。上の世代はなんであんなに政治に対してシニカルで、屈折してんだと。で、下の世代を見ると、お前らはなんでそんなに政治に対して無関心なんだ、と(笑)。

「あるいは勇気がないんだって」

●勇気がないんだっていう。

「ないよね」”


ROCKIN'ON JAPAN 特別号 忌野清志郎 1951-2009 特別インタビュー 坂本龍一 より抜粋









何故なら、我が国は世界で唯一の被爆国であるにも拘わらず、核の平和利用を容認するという大いなる矛盾を抱えたまま、見切り発車してしまった。誰もブレーキを掛けられなかった。
その時、僕らはこう思っていた。
資源を持たない我が国は、エネルギーが枯渇したときに、何ら有効な対策を持てない。
だからこそ核の平和利用に頼るしかないのだと。そう、自身に言い聞かせるしかなかった。
そのときの我々の認識は間違っていたのだと思う。
体を張って、未来を護るために動くべきだったのだ。




“「海外ではまあ、レディオヘッドにしたってナイン・インチ・ネイルズにしたって、音楽的には大したことない奴らでさえ、かなりナイーヴに環境だ反核だ反戦だってさ、もう言うのが当たり前っていうかな、そういうことにコミットしてないのはバカっていう感じでしょ。まあそれが裏目に出ることもあるから、わざとノンポリ的な、ふにゃっとしたさ、だらっとした奴らもいますけど。まあちょっとこう、ITに近いほうの奴らはかなりノンポリな感じの、そういうミュージシャンもいますけど、まあ基本は、政治的なポリシーを持ってるっていうのがスタンダードですよね、海外ではね。持ってなかったらちょっと、バカ扱いされるっていうね(笑)」”

ROCKIN'ON JAPAN 特別号 忌野清志郎 1951-2009 特別インタビュー 坂本龍一 より抜粋




つまりそれこそが・・・
“あらゆることを想定できるイマジネーション、そして楽しく生きるための希望や努力を惜しまない人間であること。”

ochiochiのワンダーランド2 エッセイ~技術とこころ~ より抜粋



なのでしょうね。












“そして何より人類愛としての志を高く持つ者がこれからは必要な人材となることでしょう。”

ochiochiのワンダーランド2 エッセイ~技術とこころ~ より抜粋






ochiochiさんが仰るように、あらゆる想定されるリスクに対応する判断力の欠如と、我々の日常に於ける安心と安全を護るためには一体何が必要であるかという想像力の欠如という二つの面に於いて、今回の原発事故は人災の面も否めないのでしょうね。








RCサクセション / 軽薄なジャーナリスト ('88.12.31).

泉谷しげる with LOSER 国旗はためく下に

ryuichi sakamoto - rain(live)

浜田省吾 /  僕と彼女と週末に









riamnさん
天災は避けることが出来ませんが、人災はやりようによってはいくらでも回避出来
ます。
しかし世の中が平和過ぎると、ついつい日々の生活だけに意識は集中して、己の将来は別としても、社会や地球全体の将来に関わることなどないがしろにしがちです。
政府だって同じ。
与野党の攻防は日常茶飯事。
本当に無駄な税金を使っているなぁと思いつつも、国民もそのドタバダ劇を楽しんでいるわけです。

誰しも自分自身は可愛い。
だから敢えて公衆のさらし者にはなりたくないわけです。

ただ今はこういうインターネットという世界があり、意見は自由に述べることが出来る。ただまとまりがつかないのが難点。
フェイスブックというものが有効などという意見もありますが、私は疑わしいと思ってます。
ツィツター(つぶやき)はただのお笑いであり、何の行動もともなわない。

となると答えはただひとつ。
個々人のレベルアップのみです。

riamnさんの記事にもあるようにアーチストとは芸術を語るだけではダメです。
その芸術の背景を語ることで初めて世の中に貢献できる存在となるかと思うのです。

なぜ多くのアーチストが「愛」を訴えるのか?
それに対する個々人の思い、それが現実なんではないでしょうか?

私のブログ記事を紹介していただき有り難う御座いました。
ochiochiさん

先日、ネットの友人から泉谷しげるのブログを紹介されました。

読んでみると・・・

さすがは泉谷さん。団塊の世代ならではの全くぶれない直截なメッセージが綴られていました。

ここに少し抜粋してみます。


“オレが自粛せず各イベントを開催しようと云うのは「経済の救済」も必要としてるからで、買いだめしたモノを家で食べてるだけでなく店に行き外食事したホウが経済回るし留守する事で節電にもなる~と呼び掛けてるから!

いまマタ東京の水危ないとかでペットボトル買い占めだよ!
その前に水道水をどう貯めて浄化水つくれるか!の知恵ぐらい知っとけよ!だ。
今はそう云う知恵の出し合いにネットや報道機関は使うべき!
週刊誌なんぞ放射能の恐怖煽るだけじゃダメだろ!

とにかく
家も仕事も失ったヒトらに住む場所と、新たに今までの仕事を作らなければなのだ!”

“都知事選挙なんゾやってる場合じゃねーが東京も仕事無い状態のヒト増えて来てるので、震災経済の建て直しをちゃんとしたビジョンとして打ち出せるか!?に架かってる。
オメーら無駄に選挙資金使うンじゃねーぞ!”

http://ameblo.jp/shigeru-izumiya/entry-10843496590.html


つまり、風評に惑わされる暇があるんだったら、自身の頭で物事を捉える訓練を常にしておけということなんですね。
そうすれば、いついかなるときでも、怖れることなく、行動に移せるから。

そんなことを泉谷さんのブログから学んだような気がしました。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog