FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
春の息吹を・・・むねいっぱいに吸い込めば、すべてはきっとうまくいくはずさ!! Feb 20, 2020
いつの時代も・・・笑いはこころの潤滑油!? Feb 18, 2020
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020
いちど・・・降り出した雨はもう止まない。そしてまた振り出しに戻るだけさ!! Feb 12, 2020

2011.03.28    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   こころ掬われ、こころ巣食われても、こころ救われる日々


スピッツ・草野、急性ストレス障害で3週間療養 全国ツアー4公演見送り 
オリコン 3月28日(月)7時26分配信



 4人組ロックバンド・スピッツが28日、ボーカルの草野マサムネが東日本大震災の影響で急性ストレス障害を患ったため、4月3・5・7日に予定していた全国ツアー3ヶ所4公演(鳥取、山口、広島)の開催を一旦見送ると公式サイトで発表した。草野は17日に受診し、約3週間の療養を要すると診断された。公演の延期もしくは中止は未定。

昨年7月には草野の急性咽喉頭炎で大阪公演が延期に…

 草野は、11日に発生した東日本大震災の大きな揺れ、連日報道される被害の甚大さ、福島第1原発の深刻な状況などに過度なストレスを受け、精神的な病に発展。17日に受診後、療養しているが、現時点ではツアーを開催できる状況には至っていないとの判断から、苦渋の決断を下した。

 公式サイトでは、メンバーの三輪テツヤ(ギター)、田村明浩(ベース)、崎山龍男(ドラムス)と所属事務所社長が連名で、チケットの購入者に陳謝したうえで「幸い、急性ストレス障害は一過性のものです。一定の時間が経てば必ずと言ってよい確率で回復します。現在の草野も確実にその回復過程にある」と病状を説明している。

 順調に回復すれば、4月13日の東京・NHKホール公演からツアーをスタートするとし、「どうか今しばらくの時間をください。被災地の皆さんに向け、全国の皆さんに向け、一刻も早く“自分たちのやるべきこと”を行動に移せるよう、精一杯の努力を続けてまいります」とコメントしている。

 なお、本ツアーは27日の埼玉公演を皮切りに、ホール28公演・アリーナ7公演の全35公演が予定されていたが、震災の影響で初日公演および31日・福島公演の開催を見送っており、今回の発表も含め、計5ヶ所6公演が未開催。振替公演もしくは中止は、決まりしだい公式サイトで案内される。










被災者の方々を、全国の自治体で受け入れてもらう案も具現化されるらしいですよね。




何よりも子供たちや高齢者にとっては朗報に違いありません。





生活という基盤が安定しないことには、そこに夢も希望も抱くことは出来ません。




人と人の絆が深まれば、自ずとそこには信頼関係が醸成されていきます。




まずそこから始めなくては・・・





今必要とされるのは、あらゆる柵を越えた全方位の支援体制を確立することなのだと思います。






「頑張れ!!」という掛け声も励みになるかもしれないけれど、




それよりも、



一人ひとりがいつでも他者を受け入れることが出来る心の器の醸成が求められているのかもしれないから。









只・・・


放射能汚染だけは、何十年も経た後に我々の身体を蝕む可能性があるのですからとても厄介ですよね。



文字通り、何の理由も無く、理不尽に未来を奪われてしまう。





アエラ表紙に抗議、野田秀樹氏が連載降板
読売新聞 3月28日(月)18時6分配信

 福島第一原子力発電所の事故を扱った朝日新聞出版発行の週刊誌「アエラ」3月28日号が、風評被害を広げると批判された問題で、同誌に随筆を連載してきた劇作家・演出家の野田秀樹さん(55)は、28日発売の4月4日号で連載を自ら降りることを明らかにした。

 野田さんは、「ひつまぶし」と題した随筆の中で、「アエラ」28日号が表紙に「放射能がくる」と見出しを付けたことなどを疑問視し、「刺激的なコピーを表紙に使い人々を煽(あお)る雑誌だったとは気がつかないでいた」、「このアエラの『現実』に対する姿勢への不安が消えません」などと降板の背景を説明している。

 朝日新聞出版は野田さんの指摘について、「(表紙に)恐怖心を煽る意図はなく、原発事故の深刻さを伝える意図で掲載しました」としている。

最終更新:3月28日(月)18時6分






水だって牛乳だって、美味しくごくごく飲みたいよね。



そして笑いあいたいよね。













結局、僕らには与えられた人生を全うするしか術がない。




そんなときに何を拠り所にすればいいのか・・・





・・・








そんなときですら、



僕らはたった一つのフレーズとメロディにこころを掬われ、





日々襲ってくる不安と焦燥にこころを巣食われても、





誰かの差し伸べる理不尽な愛に・・・







今日もこころ救われる。







・・・



スピッツ / 放浪カモメはどこまでも

Spitz スピッツ - Robinson ロビンソン (Live)

Spitz スピッツ - Ore no Subete 俺のすべて (Live)

Spitz スピッツ - Spider スパイダー (Live)












人間は、なにも特別なことをして貰わなくても、



只、黙って自分の目を正面から見つめてくれて、只、取り留めの無い話を聞いて貰えるだけで



とても心が救われるんですよね。





それはきっと、精神が浄化されていくからだと思うんです。



僕は以前、自分の日記にこんなことを呟きました。



“人は普通に生活している状態のときでさえ、日々のストレスと無縁ではいられない。
たとえば、他者との日常の繋がりに於いても、些細な心の行き違いから、人間不信に陥ることもある。
ネットの繋がりに於いては、それが更に顕著になる(場合もある)。

自身の感情を他者にぶつけることが出来ないために起こるコミュニケーションの齟齬。
被災地に於けるコミュニティーに於いては、何よりも自身の感情を他者のために抑えなければならないことが、一番辛いのだと思う。
だから、ほんの少しの間だけでもいいから、自身の感情を開放できる居場所が必要だ。

そのために音楽や笑いがなによりも大切な役割を果たしてくれる。”



http://riamn.blog82.fc2.com/blog-entry-951.html








今日、テレビのニュースを見ていたら、


お笑い芸人のコロッケさんが被災地に赴いて物真似芸を披露している映像が流れていました。







http://www.youtube.com/watch?v=vvx3zhP28fI&feature=related






煌びやかな照明も豪華なセットも無い場所で、彼は懸命に皆を笑わせていました。



他の物真似芸人たちも一緒でした。




誰もが自分に出来ることは何があるだろうかと一生懸命考えて、それを行動に移す。



するとそこには幸せの連鎖が拡がっていく。




正にそれが現実に起こっているのだと思いました。






人と人の絆は生きていくうえで最も大切な安心感と信頼感を育んでいくんですね。






コロッケさんは、



人目も構わず、ぐしょぐしょに瞳を泣き腫らしたまま、インタビューに応えていました。



余談になりますけど、彼は僕と同い年です。







あまりにも壮絶な現実から決して逃げずに向き合うということが、




果たして僕に出来ただろうか?









まず自身の正直な心と向き合うことが出来なければ・・・




一歩もそこから前には進めませんよね。きっと。








一日も早く、皆の心に幸せの連鎖が拡がりますように!!







スピッツ / メモリーズ

Spitz スピッツ - Kaede 楓 (Live)








トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog