FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020
いちど・・・降り出した雨はもう止まない。そしてまた振り出しに戻るだけさ!! Feb 12, 2020
あの日、あの瞬間のときめきを忘れない。出会いという名の奇跡をぼくらは未だ追いかけてる・・・ Feb 10, 2020
知覚の扉を・・・開けたその瞬間、気付いたら夜があけて、そばであなたが微笑んでいたんだ Feb 09, 2020

2010.12.24    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   心のバリアフリーとは何だろう?


信号の無い交差点を渡る時・・・




こちらが意思表示をしなければ、行き交う車は気付きはしない。





でも、相手が気付いてくれたら、こちらも意思表示をする。




世の中はそこで繋がる。





決して諦めなければ、夢は叶うと、人は云う。





でも同時に、決して思い通りにならないのも世の中。




生まれつき障害を持って生まれてきても、



自身に与えられた境遇をありのままに受け入れることで、




懸命に明るく逞しく生き抜いていく女性がいる。





♪ ここは天国じゃないんだ かと言って地獄でもない いい奴ばかりじゃないけど 悪い奴ばかりでもない

世界中にさだめられた どんな記念日なんかより あなたが生きている今日はどんなに素晴らしいだろう

世界中に建てられてる どんな記念碑なんかより あなたが生きている今日はどんなに意味があるだろう

土砂降りの痛みのなかを 傘もささず走っていく

いやらしさも汚たならしさも むきだしにして走ってく


THE BLUE HEARTS 「TRAIN-TRAIN」
作詞 真島昌利
作曲 真島昌利
唄 THE BLUE HEARTS




世間は・・・



あの人は障害があるのにそれを受け入れて、



あんなに逞しく生きている!!





と感動する。





でも、それは決して特別なことじゃない。





ありのままの自身を




素直に受け入れようとする彼女の心の器が、





周囲を変えたのだ。






♪ 僕には見える 美しいことが 

どんなに弱くても美しくなれる 

素直な心で生きてくのさ 

どんなにキズついても 素直なこころで


AJICO「美しいこと」
作詞 浅井健一
作曲 浅井健一
唄 AJICO






その人の心の在り様が・・・




他者との繋がりを醸成できるパワーを生み出すのだ。





メディアはその事実をありのままに伝えようとはしないから、





いじめや差別は消えることが無い。




感動の押し売りは・・・




高視聴率やベストセラーを生み出すための最大の原動力。





乙武洋匡くんや、佐野有美さんが望んでいるのは、




そんな世の中ではないはずだ。




この世から、




いじめや差別が無くならない理由は、




他者と繋がる術を人がどんどん見失っていくからなんだ。






どうやって、人と繋がればいいのか?




その術が判らないから、




他者を全て否定することでしか、自身を肯定できない。





それは、とっても悲しいこと。





♪ 見てごらん よく似ているだろう 

誰かさんと ほらごらん 理性が邪魔してる 素直な君を 

ほらね そっくりなサルが 僕を指さしてる 

きっとどこか似ているんだ 僕ときみのように


川村カオリ 「ZOO」
作詞 Jinsei Tsuji
作曲 Jinsei Tsuji
唄 川村カオリ







心を開くということは




相手を受け入れる心を自身の中に確保するということ。





相手を受け入れるということは、




その人の心の器を自然に拡げてくれる。





心の器が拡がれば・・・世界は無限に拡がる。






心の器が狭くなれば・・・世界も狭くなる。






与えられた境遇の中で、





出来る限り自身を生かすための術を見つけることで、






世界と繋がるためのキーを手に入れることが出来るはず。






なにも特別なパスなど必要ない。






繋がるということは、





ありのままの素直なあなたを、





ありのままに愛するということに他ならないのだから。





♪ 時には救うよ 僕がおまえを 

いつでもいるわけじゃ・・・

たまにでいいのさ

僕にはきみがいるし きみには僕がいるよ


川村カオリ 「FRIEND」
作詞 Kenichi Asai
作曲 Kenichi Asai
唄 川村カオリ






そうすれば、この世から、いじめや自殺が無くなる日が、




きっと・・・遣ってくる。






・・・(笑)






The Blue Hearts - Train Train

AJICO 美しいこと

川村かおり - ZOO - StudioLive 1992

川村カオリ - Friend (guest 浅井健一)

















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog