FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
こんなにも理不尽な世の中で日々を生き抜くあなたを・・・ありったけの愛で包み込んであげたい!! Jun 27, 2020
想いは・・・いつかあなたの胸に辿りつける日を夢見て、また旅立つのさ。 Jun 26, 2020
歳を経て経験値が増えれば増えるほどにどんどん世間が判らなくなる。それはきっといいことなんだろう・・・ Jun 24, 2020
いくつになっても・・・ぼくのこころには、きみのことしか映らない。 Jun 23, 2020
打ちひしがれた心に・・・愛と勇気とやさしさを!! Jun 21, 2020

2010.09.29    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   メタリカの普遍性


メタリカは、今年で結成から29年を経た。



最早・・・メタル・シーンの重鎮としての君臨は云うに及ばず、




ロックの世界遺産に何れ名を連ねるであろうことは


疑いの余地がないだろう。








メタリカの普遍性とは一体何か?




“メタリカ (Metallica) は、1981年にアメリカのロサンゼルスで結成されたヘヴィメタル・バンド(後に本拠地をサンフランシスコに移した)。初期はスレイヤー、アンスラックス、メガデスと共に「スラッシュメタル四天王」の一角と言われており、1990年代の全米アルバム総売り上げ4位のビッグ・バンドである。ジェームズ・ヘットフィールド (Vo/G) とラーズ・ウルリッヒ (Dr) らが中心になって結成された。”
(ウイキペディアより抜粋)











へヴィメタルの様式美から派生したのがスラッシュメタルだった。




所謂、英国様式美ロックの影響を最大限に受けながら・・・



そこにパンクの破壊衝動を刻み込み、


激烈でへヴィな重低音と凄まじいハイテンションに貫かれた高速リフを加味したのが



スラッシュメタルのエッセンス。




そしてなによりも重要なのがその歌詞に描かれた世界観。



人は生きている限り、死に向かってひた走る。







メタリカ詩集 (Burrn!books)メタリカ詩集 (Burrn!books)
(1998/12/10)
さこた はつみ

商品詳細を見る



メタリカの世界に触れてみようという人たちには是非、お勧めです。




そこから目を背けることは決して許されないからこそ、人は死と真正面から向き合うことを




余儀なくされる。









その全楽曲に於ける作詞を担当しているジェームズの世界観は、




永遠に逃れられない死への恐怖と真正面から向き合ったものであると、




僕は、そこはかとなく感じることがある。







まるで・・・ベートーベンの交響曲「運命」に匹敵する重厚なリフが展開される名曲!!




メタルというと未だに汗臭くて大仰でとてもダサい音楽だと思われる方が、



大勢いそうだっ!!



それは或る意味・・・真実でもあるから。


(笑)




だがメタリカの音楽に触れていると・・・



メタルって、とても芳醇な薫りを放つ音楽なんだということに


気付く。




静と動の対比の美しさ!! 魂を激しく揺さぶる熱情!!





それはメタリカのエッセンスそのものでもある。







The Four Horsemen- Metallica

Metallica Ride The Lightning

Metallica - Creeping Death

Metallica- Welcome home (Sanitarium) music video








メタリカというとあの激しいリフ攻撃と咆哮がまず思い浮かぶけれど、




実は非常に緻密で繊細だ。



誰よりもこの世界の悲しみを理解しているからこそ・・・






その悲しみを激しいリフと鋼のような重低音と咆哮で埋め尽くすことでしか




己の生を肯定する術を知らないんだろう。







だからどんなに時代が変遷したとしても、




どんなにこの世界が遣り場のない悲しみと諦めに覆い尽くされたとしても、




彼らの激情は揺るがない。








そう・・・メタリカとはこの世界に於ける普遍である。






Metallica - One


  • おおお、空耳でおなじみのメタリカですね。
  •  張瀚文 
  • 2010.09.30 08:54  
  •  [ 編集 ]
メタリカといえば、やはり、♪すし、とり、ふろ、ねろ。の、Through the never
と、♪バケツリレー、水よこせー。と、♪アホでしょう、馬鹿でしょう、ドラえもんでしょう。のBlackenedでしょう。(字幕なければ、ドラえもんと言う言葉には、聞こえてないと、私思います。)
あはははははっ、そう! メタリカは空耳の定番でしたねっ。

メタルって、元々お笑いのセンスが優れてますからねっ。

死ぬほどばかばかしいのがメタルのエッセンスだから。(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog