FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ほんとうに辛い時、ほんとうに悲しい時、ことばはなんの役にも立たない。それでも・・・ Dec 15, 2019
きみはきみのやりかたで・・・どこまでもこの道をゆけばいい。僕も僕のやり方でこの道を行く。 Dec 14, 2019
とりあえず・・・こんな夜はすべてをあなたのやさしさに委ねてしまおう。 Dec 11, 2019
とりとめのない幻想と街角のリアル・・・それがぼくの東京原風景 Dec 10, 2019
心が折れそうな時、誰の助けも得られない時・・・最後に頼りになるのは、君の心のシェルターだ!! Dec 09, 2019

2010.09.13    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   生活の匂い・・・


駅のホームで電車を待っていると、




様々な人たちの様々な光景を目の当たりにする。






ホーム上に設置してある自動販売機。


そこに女子高生が遣ってきて、ぽんっ! てカードを押し当てると


商品が出てくる。



なんかその光景を眺めながら・・・思った。





"Searching for a Reason" (Schenker, Bonnet)
Graham Bonnet - lead vocals
Michael Schenker - guitars
Chris Glen - bass
Ted McKenna - drums, percussion
Tommy Eyre - keyboards



カードで商品を購入するのは今の世の中では当たり前。





それなのに、



対価を支払わずに物を手に入れるなんて!! みたいに、



妙な錯覚をしてしまう自分がそこにいた。



(笑)



かなり以前から、


給料は銀行振り込みが当たり前になり、



労働の対価として現金の報酬を手取りで受け取るということは




皆無になってしまった。




別にそれ自体が悪いなんて事は


無いはず。



企業の側は労務管理上の手間が省けるから。




つまりそれがシステムの効率化だ。




スーパーやコンビニで商品を購入する行為にも現金が要らなくなる。



すべてカード一枚で決済可能だから。





何かを手に入れるために、何かを必死になって我慢する。




何かを手に入れたいから、何かを失うことを厭わない。





"Broken Promises" (Schenker, Bonnet, Glen)
Graham Bonnet - lead vocals
Michael Schenker - guitars
Chris Glen - bass
Ted McKenna - drums, percussion
Tommy Eyre - keyboards






そんな日々の営みの中で当たり前だった筈の生活観念は、どんどん失われていく。





だから、子供が万引きをしても親は叱れない。



驚くことに・・・



万引きが立派な犯罪行為であるという感覚すら、欠如している親が増えているらしい。





モラルの崩壊なんて・・・次元じゃあないよねっ。


(笑)



幼児虐待も老人の孤独死も、根底にあるものは一つだと思う。








世の中がシステム化され、その対価として我々はどんどん退化してゆくという現実。







それを食い止めるには、一体どうすればいいのだろう?





"Samurai" (Schenker, Bonnet, Glen)
Graham Bonnet - lead vocals
Michael Schenker - guitars
Chris Glen - bass
Ted McKenna - drums, percussion
Tommy Eyre - keyboards




子育てに苦しんだら、子育ての先輩に教えを請えばいい。




お年寄りたちの豊富な人生経験という“箱”の中に眠っている生活の知恵を、



我々がどんどん引き出せるように



工夫すればいい。





そうなれば・・・子供たちを地域の中で伸び伸び育てられるから。




お年よりは、生活の中で生きがいを見出せるから。





“バンドは当時先端のエレクトロ・ポップを全面的に取り入れ、シングル「シスコはロックシティ(We Built This City)」(これは邦題だけで実際は特定の街を歌ったものではない。)は、エアプレイン時代から通算してもシングル初となる全米1位(1985年11月16日付 - 23日付)を獲得。アルバム『Knee Deep in the Hoopla』も成功を収め、エアプレイン以来果たせなかった日本公演も実現している。”(ウイキペディアより)

僕は当時、彼らの唯一の来日公演を新宿厚生年金ホール(今はありません)まで観に行った。
観客がみんな・・・横ノリで凄く洋楽な雰囲気だったなぁ~。勿論、僕個人は大満足のライヴでしたよ。
伝説のシンガー、グレース・スリックを生で見て聴けたのだから。(笑)






そう・・・何かを手に入れるためには“対価”をきちんと支払わなきゃねっ!!





(笑)


MICHAEL SCHENKER [ SEARCHING FOR A REASON ] AUDIO TRACK

MSG broken promises

MICHAEL SCHENKER [ SAMURAI ] AUDIO-TRACK

Starship - We Built This City HQ




  • Starship懐かしいです♪
  •  annie 
  • 2010.09.14 23:55  
  •  [ 編集 ]
riamnさん♪
厚生年金会館、観にいかれたのですね?w
1985年、それくらいですよ~wしっかり覚えていますよw。日本もこの頃は本当に元気一杯でしたよね?私は勤め先の有線でよく聞いていました。
私の10代~20代前半って殆ど洋楽聞いていました。それもグラムロック系ってやつ?ハノイロックスは初期にはまってましたし、RATTもお気に入りでした。
ビリー・アイドルにもはまってたかも~?
邦楽は本当に疎くて、ロックというと、正直、アースシェイカーと本田泰章くらいしか出てこない(汗)。
だから邦楽にとっても長けているriamnさんからの情報は凄く新鮮です。ロックは聴かなかった年月の方がはるかに長いですが、これからも色々教えて下さいね♪
annieさん

そうですねぇ・・・80年代はまさに20代真っ盛りの頃でしたので、いろいろ想い出が溢れています。
丁度、メタルも真っ盛りでしたので。(笑)
ハノイロックスは音楽専科という雑誌でも盛り上がってましたねぇ~。志摩あつこの漫画を思い出します。
ラットとかモトリークルーとかのLAメタルも盛り上がってたし。所謂ヴィジュアル系メタルの元祖ですね。
本田くんもそうですね!! ヴィジュアルが素敵だったし。あんなふうになりたいなぁ~って憧れましたよ。
僕は当時、太ってたから。なにを着ても、どんなヘアスタイルも似合わない!!(笑)

いまは体重62キロをキープできてます。
実は20代の頃、58キロ~60キロ台をキープできた頃があったんですよっ。懐かしいなぁ~。(笑)

これからもannieさんに喜んでもらえるような音楽をご紹介できたらいいですねっ。
ありがとうございました。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog