FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
こんなにも理不尽な世の中で日々を生き抜くあなたを・・・ありったけの愛で包み込んであげたい!! Jun 27, 2020
想いは・・・いつかあなたの胸に辿りつける日を夢見て、また旅立つのさ。 Jun 26, 2020
歳を経て経験値が増えれば増えるほどにどんどん世間が判らなくなる。それはきっといいことなんだろう・・・ Jun 24, 2020
いくつになっても・・・ぼくのこころには、きみのことしか映らない。 Jun 23, 2020
打ちひしがれた心に・・・愛と勇気とやさしさを!! Jun 21, 2020

2010.09.11    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   またひとり、偉大な芸人を失った・・・


元クレージー・キャッツ、「ガチョーン」の谷啓さん急死 自宅階段で転倒
産経新聞 9月11日(土)16時14分配信



 元クレージー・キャッツのメンバーで映画やテレビで活躍、「ガチョ~ン」などのギャグで知られ、トロンボーンの名手でもあったコメディアンの谷啓(たに・けい)さん=本名・渡部泰雄(わたべ・やすお)=が11日午前5時7分、脳挫傷のため東京都三鷹市の杏林大学医学部付属病院で死去した。78歳だった。

 警視庁三鷹署によると、谷さんは10日午後5時50分ごろ、東京都三鷹市大沢の自宅階段で1階から2階に上がる際につまづいて転倒し、階段に顔面を強打した。「バタン」という音に気づいた家族が階段で倒れている谷さんを発見して119番通報し、谷さんは病院に搬送されたが11日午前5時5分ごろ、死亡が確認された。

 旧制逗子開成中学時代にトロンボーンを始め、終戦後、高校生で進駐軍のバンドに参加。中央大学在学中、シャープス&フラッツの一員となり、大学は中退した。フランキー堺のシティ・スリッカーズなどを経て昭和31年、ギャグ入り演奏が売り物のクレージー・キャッツに加入。芸名は米国の喜劇役者ダニー・ケイに由来する。クレージーはフジテレビ系「おとなの漫画」に続き、36年に始まった日本テレビ系「シャボン玉ホリデー」などにレギュラー出演。目をパチパチさせ、小柄でとぼけた丸顔の谷は、ワンテンポ遅れるトボけた芸風が持ち味で、ハナ肇、植木等に続いてお茶の間の人気者に。開いた右手を手前に引いて「ガチョ~ン」のかけ声とともに右手を閉じるギャグをはじめ、「ビロ~ン」「谷だァ!」などの奇妙な流行語を生み出した。

 39年、「図々しい奴」で映画初主演。「釣りバカ日誌」シリーズの佐々木課長役などでも人気を集めた。舞台やCMでも活躍した。












クレージーキャッツの谷啓さんが急逝されました。



またひとり、我々は偉大な芸人を失った。





コミック・バンドというと、なんか軽んじる人が一杯いるかもしれません。





音楽でお笑いを遣るなんて邪道だろ? って。


(笑)







でも・・・あえて! 




その邪道を王道に極めた存在こそがクレージーキャッツだったんだと思う。






だって、クレージーキャッツだよっ。





最初っから・・・あのひとたち全員が確信犯なんだからさっ!!






音楽的な素養もあり、技量も備わっているのに・・・








メンバー全員・・・



変なこと!! おもしろいこと!! くだらないこと!! が、




大好きっ。







そんな感性が、僕も大好きだった。




ありがとう、谷啓さん。





当時、ジェリー藤尾一家が司会を務めていた『笑って!笑って!!60分』というバラエティー番組があった。
そこに谷啓とザ・スーパーマーケットがレギュラー出演していたのを初めて見たとき、ピアノを弾いていたのがあの近田春夫なのでびっくりした記憶が今も鮮明!! たしかドラムを叩いていたのがワイルドワンズの植田芳暁だったのでこれまたびっくり!! しましたっけ。谷啓の音楽的素養の幅広さにびっくりしたのもこのときでした。
なにしろ・・・そのとき僕は未だ中高生だったはずだから。(笑)






天国で植木さんやハナさんたちと・・・






画著~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^^^^^^^^^^^^ん




ってね。(笑)







謹んでご冥福をお祈りいたします。




クレイジーキャッツ・タモリ(1)

クレイジーキャッツ・タモリ(2)

クレイジーキャッツ・タモリ(3)

バーボンストリートパレード  谷啓





うわっ!そうなんですかっ!ものすごく残念ですっ!
クレイジー・キャッツは、演奏技術を持っていながらにして、それをあえて茶化すかのようにとぼけて見せちゃう気ごころ、そこに敬服すべきものを持っていました。そのメンバーの一人が・・・そうでしたか、激しく残念です、ご冥福をお祈り申し上げます。
のんきさん

クレージーは、大人としての粋と遊び心に溢れていたと思います。
その人のセンスというものは・・・
その人の人生が滲み出ていきますよね。
谷啓さんの東京人らしいシャイなセンスが僕は大好きでした。

小声で・・・ぼそっと呟くその一言が、笑いのマグマを爆発させてしまうその瞬間は、きっと永遠です。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog