FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
一日に一回だけでいい・・・そんな自分をおもいっきり抱きしめてあげよう!! Jul 21, 2019
社会の規範からはみ出した奴らの吹き溜まり・・・それがロックの快楽だ!! Jul 20, 2019
さぁ・・・国政選挙だ!! くだらねえ世の中に風穴を開けてやるんだっ。 Jul 19, 2019
どんな小さなことでもいい。夢を叶えるために日々を生き抜く!! それが生きる為の立派な目的になる Jul 17, 2019
汚れた水を浴びるほど呑んでも、あなたのハートを守りたい!! Jul 15, 2019

2010.05.28    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   鳩山首相、福島消費者相を罷免


鳩山首相、福島消費者相を罷免
5月28日19時29分配信 読売新聞



 鳩山首相は28日夜、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題を巡る政府の対処方針について、臨時閣議での署名拒否を表明していた、社民党党首の福島消費者相を罷免した。

 福島消費者相は同日、移設先を米軍キャンプ・シュワブがある「沖縄県名護市辺野古」と明記した日米共同声明について反発する一方、自発的辞任は否定していた。



「罷免は沖縄を切り捨てること」 福島氏、鳩山首相を批判
5月28日21時29分配信 産経新聞


 普天間飛行場移設問題をめぐる政府方針への署名を拒否して罷免された社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は28日夜、記者会見を開き、「沖縄を裏切ることはできない。数々の犠牲を払った沖縄に負担を強いることに加担することはできない。私を罷免することは沖縄を裏切り、切り捨てることだ」と述べ、福島氏を罷免した鳩山由紀夫首相を強く批判した。

 

 また、社民党の連立政権離脱を含む今後の対応については、「30日の全国幹事長会議で十分議論して決める」と述べた。




政治とは・・・



相反する価値観の調整に拠って、最大公約数の決断! を促すものなのだと


思う。


最大公約数

1 《 greatest common measure 》二つ以上の自然数の公約数の中で最大のもの。

2 種々の意見の間にみられる共通点。「多くの発言の中から―を出す」




全ての人が満足する結果など、政治的決断には在り得ないのだ。





子供は、自分の意思が通らないと・・・



おもいっきり!! 泣き叫ぶことで、相手に意志を伝えようとする。



それ以外に、コミュニケーション・ツールを持たないからだ。







でも・・・いくら泣き叫んでも自身の意志が通らないことがわかると、




そこで初めて、子供はなにかを・・・自身の中に受け入れることを学ぶ。










なにかを受け入れるということは、周囲に対する屈服ではなく・・・




自身がこの世の中で生きていくための最低限のルールであることを体で知るからだ。






世の中には、自分の思い通りにならない事が・・・


一杯! 一杯! あるんだよ。





でもね、何かを失うことで、



初めてひとは、世の中の成り立ちを知る・・・






形或るものは、一旦、すべて壊されることで





リセット! される。






与えられた責務を・・・きっちり! 寸分の狂いも無く、

何事も無かったかのように当たり前に果たした彼らの佇まいは、なによりも美しかった。

この映像を見て、改めて思いました。




沖縄普天間問題は・・・


全ての国民が、物事の根源に立ち返ることでしか、




解決できない問題だと思っています。






それは、


「つまり日米安保とは一体、なんなのか?」という基点に立ち返ることでもあるのだから。




どうして・・・軍隊が抑止力になるの?



どうして・・・軍隊が必要になるの?




どうして・・・国を護るために武力が必要になるの?






そんな子供の疑問に立ち返ることから・・・




すべてが始まるからだ。

(笑)







・・・


Dir en Grey - Ware, Yami Tote...我、闇とて…

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / ミッドナイト・クラクション・ベイビー

Dir En Grey - 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇








コピーとカバーは根本的に違うものだと・・・



僕のような、楽器を弾けない人間でもそう思います。



(笑)



コピーとは・・・そっくり真似ること。



カバーとは・・・自身の解釈に委ねるということ。








ある人が・・・



演奏家と作曲家の違いについて、語っておられました。


所謂、世間一般の演奏家と作曲家ですよ!!


・・・ジャンルに関係なくねっ。

(笑)






プレイヤーというのは、演奏至上主義? なので、



当然、譜面どおりの完璧な再現!! を優先したがるのかな? 




・・・






けれど、コンポーザーというのは常に自由な発想を優先するのでしょうね。



だから当然のように常識に囚われたくない。




形或るものは一旦、すべてぐしゃぐしゃに壊したくなる! 


子供と一緒の発想ですよね。(笑)





ロックっていうのは、形或るものをまず! 壊すことからすべてが始まるから・・・




おもいっきり、独りよがりの発想なんだ。





でも、だからこそ素敵なんだよね!!








清志郎の「イマジン」のカバーなんか・・・本当に素晴らしい!! オリジナルを超えてますよね。あの意訳は・・・








おもいっきり! 傲慢で・・・




おもいっきり! 我儘で・・・






おもいっきり! 独りよがりと書いて・・・ロックと読ませろっ!! てことなんですよね。


(笑)



フジファブリック - FOUR SEASONS (cover of THE YELLOW MONKEY)

忌野清志郎 IMAGINE







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog