FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
どんなに愚かモノと罵られてもいい。自分に嘘を付かずに生きること・・・それはなによりも尊い!! Nov 12, 2019
たとえこの世界がどんなに愚かで狂った世界だとしても、ぼくらはここで生きていくと決めたんだ Nov 09, 2019
あなたと・・・その果てまで突き抜けたい!! Nov 07, 2019
今宵も・・・一晩中!!あなたのまぶたに寄り添う夢を見る Nov 05, 2019
善人にも悪人にもなれないぼくは・・・あなたに寄り添えるだろうか? Nov 04, 2019

2009.10.17    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   明日を生きよう・・・


香田晋が離婚…おバカキャラの陰で“言葉の暴力”
10月17日7時2分配信 スポニチアネックス

 演歌歌手の香田晋(42)が16日、都内で会見し、8月中旬に元OLの夫人(35)と離婚していたことを明かした。原因は自身の「言葉の暴力」と言い、「かみさんに愛想を尽かされて」昨春に離婚を切り出された。子供2人の親権は香田が持った。仕事で家を空けることも多いため、夫人の母親(61)が同居して育児をサポートしているという。

 「仕事のストレスのはけ口がかみさんに向かってしまった。怒鳴ったり、優しくできなかったり…。そういう空気が子供たちに伝わるのは良くないと、離婚しました。僕が悪い」。努めて明るく振る舞おうとしたが表情は曇りっぱなし。「できれば(夫人に)帰ってきてほしいと思っている」と本音も漏らし、後悔の念をにじませた。

 音楽市場が不況で、特に演歌歌手にとっては厳しい時代が続く中、05年からフジテレビのクイズ番組「クイズ!ヘキサゴン」にレギュラー出演し珍回答を連発、おバカタレントとして人気になった。「バラエティー番組でわーっと明るく振る舞う分、家では疲れてしまって。そういう時に言葉の暴力が出てしまった」。夫人が用意した離婚届に判を押し、8月中旬に夫人が役所に提出した。

 00年には横浜市内にマンションを25年ローンを組んで購入。仕事で活路を見いだし、ようやく返済も軌道に乗ってきたと思われるタイミングで、くしくも大切な人を失ってしまった。




普段・・・演歌など聴かない僕が

どうしてこんな記事を!?



いや、どうしてもシンパシーを抱いてしまうから。












香田晋に関する僕の中のイメージは、

バラエティでのあの・・・おバカキャラに代表されるような

真っ正直で嘘がつけない男。



彼が、高校生の頃にやんちゃ! の限りをつくしたのは

有名な話らしい。


酒も女も博打も遣りたい放題!!


・・・




人間は、常になにかを抱え込んで生きている。

だから、

吐き出さないと遣り切れない。


たとえ、それに依ってどれだけの人間に迷惑が及んだとしても・・・




あとで振り返れば、すべて必要だったと

思えるのかもね。


物凄く、勝手な論理だけどさ。(笑)




幸せのレールの反対側には常に絶望のレールが横たわっていて、





気付かぬうちに、



そっちのレールを走っている。




猛スピードで・・・




しかもそういうときに限って! ブレーキが利かないんだよね。






ロックンロールっていう音楽は、

いつも希望の裏側にある絶望を見据えてきた音楽だと思う。



そして同時に、だからこそ!



あの塀の向こう側に降りてみたい! と切望する音楽でも在るのだよね。

 





子供の頃は、とにかく・・・

泣いたり、笑ったり、転んだり、すべったりしながら


この世の息吹をおもいっきり! 吸い込むこと自体が


とっても素敵な勉強なんだ、


きっと。



それを・・・今の子供たちはバーチャルでしか体験できないとしたら、



とっても不幸。




なのかな?



心のきず 香田晋




加藤和彦さんが自殺=「あの素晴しい愛をもう一度」-遺書2通、軽井沢のホテル
10月17日18時29分配信 時事通信
 17日午前9時25分ごろ、長野県軽井沢町のホテルの客室で、音楽プロデューサーで「ザ・フォーク・クルセダーズ」メンバーだった加藤和彦さん(62)=東京都港区=が首をつって死亡しているのが見つかった。客室には2通の遺書とみられる文書が残されており、県警軽井沢署は自殺とみている。
 同署によると、加藤さんは16日に1人でホテルに宿泊。17日午前8時半ごろ、ホテルから同署に「宿泊客の様子を確認してほしい」と通報があり、署員が駆け付けたところ、浴室内で死亡している加藤さんを発見した。
 加藤さんは数日前、知人女性との電話で「死にたい」という趣旨の話をしていたという。その後、加藤さんと連絡が取れなくなり心配になった女性がホテルに問い合わせた。
 女性は加藤さんが訪れそうな場所を捜していたという。ホテル側が内線電話をかけたが応答がなかったため、同署に通報した。
 遺書とみられる文書は紙に印刷され、加藤さんの関係者にあて書かれていたという。知人女性と音楽関係者の男性が本人と確認した。
 加藤さんは京都市生まれ。1965年、龍谷大在学中にクルセダーズを結成し、その後、サディスティック・ミカ・バンドを率いた。自ら作曲した「あの素晴しい愛をもう一度」「帰って来たヨッパライ」などがヒットした。 







僕は街で生まれ育ったので、街の匂いが大好きだった。


塀を乗り越えて・・・その向こうの大地にストン! と降り立つ。

そして・・・駆け抜ける。





自転車で・・・街を駆け抜けながら、

街の景色と街の匂いを胸いっぱいに吸い込む。




そんな記憶が大人に成っても・・・愛しく思えるって


とっても不思議!? (笑)




そう・・・


幸せはいつだってきみと一緒に、

塀の外へ駆け抜けることを望んでいるのにね。(笑)





あぁ・・・



彼は駆け抜けていっちゃった。




たったひとりで、




僕等を追い抜いたまんま・・・







さようなら、加藤さん。




あなたは・・・いつだって

粋でお洒落だった。






あなたのように、素敵な年の取り方を

したいと・・・







謹んでご冥福をお祈りいたします。



サディスティック・ミカ・バンド /影絵小屋

サディスティック・ミカ・バンドSadistic Mika Band/タイムマシンにおねがい


  • ありがとうございます!
  •  Masuga 
  • 2009.10.23 04:55  
  •  [ 編集 ]
この度は、ケロログ開設に気づいてくださり^^ 聴いてくださってありがとうございます!

おお!この人、離婚しちゃったんですか~
言葉の暴力…うちもこれでケンカします^^;

やっぱり吐き出す、発信するのが誰にも必要なら、演歌よりロックの方が健全かもしれませんねーv^O^v
  • 篭る奴は・・・あぶないっ!?
  •  riamn 
  • 2009.10.23 22:37  
  •  [ 編集 ]
Masugaさん

こちらこそ、ありがとうございます。
ボイス・ブログ、素敵でしたよ~。

でも、互いに互いの胸のうちを吐き出せる関係は
きっと、健全なんですよね。(笑)

演歌は・・・篭り系? 

だとしたら・・・オレは演歌なのかぁああああ!!

(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog