FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
どんなに愚かモノと罵られてもいい。自分に嘘を付かずに生きること・・・それはなによりも尊い!! Nov 12, 2019
たとえこの世界がどんなに愚かで狂った世界だとしても、ぼくらはここで生きていくと決めたんだ Nov 09, 2019
あなたと・・・その果てまで突き抜けたい!! Nov 07, 2019
今宵も・・・一晩中!!あなたのまぶたに寄り添う夢を見る Nov 05, 2019
善人にも悪人にもなれないぼくは・・・あなたに寄り添えるだろうか? Nov 04, 2019

2009.09.26    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   天才とはなんだっ! バンドとはなんだっ!! (笑)


ポール・マッカートニーと原田真二。


この二人には、ある共通点がある。

それは、天才としての才能と資質をもって生まれてきた故の、


幸福と不幸を・・・

自ら体現してきたから? (笑)



http://www.youtube.com/watch?v=Pk4PpZUYwfc&feature=related





じぶんですべて出来ちゃうから・・・


他人に委ねるのがすごく馬鹿らしくなっちゃう。




たぶん、僕自身がそういう天分を、神様から与えられていたとしたら、




すごく! 傲慢で我儘な奴になっていた筈。

(笑)




そこで変に協調性を発揮して、民主的な体制の下に音楽を作ろうとすると、



結果として、

作品自体のクオリティーが減じてしまうリスクを

背負ってしまう。




明快な理論と実行力を備えた人間が、



バンド内に於ける、健全なファシズム! を行使することで・・・



バンド自体が活性化するということも



・・・ありえるのだろう。

(笑)












初期クライシスのメンバーは、


それぞれが特異な才能と資質を備えていたわけだから、



それを活かすべきだったかもしれない。


豊田貴志の、深淵・・・且つ、独創的な音楽性。

北島健二の、ギタリスト及び、サウンド・クリエーターとしてのポテンシャル。

古田たかしの、ドラマーとしての豊富な知見と才覚。


・・・と、いう具合に。







モダン・ヴィジョン  原田真二

GOODNIGHT TONIGHT - Paul McCartney & Wings - 1979

原田真二:バンドは金曜日にできた












バンド内民主制・・・その端的な例が、今回のユニコーン再結成。(笑)



まっ、所謂「みんなでやろうぜっ!」ですね。

(どっかの総裁選候補のキャッチフレーズ?)



彼らが成功した原因の一端は、


その都度、誰かがバンド内の主導権を握ったとしても、


その、誰かのアイデアをおもいっきり! 生かせる体制だったから?






「もっと、こうしよう!」「もっと! ああしよう」


・・・そこで互いの価値観が衝突したとしても、互いのポテンシャルを認め合うことで、




絶妙なバランス感覚が自ずと生まれてくることも・・・









ある筈なんですよね、きっと。


たとえ・・・互いの間に、時限爆弾の火種を抱え込んでいたとしても。

(笑)




椎名林檎が、自身の中でバンドとソロの棲み分けが

必要な理由も、




きっと・・・


そうやって、ソロとバンドの間で振幅を繰り返しながら、


自己のバランスを保とうとしているのだろう。






無いものねだりだとわかっていても・・・


ひとは無駄を繰り返し・・・




真実と虚構の間で、



微妙な綱渡りを強いられる宿命を背負っているから。(笑)








だから・・・バンドは不確かで?




だから・・・         




面白い? のかな。






UNICORN 「ヒゲとボイン」

東京事変 「車屋さん」









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog