FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
どんなに愚かモノと罵られてもいい。自分に嘘を付かずに生きること・・・それはなによりも尊い!! Nov 12, 2019
たとえこの世界がどんなに愚かで狂った世界だとしても、ぼくらはここで生きていくと決めたんだ Nov 09, 2019
あなたと・・・その果てまで突き抜けたい!! Nov 07, 2019
今宵も・・・一晩中!!あなたのまぶたに寄り添う夢を見る Nov 05, 2019
善人にも悪人にもなれないぼくは・・・あなたに寄り添えるだろうか? Nov 04, 2019

2009.09.12    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   人と人の間のバランス感覚・・・


最近・・・



自分であとで読み返してみても、




赤面してしまうような・・・



くさい記事ばっか書いておりますriamnでぇ~っす。






でも、日記と云うのは、


そのときどきの自身を反映するものだから、



致し方ない。





・・・つぅことで、




バランス感覚のお話。









ある・・・テレビ番組を見ていたら、「芸人伝説!」みたいな企画をやっていた。

所謂、タモリとか欽ちゃんとかさんまとか・・・


大物芸人の知られざるエピソードを、

これまた若手芸人が紹介するというやつ。



で、ある大物芸人がギャラ交渉の席で、なかなか・・・

提示された金額に対して

首を縦に振らない。


どんどん・・・値が釣りあがっていくのに、

相変わらず、知らん振り。



これでどうだっ! 


もう・・・これ以上はびた一文上げませんよっ


てとこで、ようやく首を縦に振ってくれた。



したら・・・

そのギャラ全額を、ぜんぶ懐に入れてしまうのかと・・・

思っていたのに、


なんと! 恵まれない人たちのために全額寄付したという、お話。









だったかどうかは・・・


実は定かではありません。なんか、そういう“善人伝説”と云うのは



辟易して


見る気が失せてしまうので。




ちらちらと・・・挟み聞き? 

というか、



ちらちら・・・ 覗いてただけだから。(笑)



で・・・


この芸人さんは・・・ぎりぎりのところで、自身の芸人としての


バランスを保ったのだろう。




何故なら、そのギャラ交渉の段階で、

充分に! 人から蔑まされる行為を行っているわけだから。



こいつは、金のことしか頭に無いのかっ! 

銭の亡者かっ! て。



で、そうやって散々ひとから最低の奴だっ! て思わせといて・・・



最後の最後に、



一発逆転の発想で笑わせる!!



全額を・・・寄付しちゃったから。



笑いと云うのは・・・そのギャップが大きければ大きいほど

凄まじい破壊力を発揮する。



でも、この微妙なさじ加減が難しい。


あと・・・少しでもずれてしまうと、単なる偽善者になってしまうから。




そうなったら最後・・・



二度と、このひとのギャグを笑えなくなってしまう。






「大きなことはしませんが、小さなこともしてません!」と、




吉本の若手芸人に揶揄された・・・あの元タレント議員さんみたいに。



THE BEATLES-SHE'S LEAVING HOME

The Beatles - Fixing A Hole - 2009 Remaster [Stereo]

The Beatles - Maxwell's Silver Hammer




もうひとつは・・・インタビューの鉄則!


これも、某有名ミュージシャンのサイトを覗いていて発見したお話。




インタビューと云うものは、ひとから話を引き出すのがお仕事。


だから当然、自身が前面に出てはダメ。





そこで必要になるのがやはり、バランス感覚なのだろう。



自己主張を・・・極力排除して、聞き役に徹する。




此処で陥るミスが、


「おれはこう思うんだけどさぁ・・・」とか


「おれの経験から言うとさぁ・・・」みたいに、オレオレオレ! の展開に



いつしか、嵌ってしまうこと。



じぶんが相手に対して欲していることばを、じぶんから云ってしまっては、


台無しだと。



但し・・・大相撲の力士たちの、取り組み後のインタビューは


別格か?



なにしろ、息が上がっていて・・・とても喋れる状態ではないのだから。




「今日は、技が冴えていましたねっ」


「・・・はいっ」


「今日の取り組みはかなり、緊張しましたか?」


「・・・はいっ」


「でも、勝てたので云うこと無しですよね」


「・・・はいっ」



「以上でインタビューを終わります」。



(笑)










ひとがインタビュー記事を読むのは、


そのひとが一体、どんな想いを胸に秘めているのだろう? という

核心に迫りたいから。 




普段、無口でとっつきにくい人が、自身の想いを訥々と喋る姿は

凄く新鮮だ。



それまで閉じられていた扉が、


すぅ~っと開いてゆく瞬間に、立ち会えるから! 




これは・・・僕自身が、




ひとに話を聞いてもらったときの喜びを肌で感じた経験があるから、



きっと間違っていない筈。


(笑)







適度なバランスが・・・



適度な距離感を生み・・・



ひとを・・・



とっても幸せな気分にさせてくれる魔法!

(笑)


The Beatles - everybody's got something to hide except me and my monkey

The Beatles - Honey Pie
ああ、人づきあい、って難しいよね。
あんまり近づきすぎると嫌われるし、
かといって、あんまり他人行儀だといつまでも仲良くなれない。


言葉というのは、人とのコミュニケーションをはかるための最大の手段であるし、その人の「人となり」がどうしても出てしまう行為でもあるので、「この人が好きだ!」と気付いた瞬間は、心臓をピストルで打ち抜かれたような衝撃があり、まさに「恋に落ちる!」みたいな瞬間であり!


喋ることを生業にしている人でも、全ての人から好かれるわけじゃなく、でも、それでもいいんだと思う。
全ての人から好かれる必要なんて無いわけで。
なぜなら、コミュニケーションは理屈じゃないからさ♪
  • 力士へのインタビュー笑えます
  •  ochiochi 
  • 2009.09.13 10:50  
  •  [ 編集 ]
すべてインタビューする側が先取りしちゃダメですよね。

力士のコメントは「はい」と書かなければ真実じゃない(笑)

ま、でも営業という世界にはこういうことがよくありまして、お客様にいろいろ質問して「はい」「はい」と言わせ、最後に「ではお買い上げしていただけますね」・・「はい」と言わせちゃうみたいな。

人間のやることですから、政治の世界なら別かもしれませんが、スポーツ選手や芸人が何を言ったからといって世の中が変わるわけじゃないし。
しゃべらない人をしゃべらすのはホント大変なんですよね。マスコミも大変だね。
ふろあさん

僕は・・・人と話すのが苦手でもぜんぜん! 構わないと思う。
何故なら、この世の中自体が様々な感情の坩堝だから。
なにも好き好んで、苦しむ必要はぜんぜん無いんだから。

ときには・・・深く傷つくかもしれないけれど。

ときには・・・すべてのひとが憎く思えるかもしれないけれど。

でも、その事自体に依って・・・
いま、生きているんだと確認できれば、それはぜんぜんオーケーだから。

10人のうち・・・9人が敵だとしても。
そのうち・・・一人だけはあなたのことを
深く、理解しようとしてくれるかもしれないからねっ。
(笑)


そう・・・コミュニケーションは理屈じゃない。

たまたま、この世の中に生きているから・・・

たまたま、あなたと出会えただけ。

それだけで、OKなのだ。

答えはいつだって・・・バカボンのパパが知っている。

(笑)
ochiochiさん

大相撲の力士は・・・どうして無口なんだろ?
って思ってた人が、昔は一杯いたんだろうねぇ~。

(笑)

それはねぇ・・・無口なんじゃあ~なくて、
只、喋るのが嫌いなだけなんだよっつつつ。

真実っつつつつつ!!



一言も!! 喋らない政治家がいてもいいのにねぇ?

なにを訊かれても・・・

「政策でっ、えぇ・・・判断してくださいっ」

その政策の中身がわからないんですよっつつつ!!

「だからっ・・・政策にっ、すべて、ありますっ」

どこにあるんですかぁああああああ!!

「だからっ・・・
それを探すのがっ、

あんたたちの仕事でしょっつつつ」




「・・・」


なぁ~んてねっつつつ。

(笑)







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog