FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
どんなに愚かモノと罵られてもいい。自分に嘘を付かずに生きること・・・それはなによりも尊い!! Nov 12, 2019
たとえこの世界がどんなに愚かで狂った世界だとしても、ぼくらはここで生きていくと決めたんだ Nov 09, 2019
あなたと・・・その果てまで突き抜けたい!! Nov 07, 2019
今宵も・・・一晩中!!あなたのまぶたに寄り添う夢を見る Nov 05, 2019
善人にも悪人にもなれないぼくは・・・あなたに寄り添えるだろうか? Nov 04, 2019

2009.05.02    カテゴリ:  ポップス 

   あの鐘を鳴らすのは・・・


阿久さんの世界には・・・



どんなに悲しみに打ちひしがれても、




どんなに孤独の淵に突き落とされても、




ひとには必ず! 



自らの自浄作用に依って再生する能力が備わっているんだという・・・







一滴の希望が


込められているような気がする。






あなたに逢えてよかった!



という・・・諦観。




それは決して、諦めなんかじゃない。




あなたから、ぼくは様々なことを学んだから。





互いの希望を確認しあって・・・



別れようよっ。




それは


けっして、悲しいことじゃないんだ。



(笑)









岩崎宏美 「想い出の樹の下で」

和田アキ子 「あの鐘を鳴らすのはあなた」

尾崎紀世彦 「また逢う日まで」










あなたに逢えてよかった
あなたには希望の匂いがする

このフレーズが、どうしようもなく好きです。

だって、「希望の匂い」って。
なんて素敵な褒め言葉なのだろう、と。

憧れたり。応援したり。嫉妬したり。
いろんな感情が入り混じって、それでも、
あなたに逢えてよかった、と思うとき。

ひとりでは見られなかったものを、
気付かなかったことを、
教えてくれたり。

あなたがいたから。
その夢を見られた。

遠く、旅立つ日が突然来たとしても、
何も言わずに、急に姿を消してしまったとしても、
あなたが見せてくれた希望は、まだ、ここにあるから。

ありがとう。
また逢う日まで。
ふろあさん

あの人とは・・・
まったく一面識もないけれど。
でも、

あのひとはとっても素敵だった。

いろんなことを教えてくれた。

いろんなことを学んだ。


いろんな素敵な景色を・・・

眺めさせてくれた。


希望のにおいがした。




いつの日か・・・

あなたがいま見ている

素敵な景色を

僕も見れる日が来るかな?






ありがとう。


ピントのずれたレスになってしまって
ごめんなさいっ。
阿久さんの詩は、昭和の時代の云々ではなく、不変の「愛」を時にははぐらかすように、時には正面から、時にはおちゃらけて表現したりと変幻自在ですが、常にかっこいいスタイルを通してきたと思います。
ほんとに素晴らしい「業界の巨人」だったと思うな。
riamnさんの取り上げたどの曲も、素晴らしい輝きを放っていますよね!
のんきさん

ほんと!
その通りですよね。


どんな局面を切り取ってみせたとしても・・・

常に! スタイリッシュだった。


そういえば、こんなことばを遺していたんですよね。

「感動する話は長い、短いではない。3分の歌も2時間の映画も感動の密度は同じである」

「 で、歌が一番大事なのは、こんな不幸な目にあって悲しいっていうことではなくって、不幸のちょっと手前のね、切ない部分がどう書けるかということが、僕は一番大切なことだと思ってるんですよ」




どんなに辛いことがあったとしても

どんなに悲しいことがあったとしても


それでも・・・

その先にある
素敵な景色を、


思い浮かべたいよねっ!

それこそが・・・希望の匂いなのかも?

(笑)








トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog