FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
こんなにも理不尽な世の中で日々を生き抜くあなたを・・・ありったけの愛で包み込んであげたい!! Jun 27, 2020
想いは・・・いつかあなたの胸に辿りつける日を夢見て、また旅立つのさ。 Jun 26, 2020
歳を経て経験値が増えれば増えるほどにどんどん世間が判らなくなる。それはきっといいことなんだろう・・・ Jun 24, 2020
いくつになっても・・・ぼくのこころには、きみのことしか映らない。 Jun 23, 2020
打ちひしがれた心に・・・愛と勇気とやさしさを!! Jun 21, 2020

2008.05.25    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   「愛してナイト」・・・ロックと少女漫画!


70年代から~80年代にかけて、



ロックと少女マンガは




切っても・・・切れない! 関係だった。

(笑)



ロックと云えば、当時は不良の代名詞。


なにしろ中学生の頃、



教室に雑誌「ミュージック・ライフ」を持ち込んだだけで



PTAの関心!! を呼ぶことになった。



勿論・・・悪い方の。(笑)





僕が少女マンガを読むようになったのも



実は



二十歳を過ぎてからだった。





それは何故かと云うと、




当時、雑誌「ロッキング・オン」に、




“少女マンガとロックの関係性”を掘り下げたような投稿が




頻繁に、掲載されていたから。

(笑)





そのなかでも、



特に眼を惹いた“作品”が多田かおる作「愛してナイト」。




実在するジャパニーズ・ヘヴィメタ・バンド(ノヴェラ、44マグナム)を




モデルにした




謂わば・・・









典型的な“ラブコメ” 。





主人公の女の子や・・・




その周囲を取り巻くさまざまな人間模様が




物凄く・・・リアルだった。

(笑)



ロックに・・・熱中し!!


ロックに・・・陶酔し!!


ロックに・・・人生の全てを捧げても




全然、構わねぇんだっ!! みたいな世界観。




ネットでたまたま検索していたら、




多田かおるさんに辿りついた。



彼女の旦那さんはあの! 




ジャパニーズ・ヘヴィメタル・シーンに、




一時期君臨したバンド、





プレゼンス(元ジュディマリの恩ちゃんが在籍!)の




ヴォーカリストであり、バンドのリーダーでもあった西川茂。




その多田かおるさんが



“1999年2月21日、引越し作業中に大理石製のテーブル下の床を雑巾がけしていて一息つこうと頭を上げたところ、そのテーブルに頭を強打。夜になってから倒れて意識不明となり、18日後の3月11日急逝。享年40(満38歳没)。死因は頭をぶつけた事による脳内出血だった”




ことを・・・



知ることになった。







人生なんて・・・



現在(いま)この瞬間の後ですら、




だれにも予測が付かない。






「愛してナイト」にはロックンロールの愛と夢が、




一杯・・・詰まっていた。








NOVELA  「Illusion」

44MAGNUM 「STREET ROCK'N ROLLER」









多田かおるさんですかぁ・・・なつかしいなぁ。
んがしかし、riamnさんも若いねー(^^;
少女マンガとロックを語るには、多田さんもさることながら、小椋冬実さん(ツェッペリンフリークの彼女です・・・あ、作品名ではありません)とか、谷内恵美子さん(タイトル忘れたけどスージー・スーを取り上げてましたパンクマンガ)辺りをちゃんと復習しないといけませんよ!それから槙原さんとか麻原いつみさん(愛の歌になりたい)、そして柴田昌弘さん(ブルーソネット)とか、それはもーもー、チェックしなければいけない少女マンガ家グルーピーは沢山存在したのだ。今からでも遅くない。是非どうぞ♪
(NANAはその辺を全部復習してから読みなさい・・・笑)
のんきさん
ご指南ありがとうございます(笑)
>んがしかし、riamnさんも若いねー(^^;
・・・って?それ・・・お褒めの言葉でしょうか?(笑)
うん! 気持ちが若い
と・・・そう解釈して
宜しいのですね?(笑)

実は・・・お恥ずかしいですが、決して少女マンガフリークを名乗れる
ほどには・・・・・・・
知りませんっ(笑)

当時は別冊マーガレット以外には・・・
余り記憶がないですね(笑)
なにしろ・・・
妹から借りて読んでましたからねぇ~!!

くらもちふさこ、青池保子、多田かおる
は、3大フェバリット!ですね、いまも。
あとシンコー系の志摩あつこ!!

うんうん・・・また読んでみょっかな?
千葉鑑定団で探してみよう!!(笑)
はい、はーい!読んでました~。でも私ギリかなぁ。
中学の頃は「別マ」ブームでして、当時は
「いくえみ凌」「紡木たく」「聖千秋」というところで。
あ?知らないかな?失礼しましたー(笑)。

くらもちふさこ、好きですねー。岩館真理子、大島弓子、槇村さとる、一条ゆかり。。。
ああ、あげたらキリがない。

今は「ハチミツとクローバー」ですけどね。
これ、スピッツとスガシカオなんですよ。
知ってました?
ふろあさん
いつも、ありがとうございます!

そうですねぇ~
一応・・・大島弓子、槇村さとる、いくえみ凌・・・
知ってますよ(笑)。
あとはね・・・亜月裕、萩尾望都、吉田秋生
も好きでした!!3人とも、個性派ですよねっ。

「はちみつとクローバー」・・・そうですねスピッツですね!(笑)でも、未だ読んでないんです・・・
すみません!!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog