FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
春の息吹を・・・むねいっぱいに吸い込めば、すべてはきっとうまくいくはずさ!! Feb 20, 2020
いつの時代も・・・笑いはこころの潤滑油!? Feb 18, 2020
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020
いちど・・・降り出した雨はもう止まない。そしてまた振り出しに戻るだけさ!! Feb 12, 2020

2008.03.29    カテゴリ:  ロックンロール(洋楽) 

   「Help! 」 The Beatles


ジョン・レノン



映画のためのテーマ・ソングを依頼されて



このを書き上げた。




だが・・・



それは映画のテーマからは遥かに乖離した




苦みを伴うメッセージだった。






でも、きっとそんなことなど




世界中のリスナーにとっては


どうでもいいことだったに違いない!!






街でティッシュ配りの女の子から




僕らがティッシュを受け取るのは、




そこに記されたメッセージよりも・・・




ティッシュの中身が欲しいから!!




たまたま・・・




そのティッシュが


世界中にばら撒かれた!!
だけだから。









きみの手にティッシュが手渡せたら・・・




それだけで僕は嬉しい






ポップ・スター





今日も世界中に“ティッシュ”を配り続ける・・・





すこしだけシニカルな微笑み





浮かべながら。






The Beatles 「Help! 」










ニッチもサッチもいかない瞬間。頭をよぎる歌。
それが「HELP」。
が、サビだけにとどまらず、「When was yanger so much・・・」と歌い続ける自分がいて、いつしかリズムに乗って軽快な気持ちになり、
「本当にHELPと思っているのか?」
と自分に自分でツッコミを入れる。そんな日常。

そして、片手をナナメに挙げてみる。
僕は誰?
ポップ・ミュージックって、大衆に消費してもらう音楽だから・・・
リスナーがそれをどんな受け止め方をするかなんて・・・
きっと本人にとってはどうでもいいことで!!(笑)

それでも・・・きっと
あのときジョン・レノンは「HELP!」って叫ばずにはいられないほど・・・
抑制の日々だったんだろね。

己に対して、ストイックに為れば為るほど、
だれかにおもいっきり! 受け止めて欲しくなる。
だれかにおもいっきり! 抱きしめて欲しくなる。

で・・・世界中のリスナーは
おもいっきり!能天気に、
この唄を抱きしめた!!(笑)

それは、きっと双方にとって幸福な過ちだったんだね。
「僕らがティッシュを受け取るのは、そこに記されたメッセージよりも・・・ティッシュの中身が欲しいから!」

その通りです(笑)。

あれって宣伝効果ってどれくらいあるんでしょうね?
よくサラ金とかやっていますけど。

ところで「ヘルプ!」
普通にタイトルから想像する音楽は、ちょっと重いイメージなんですが、どこまでも軽くさわやかに歌いこなしちゃっている。このアンバランスさがいいのかもしれませんね。

日本映画だと危ない場面になると「必死」を装いますが、洋画ではそういう場面では、意外とジョークを飛ばしたりしますが、そういう感覚の違いを感じる一曲です。
ochiochiさん
コメントありがとうございます。

ティッシュ配りの女の子からティッシュを受け取るのは
単に・・・その娘が可愛かったからっ!!(笑)ではなくてっ! 
うん・・・この素敵な情報が少しでもあなたに伝わってくれたらという
かすかな希望を込めて・・・ですよね。

でも・・・残念ながらその素敵な情報は
99パーセント、世間の人にとっては無駄な使い捨て情報!だから(笑)。

ジョンは、あのとき一体誰に向かって・・・
ヘルプ!と叫ばなきゃならなかったのか?

でも遭えて・・・アップテンポ!の能天気なポップ・ソングとして
世に提示されたからこそ、彼自身の絶望も悲しみも
癒されたのかもしれませんね・・・(笑)
だれかに向かって・・・吐き出すことで、ひとは今日を遣り過ごせる。
きっとジョン自身に投げかけた「Help」だったのかもしれませんね。

確かに誰かに苦しい胸のうちを話すだけでずいぶん心って軽くなるもんですもんね。
そうですね。
世界に向かって叫ぶ!って
必要ですね(笑)
それで精神のバランスが保てるならば・・・

話しは逸れますが、
英語という言語自体が・・・
やっぱり、ポップ・ミュージックとの相性が良いのかな(笑)
日本語で、「お願いだ!だれかぼくを助けてくれ」ってな唄にして表現しようとすると・・・
どうしてもシラブルの都合上・・・
ポップな表現に為り難いかもしれません。
まぁ・・・長渕なんかは寧ろそれを逆手にとって
彼独特のポップとして成立させてるかもしれませんが(笑)。

やはり、「HELP ME・・・」と「ぼくを助けて・・・」の違いは
結構、大きいか?(笑)
だからこそラップというスタイルは、
日本語によるポップな表現を成立させるための
有効性を獲得できたのかな?(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog