FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020
いちど・・・降り出した雨はもう止まない。そしてまた振り出しに戻るだけさ!! Feb 12, 2020
あの日、あの瞬間のときめきを忘れない。出会いという名の奇跡をぼくらは未だ追いかけてる・・・ Feb 10, 2020
知覚の扉を・・・開けたその瞬間、気付いたら夜があけて、そばであなたが微笑んでいたんだ Feb 09, 2020

2006.12.30    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「タイムマシンにお願い」Sadistic Mika Band


ロック・ミュージックとは・・・



海の向こうに住む白人たちが、



どうすれば黒人のように唄えるんだろう・・・と



夢想しながら生み出した音楽なのだと思う。








だったら島国に住む我々にも、



ロックは遣れるはずじゃないかと・・・思ったとしても、




何の不思議も無い筈。




元々が黒人音楽のコピーから出発した



ロック・ミュージック。



だからこそ、



他国の文化からエッセンスだけを抽出して、



オリジナルを超えたものを生み出す術に



長けた日本人にも・・・と思ったとしても、



これまた何の不思議も無い筈。




そんな今年下半期に起きた、サプライズ!! (笑)



サディスティック・ミカ・バンドが木村カエラをVOに迎えて、



期間限定ながらも、オリジナルのメンツで甦った。



ミカ・バンドといえば、



日本にまだロック・シーンというものが



具体的には存在しなかった頃・・・



どうすれば白人たちが生み出したグルーヴ感を、



日本人のものにできるのか?



という、ある意味必然的な命題に立ち向かってきたバンドである。



だが彼等はこのナンバーで見事に、



その答えを提示してみせた。




“ジュラ紀の世界がひろがりぃ~~は~るかな化石の時代よぉおおおお
アンモナイトはお昼寝ぇええええ ティラノザウル~スお散歩ぉおおお あははぁ~ん“




このとんでもないぶっ飛んだ!! 世界観を具現化するには・・・



単なる唄のうまいだけのヴォーカリストでは



駄目だ! 



と踏んだ彼等が、加藤ミカ、桐嶋カレンに続き、



木村カエラとの幸福な出会いを果たしたのは、



やはり時代の招いた必然なのか?



具体的なサウンドについても、



まず、この骨太の音圧に圧倒される!!




あのストーンズ直系ながらも、




どこか変態なギター・リフが生み出す豪快なうねり!!




一体、どこまでがリフで



どこからがリード・パートなのか・・・!?




高橋幸宏の叩き出す、




正確無比でありながらも、人間臭いグルーヴ!!



等々・・・



どれひとつ採ってみても、




西洋仕込の紛い物!! に違いないのにも拘わらず、




これは紛れも無い、ロックンロールなのだった。




またしても我々は、



加藤和彦の術中に嵌ってしまい、




只々・・・




幸福なグルーヴに酔いしれるしかなかったのだ










Sadistic Mika Band/タイムマシンにおねがい

Sadistic Mica Band  「タイムマシンにお願い」



NARKISSOS (初回限定盤)(DVD付) NARKISSOS (初回限定盤)(DVD付)
サディスティック・ミカ・バンド (2006/10/25)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る









おお~!背景が変わってますね♪これも素敵☆

サディスティックミカバンド、今は木村カエラですよねぇ。
最初は「何故?」と思いましたが、ゆえに耳も厳しく聴いていましたが、いや、これ、割りにイイ。木村カエラを選んだ理由、わかるようなw

riamnさん♪いつも楽しいミュージックシーンを運んでくださり
ありがとうございました♪

出会いに感謝し、また来年も仲良くしてくださいね♪

では、よいお年をお迎えくださーい\(^o^)/
ふぅさん
ありがとうございます。

そうか、ミカバンドも好きだったんだ!!
嬉しいですねっ。

来年も宜しくお願いいたします。
おぉ、早速ありがとうございます!
amazonから今日CDが到着したんで、掃除しながら聞いてました♪
やっぱりカエラちゃんのボーカル、気持ちいいですよ。

がるまあさん

お忙しいところ訪問してくださってありがとうございました。
また来年も宜しくお願いいたします。
良いお年をねっ。
ミカバンドはリアルタイムでは結局知らなかったんですよね。
伝説のバンドという話は伝え聞いていましたが、「タイムマシンにお願い」も誰かのカバーで知りました。
ところで1984年に代々木競技場で数万人を集めて行われた国連国際青年年記念コンサートというのがあり、当時東京に住んでいた私も行ってみました。
当時日本でビッグネームだったミュージシャンが40人以上は集結したでしょうか(残念ながら原真はいませんでしたが)。
その中の目玉の一つがはっぴいえんどの10年ぶり只一度の再結成。
そして松任谷由実・小田和正・財津和夫の3人が共作してリリースしオリコンでも1位を取った「今だから」が演奏されたのです。
この時のバックが坂本龍一加藤和彦・高中正義・高橋幸宏・後藤次利と言った人達。
教授以外はミカバンドの面々ではないですか。これは感動でしたね。
ちなみに今年再結成された木村カエラを加えたサウンドはかつてのミカバンドっぽさもあり、カエラらしい新しさもありとても良いと思っています。
岬さん
ありがとうございます!!

最近、真二の武道館ライヴの映像を垣間見る機会があって・・・・・・やはり彼のポテンシャルは尋常ではなかったという事実を改めて実感しました。
ミカ・バンドのあのグルーヴ感を僅かデビュー1年余りの真二が既に得とくしていた事実は凄いですよねっ!!
  • おめでとうございます!
  •  Masuga 
  • 2007.01.01 10:21  
  •  [ 編集 ]
riamnさん、

あけましておめでとうございます!
(^_^ )∠※.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`★
今年も宜しくお願いします!

実は私もどうしたら黒人っぽく歌えるのだろう?
と悩んだ一人です(笑)

今年もriamnさんの鋭くて面白い表現を体感させてください!
masugaさん
今年も宜しくお願いいたします。
素敵な年になりますように・・・・・・
再々結成の「サディスティック・カエラ・バンド」。
これ、カッコイイよね!
ここ最近、繊細な曲ばかりが流行っていて、こういう厚い音がなかなか聴けない。
まさに、夢の融合!

この曲のワクワク感は本当に素晴らしいですよね。
イントロのギターと、「♪さぁ~」のテンポのとり方が特に好き。
鳥肌が立つ!

こういう感動なら、いくらでも味わいたいですよね♪
ふろあさん

いま聴いても・・・全然!! かっちょいいまんまですよね。(笑)
この肉厚で骨太のグルーヴって、それまでの日本人の憧れだったんですよね、きっと。
我々は農耕民族の血を引いてるから、どんなに逆立ちしても
ステーキが主食の欧米人には叶わないと思ってた!!

まさか・・・イチローが大リーグで成功するなんて誰一人思わなかったようにねっ。(笑)

木村カエラを抜擢した小原礼のセンスにも脱帽っつつ。

ロックンロールに完敗(乾杯)だぁああああああああああ~






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイムマシンにおねがい/Sadistic Mica Band Revisited

「タイムマシンにおねがい」Sadistic Mica Band Revisited(2006年) [[item(http://www.youtube.com/v/j-IAwuOjWmk&hl=ja&fs=1,325,244)]] [http://www.youtube.com/watch?v=j-IAwuOjWmk [木村カエラ]サディスティック・ミカ・バンド - タイムマシンにおねが...


Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog