FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
あなたもわたしも・・・ひとりの傷つきやすい人間だ。 May 27, 2020
この世界を変えたいなら、愛と笑いで包み込め・・・それが僕らの無血革命!! May 25, 2020
コロナは・・・様々なアートに触れる機会を僕らに与えてくれた。きっとあいつもさびしがりやなんだね。 May 23, 2020
暗闇の中を僕らはまた手探りで進むだけさ。そしてまた何かを手にするために!! May 20, 2020
僕らの祈りは続く・・・きみがあの眩しい笑顔を取り戻すその日まで!! May 17, 2020

2020.03.07    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   この世界から・・・悲しみや憎しみの連鎖が消えるその日まで、ぼくらは諦めない。


新型肺炎の感染拡大を受け、
全国の
ライヴハウスや飲食店、
旅館、ホテルが・・・
皆等しく
多大な経済的損失を被る。
誰が悪いわけじゃない。
誰が正しいとか、
誰が間違っているとか、
そんなことは些末なこと。
あるがままを
受け止めて
今日を
明日に繋げるだけさ。






M-8190



今日・・・
3月7日で
還暦を迎えました。
あぁ、
未知の旅は
どこまでも続く。
それが
人生の旅路だと
知る。








M-8191

M-8192









この世界から
悲しみや憎しみの連鎖が
絶えることは
無い。

それでも、
ぼくらは諦めない。

あなたの・・・
チャーミングな笑顔。

それは、
この世界を
しあわせにする
魔法!!








街は今日も雨さ - Sion

THE YELLOW MONKEY バラ色の日々 POP HILL'2000 イエローモンキー

Janis Joplin - Try (just a little bit harder)










お久しぶりです。

>誰が悪いわけじゃない。

その通り。だからみんな悶々とするんですよね。

>誰が正しいとか、誰が間違っているとか、
そんなことは些末なこと。

ここはちょっと意見を異にします。
医者が何もわかってないということに尽きるのではないでしょうか。
もし医学に統一的見解があるのなら、ウイルスというものが何かをしっかり把握しているはずですよね。ところが見解がバラバラ。
その治療法についても治すというよりも、ウイルス侵攻を妨害するという薬でなんとかしようと考えているんですよね。
素人の私には、政府の学校などの休校にしてもどんな意味があるのだかちっともわからない。
緊急事態宣言。これもなんだかわからない。
そんな宣言をするなら、すべて隔離ですよね。
つまり経済は完全にストップ。
そんなこと出来るわけない。

>あるがままを受け止めて・・・

私はこれには大賛成。
ウイルスが侵攻しようと多少の抗いをしても結局、なるがままです。
かつてのSARSのときは、発症がわかったときから約7か月で自然に鎮静しているんですね。
これから季節は暖かくなりますし、梅雨もあります。
ウイルスにとっては最悪の環境となります。

学者はウイルスは物体と考え、生き物とは思っていません。
しかしこれも正しいのでしょうか?
私はたとえRNAひとつのレトロウイルスであったとしても、それは今日まで存続させようと「生きて来た」証ではないかと思うわけです。
新型ウイルスを人工ものだと言う人もいますが、陰謀論としてはあまりにおかしなものかと思うのです。耐性菌という人間が薬を使用するたびに菌が変異していくのと同じように、ウイルスも変異したのではないでしょうか?そう思えば、辻褄が合うような。

しかし今の人間の科学は現状を見る限り、これが精一杯。
人は何故生まれ、何故死んでいくのか?
結局、Let it beってことなんですかね?
ochiochiさん

貴重なご意見ありがとうございます。
こんな時こそ頼りになる医者でさえも、みんな見解がばらばら。何が正しくて何が間違っているのか誰にもわからない。それは、いたずらに不安を増幅させるだけです。こんなときこそ、互いの持てる知恵を結集し最善の道を探るしかない。一番最悪のパターンは、政府がどっちつかずの迷いを露呈して私達に丸投げしてしまう事です。こんなときこそ、あるがままを受け止めて前に進むことが何よりも大切。互いを認め互いを許し合うという事は、互いの知恵と勇気を信じるという事。それが未来への道標になる。そうであってほしいです。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog