FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
こんなにも理不尽な世の中で日々を生き抜くあなたを・・・ありったけの愛で包み込んであげたい!! Jun 27, 2020
想いは・・・いつかあなたの胸に辿りつける日を夢見て、また旅立つのさ。 Jun 26, 2020
歳を経て経験値が増えれば増えるほどにどんどん世間が判らなくなる。それはきっといいことなんだろう・・・ Jun 24, 2020
いくつになっても・・・ぼくのこころには、きみのことしか映らない。 Jun 23, 2020
打ちひしがれた心に・・・愛と勇気とやさしさを!! Jun 21, 2020

2019.12.27    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   すべては・・・互いを知ることからはじまる。だからアートは素晴らしい!!


まったく
初対面の人間同士が
共に一つの物を作り上げていく。
その為にはまず何が必要か・・・
それは、互いへの敬意だ。
すべては、
まず互いを知ることからはじまる。
だからアートは素晴らしい。



https://sp.universal-music.co.jp/lunasea/cross/



M-7885







映画「レット・イット・ビー」
10代の頃、
この映画を観た印象は、
世間が思うほど、
悲惨なイメージは無かった。
むしろ、
生々しいリアル・ドキュメントだからこそ、
この映画は素敵なんだ!!
それは多分、
この歳になっても変わらない。
むしろ
わかりすぎるくらいに
わかることがいっぱいある。






M-7872

M-7873









「ジョンとヨーコのバラード」
今聴くと・・・
たしかに!!
ジョンとポールが
ふたりで
演奏してるって
わかるような音源。
すごく
手作り感が溢れてる。
20代の頃は・・・
ただひたすらに
カッコイイ!!
ロックンロール・ナンバー
っつう感じで
聴いてたなぁ~~~!!



M-7874

M-7875

M-7876

M-7877








今日も
又繰り返される
報われぬ
徒労の日々よ。
今日も
また
あなたのやさしさに
溺れて
しまおう。







M-7883








互いが
互いを思い遣り、
互いが互いの気持ちに
寄り添いながら
年を越す・・・
そんな
あたりまえの
年越しは
遥か昔の戯言か。
不自由の中にこそ
真の自由がある。
そんな
この世の真実を
いったい、
どこに
置き忘れてしまったんだろう。



M-7884



つらいときは・・・
けっして
むりをせずに
あるがままにすべてを
委ねてしまおう。
それは
よわき者たちの
嘆きの声ではない。
いつの日か、
それまでのすべての
出会いと別れが
愛しく
懐かしく思える
その日まで。






LUNA SEA / ROSIER

Let it be rare movie (best angle,naked sound)

The Beatles - The Ballad Of John And Yoko

The Beatles - Don't Let Me Down

街は今日も雨さ - Sion

ブルーハーツ87年ロック五輪「終わらない歌 Endless Song」 歌詞 English










お久しぶりです。
ヤフーブログがなくなっちゃいました。笑
アメーバに引っ越したのはよいのですが、貴殿のような外部ブログを共有出来ないものなので、最近はたまにしか貴殿のブログを覗いていません。申し訳ないです。

れいわ新選組で、東大の教授でもある安富歩(やすとみあゆみ)氏が「哺乳類は子供を守るというのが仕事」だと言ってました。まさにその通りで経済一辺倒の政治というのもどこかおかしなものを感じます。だからといってないがしろにも出来ませんが。
少子化の根本もこういう考え方の問題もあるかと思うこの頃です。

元セブンイレブンオーナーだった三井義文氏は、「切磋琢磨」というキーワードを日本人は忘れていると言います。
切磋琢磨とは、競い合って、優れた者が劣っているひとを底上げして、そこからまた伸びよういうことだそうです。

昔の日本が何もかも正しいわけではありませんが、私たちは何か大切なものをどこかに置き忘れてしまったような・・・。
きっと「お金」で頭が変になってしまったのでしょうね。

ホリエモンとか孫正義など90年以降はこういうお金の亡者ばかり若者は追いかけるようになったことがそれを象徴します。

松下幸之助氏は、従業員の後ろには家族がいるといって、不況になっても決して首を切るようなことはしなかった。経営者というのはこういう人のことをいうのだと思います。
現代では、京セラの稲森和夫氏くらいか。

すいません。記事とまったくないこと書いてしまいまして。

今年も多くの記事でインスパイアさせていただきまして、有り難う御座いました。
来年もブログ、頑張って続けて下さい。

いえいえ・・・
ochiochiさんのことばには
いつもこちらが
インスパイアされるものが
多々あります。

たぶん、
ぼくがこうして
ブログやSNSを通じて
ことばを綴る理由は・・・
自分を救済するためかもしれません。
自分を救済する。
それは
他者の視点で
自分を見つめるということ。
自身を相対化することで、
他者への
怒りや妬みも
浄化される・・・
相手に対する
敬意や思い遣りは、
そんなふうに
日々の出会いや別れを通して
互いの間に醸成されていく。
なぜ
人は生まれ
死んでいくのか・・・
たぶん、
その理由は
死ぬまでわからない。
だから
生きている。
うん。
きっと・・・
それだけが真実だ!!

今年も御世話になりました。

ochiochiさんも
良い年を
迎えてくださいね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog