FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
こんなにも理不尽な世の中で日々を生き抜くあなたを・・・ありったけの愛で包み込んであげたい!! Jun 27, 2020
想いは・・・いつかあなたの胸に辿りつける日を夢見て、また旅立つのさ。 Jun 26, 2020
歳を経て経験値が増えれば増えるほどにどんどん世間が判らなくなる。それはきっといいことなんだろう・・・ Jun 24, 2020
いくつになっても・・・ぼくのこころには、きみのことしか映らない。 Jun 23, 2020
打ちひしがれた心に・・・愛と勇気とやさしさを!! Jun 21, 2020

2019.11.22    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   心が折れそうなときは・・・我慢しないで助けを呼んでくれ。貴方の心に一晩中寄り添ってあげるから。


こころが破綻寸前で、
もう耐えられないと
叫び声をあげたら、
とにかく
一旦すべてをクールダウンさせる。
すると
それまでの
怒りも
萎んで消えていく・・・
それがいいことなのか、
わるいことなのか、
たぶん
死ぬまで
わからないだろう。




M-7924









M-7926



“反発心で出る主体的な力は短期間では効力があるけれど、長続きしない。本来は、自らの勝ちたい、勝つことが楽しいという内発的欲求で力を出せるようなことが真の自立だと思う”
(岡田武史)

“特に負けた後が違う。日本の母親は『あんた、なんであそこであんなことしたの』と、悪かったところを悔しがる。ドイツでは、負けて帰ってきた子どもを『良い試合だった!』と抱きしめるわけ。勝つために全力をつくすことが大事で、その上で負けることは悪いことじゃないんだと。”
(岡田武史)

“自分たちで勝ち取った民主主義とか、自由という発想がないから、命令された仕事をこなすようになる。仕事なんて、自ら探すべきだ。今の日本で、自分たちで何かをやっているという実感を持てる人って少ないんじゃないかなあ”
(岡田武史)

“この国にはリーダーではなく、自分で決めて自ら行動するような自立した国民が必要なんだ。ところが同調圧力なのか、何かに従っているほうが安泰で、とがったことはしないほうがいいという雰囲気になっている”
(岡田武史)

“経済的な豊かさだけではなく、心の豊かさのように、目には見えないものを社会にもたらそうということかな。人を育てることや、信頼といった目に見えない資本が経済を回す時代が来ていると思う。”
(岡田武史)




M-7925




“俺がもっと乱暴者で、メンバーに「おまえら、俺の言う通りやれ!」っていうタイプの人間だったら、今みたいにバンドを細分化せずにZIGGYで稼がせてもらいますよ。ただ、もし俺の歌が20年前より今のほうが成長してるとしたら、それは俺がそういう人間じゃないからだと思う”
(森重樹一)







M-7927




小さい頃から、
いつも
こう言われ続けた。
どうして
こんな
かんたんなことが
あんたはできないの・・・
どうして
こんなことが
あんたには
わからないの・・・
どうしてあんたは
いつも、
ぼぉっとしてるの・・・
そう
いわれても、
おれにもわからないんだ。








M-7928




もしおれが、
もっと我儘で傲慢な奴なら、
今頃、
家族も組織も
めちゃくちゃにして、
誰かを殺し、
犯罪者として裁かれ
地獄に堕ちているだろう。
常にその確信がある。
それが怖くて仕方ない!!
だから、
あるがままを受け入れる。
それがおれなんだ。
君と同じ
弱虫で意気地なしさ。








男はつらいよ名場面②

ZIGGY-マケイヌ

BRAHMAN 「今夜」MV














トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog