FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
こんなにも理不尽な世の中で日々を生き抜くあなたを・・・ありったけの愛で包み込んであげたい!! Jun 27, 2020
想いは・・・いつかあなたの胸に辿りつける日を夢見て、また旅立つのさ。 Jun 26, 2020
歳を経て経験値が増えれば増えるほどにどんどん世間が判らなくなる。それはきっといいことなんだろう・・・ Jun 24, 2020
いくつになっても・・・ぼくのこころには、きみのことしか映らない。 Jun 23, 2020
打ちひしがれた心に・・・愛と勇気とやさしさを!! Jun 21, 2020

2007.11.11    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ツェッペリンと云う名のグルーヴ・・・


ツェッペリンが遂に再結成するらしい




これは何を意味するのか?




たとえば・・・




ストーンズの場合はギタリストやベーシストが替わったとしても、





バンドの本質は決して、揺るがない。





それは何故かといえば“核”自体が不変だからだ。






ミックの唄にキースのギター・リフが絡み合い




そこにチャーリーの太鼓が乗っかれば



それはもう・・・ストーンズだ





それを世の中ではグルーヴと呼ぶらしい。


(笑)




では、ツェッペリンの場合はどうなのか?



ロバート・プラントがこんな発言をしていた。






「おれは、あのバンドの中で

歌詞とメロディを書いて唄ってただけなんだ!」




・・・





ん?



それってツェッペリン・マジック“本質”を衝いた発言ですかい?



(笑)




つまり・・・



あの巨大な音の塊がそこに存在すれば



それはツェッペリン!! なのだ。





と、いうことは・・・




ジョン・ボーナムという核が存在しなくても、




あのグルーヴは不変〈普遍)なのだろうか?






いずれにせよ、





僕のなかで今も鳴り続ける音は、





あの四人から湧き出る




この世の不可思議!? を凝縮したような




素敵な魔法!! なのだ。














Led Zeppelin: Over the hills and far away

Led Zeppelin The Ocean 1973



永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤 永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤
レッド・ツェッペリン (2007/11/21)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
この商品の詳細を見る













ロバート・プラントが
こんな発言をしていた。

「おれは、あのバンドの中で歌詞とメロディを書いて唄ってただけなんだ!」

この言葉は真実以外の何者でも無い
ZEPの音楽はすべて、ジミーペイジがすべて作り上げていると想いこんでいる馬鹿な奴のインタビューにホント苛立つ。そんな奴は、何度違うと言っても理解できない。

高校時代にはすでにZEP解散してましたが、マスコミ嫌いZEPの1面が伺われる上記のコメントをロバートは語っていた。

ZEPが、とある馬鹿呼ばわりしてたはずの渋谷陽一のインタビューに、ペイジアンドプラントでロバートは受けた。ペイジアンドブラントのCDの渋谷陽一ライナーを読めば詳しく解るが、あまりの馬鹿ぶりの質問でジミペイジとロバートプラントは立腹し不機嫌な表情に変わりほとんどインタビューに答えなくなりました。この間の沢尻エリカの「沢尻会」って本当にあるのですかの質問の後「あるわけないないでしょ。」とぶち切れた事件と全く同じ事が起きたと言ったほうが解ると思います。マニアの間からは古くからブートレッグ等で、ジョンポールがリフ創ったり、詩やボーカルラインをロバートが担当してるのは事実であったのは知られていた。
プラントにとって
ツェッペリンという存在は
永遠に抜けない足枷でもあるのかもしれない・・・

きっと
本人たちですら
あのツェッペリン・マジックが何であったのか!
わからずじまいなのかもしれない・・・(笑)。

それが再結成の最大の理由かな?

ツェッペリン・マジックとは?・・・・
楽しいロンドン!愉快なロンドン!ロンドンロンドン!
なんと、沢尻エリカにZEPサイドからライブの招待。そんなバポナ!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog