FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020
いちど・・・降り出した雨はもう止まない。そしてまた振り出しに戻るだけさ!! Feb 12, 2020
あの日、あの瞬間のときめきを忘れない。出会いという名の奇跡をぼくらは未だ追いかけてる・・・ Feb 10, 2020
知覚の扉を・・・開けたその瞬間、気付いたら夜があけて、そばであなたが微笑んでいたんだ Feb 09, 2020

2006.12.17    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「ロージー」ルースターズ


昔々・・・



まだロックに、



愛(LOVE)と夢(DREAM)が寄り添っていた素敵な時代・・・




まともな就職も出来ずに、




“去勢”という名の篩(ふるい)に掛けられ、




世間という壁から、ドロップアウトしていた頃・・・




Tシャツのプリント工場でアルバイトしたことがあった。




最も仕事といっても、



飽くまで補助作業みたいなことで、




プリント台にTシャツを並べていくといった、




単純作業だったのだ。




でも・・・これが結構奥が深い。




そこは・・・



いつも塗料のシンナーの匂いがぷんぷんして、




昼休みになると、




工場の外でタバコを吸ってるだけで、




太陽が黄色くなってトリップしちゃうような環境だった・・・




うわぁ!! 




なんて素敵な職場なんだろって。





そこに、素敵なお姉さんがいた。




ストレートのロングヘアで金子マリみたいな





そのお姉さんは、




タバコを燻らしながら、




ジャニス・ジョプリンの話を聞かせてくれた。





“サーファーくずれ”の兄ちゃんがいた。




“バンドマン”のお兄ちゃんがいた。





きっと、そこは、




ロックに愛(LOVE)と夢(DREAM)が




寄り添っていた





素敵な時代だったんだ!!





朝、仕事場へ向かう道すがら、すれ違う女の子。





君は一体、なんて名前だったっけ?




ルースターズの大江慎也がいつも口にしていた台詞。




「最新型のロックンロール」





それはブルースに纏わりついて




しつっこく離れない“倦怠”という黴を、





パンクのビートで蹴り飛ばしていくものだった。




ロージー・・・




君はきっとそこに紛れ込んでいたんだよね。






“教えてロージー”





一体、君はなにがしたかったの?




一体、どこへ行きたかったの?





でもいくら探しても・・・






だれも答えは、教えてくれないんだよね。












The Roosters 「Rosie」

THE ROOSTERS(紙) THE ROOSTERS(紙)
THE ROOSTERS (2003/09/10)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る











ふはぁ~・・今日は素敵に流れるような
一拍おいた、行間の調べ・・

ロックに「愛」と「夢」が寄り添っていた時代かぁ~。凄いわかりやすい表現なんだけど、いままでわかならくて口に出来なかった言葉、。そうか、そうだったのか。と、今、それに向かって頷く。

こういう振り返り方なら、わたしはいつでも
そこの場所に移動したい。
反骨精神のど真ん中に存在していた、自分の影は以外にもクッキリとしていたことを、riamnさんの今日のブログは思い出させてくれました。

なんか、ありがとうでいっぱいです。

なんかね
甲本ヒロトが言ってたことばが耳に残ってて・・・・
「この世でまだ誰も解明できていない最後の価値観がロックンロールなんだよ」
っていうようなニュアンスの発言を読んで、
あぁ、それこそがロックンロール・ドリームなんだよなって
思った記憶があります。
riamnさん、今回は色々とご迷惑をお掛けしました!
何度も足を運んでもらっちゃいましたか?
本当に済みませんでした~!

おっ。ふぅたろうを発見♪

しっかしriamnさんの音楽知識はどこまであるのだろう?って感じですね。

ブルースに纏わりついてしつっこく離れない“倦怠”という黴を
パンクのビートで蹴り飛ばしていくものだった

なるほど…
面白い♪
倦怠感も「ぶっとばす」のも両方好きです♪
どこまであるのだろう?って(笑)
こんな脈絡の無い聴き方してる奴って一体どんな奴なんだろ・・・・・・・って自分に自分で突っ込みたくなります。
でもね、自分の中ではぜぇ~んぶ繫がってる。

それはね、“ロックンロール”

ってカッコつけ過ぎっ!!(笑)
いい年してなぁ・・・・

ありがとうございます。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog