FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
奴らのお蔭で・・・ロックンロールの虜になった連中が世界中に溢れてる!! Oct 15, 2018
あのイントロが鳴り響く・・・その一瞬の煌きが愛しくてたまらないのさ!! Oct 13, 2018
日々の営みの中で繰り返される過ちも・・・いつの日か眩い結晶になる!! Oct 11, 2018
あたりまえだからこそ・・・大切に思えるもの。 それはあなたとの出会いと別れ Oct 08, 2018
日々のなにげない驚きや発見!! それがある限り、退屈とは無縁さ・・・ Oct 07, 2018

2018.06.01    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   若い頃の過ちは・・・その全てが未來への礎になる。 やがて、歳を経た時に気付くんだ


BURRN! JAPAN Vol.11に掲載されている
宮尾敬一 & 高橋喜一(SABBRABELLS)インタビュー記事を読む。
20代の頃、
千葉ダンシング・マザースで
ANTHEM、SABBRABELLS、TILT等のライヴを
体験できたことは
僕の人生に於ける
掛けがえのない財産。
そう。
若さ故の
瞬間の衝動と煌きこそが
僕らのリアル。








同じくBURRN! JAPAN Vol.11に掲載されている
TILTインタビュー記事を読む。
ページを開いた瞬間、
あの頃、
ライヴハウスの最前列で
彼らの笑顔に魅了されていた
自分自身の姿が
鮮やかに脳裏に浮かぶ。
そう。
あの底抜けの明るさこそが
彼らのロックンロールの本質だった。



当時、日本屈指の
ハード・ワーキング・バンドとして
その勇名を馳せた
魅力と本質の一端が
この映像からも
伝わってくるはずだ・・・









M-6031




人生は・・・
いつだって、
当てのない旅の連続。
だからこそ、
おまえに
出会えた瞬間の
喜びが炸裂するのさ。








M-6021

M-6022








スティーヴ・マリオット・・・
彼自身の
黒人音楽への
尽きることのない憧憬が
限りない名曲の源泉になった。
もし、
ロックの世界遺産への
登録制度があるなら、
間違いなく!!
推挙されているだろうなぁ。
永遠に
リスペクトされるべき存在だ。








M-6025

M-6026

M-6027





♪とても悲しいわ
あなたと別れて
どしゃ降りの雨の中で
わたしは泣いた
信じていたい
愛だけを
あなたの愛だけを・・・
(どしゃぶりの雨の中で)









M-6028

M-6029

M-6030









若い頃の過ちは・・・
その全てが
未來への礎になる。
やがて、
歳を経た時に
気付くんだ。
全てが必要な事だったと。
無駄なことなど、
ひとつも
なかったことに。







TILT ライブ「デカイのを一発!」

TILT - TRAVELLIN' BAND【PV】

SABBRABELLS/ DOG FIGHT (from LIVE !!)

HUMBLE PIE Black Coffee 1973 YouTube

Humble Pie - For Your Love

和田アキ子 Akiko Wada どしゃぶりの雨の中で Doshaburi no Ame no Naka de

SABBRABELLS-Metal Sabel

















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog