FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020
いちど・・・降り出した雨はもう止まない。そしてまた振り出しに戻るだけさ!! Feb 12, 2020
あの日、あの瞬間のときめきを忘れない。出会いという名の奇跡をぼくらは未だ追いかけてる・・・ Feb 10, 2020
知覚の扉を・・・開けたその瞬間、気付いたら夜があけて、そばであなたが微笑んでいたんだ Feb 09, 2020

2007.10.24    カテゴリ:  ポップス 

   「メリーゴーランド」 ケメ(佐藤公彦)


70年代・・・



フォーク界のアイドルといえば、 やっぱり、このひとだった。



(笑)





泉谷しげるが、 客に喧嘩を売るヒール(悪役)だとしたら、





彼は・・・




いつもにこやかな 人懐こい笑顔を振りまいて、




すこし はにかみながら、親密な会話を、





客との間で・・・繰り広げる。





たぶん、



フォークの連中が 当時、テレビ出演を拒否した理由は、





あの独特の“親密な空間”を築けなくなるからだったのだろう。





ミュージシャンなんだから、




まず音楽で、相手との意思疎通を図るべきでしょ?





なのに・・・



どうしてあんな取り留めのない会話




延々と客との間で繰り広げるのか?





関西芸人の喋くり漫才じゃあるまいしっ。





でも、もともとフォーク・ミュージックは ラジオの深夜放送のように、





あなたとぼくの視線と視線がぶつかる“距離感”を、





具現化する音楽だったんだ。






きみになら、ぼくはどんな恥ずかしいことでも




みんな・・・




打ち明けちゃうよっ!! って。(笑)










ケメ(佐藤公彦) 「メリーゴーランド」




Keme VOL.1 午後のふれあい Keme VOL.1 午後のふれあい
沢田駿吾、 他 (2006/06/21)
バップ
この商品の詳細を見る










  • 初めて聴きました。
  •  annie 
  • 2007.10.27 17:34  
  •  [ 編集 ]
ケメさんですか?!今時のご時世は分からないですが、当時私の青春時代は、本当に音楽が好きでタレントになりたくない方々は確かにテレビ出演拒否していましたよね?でも昔も今もそういうミュージシャンや音楽家はファンとの密接空間をとっても大事にしています。だからライブは好きですね。ケメさんの画像の観客の皆様の距離とケメさんの距離・・う~~ライブ!今は憧れミュージシャンのFC会員だと凄く密接空間作って下さるそんな方もいますねw。ディナーショー一歩手前みたいな?今夜夜更かしに自信なき私、家族に公開で行って来ますね♪(ochiochiさんご存知だと思います)。そういえばケメさんって、お顔が女性にみえたんですよ。イルカさん的な感じで・・でも男性なんですね。「僕は・・なんです♪」って歌われていて!またお邪魔しますね♪
annieさん
はじめて聴かれたんですか?
なんか・・・・
あの頃のフォーク・ソングの世界って
ものすごく親密感がありましたよねっ!

当時、ラジオで「あおい(輝彦)君と佐藤(公彦)君」をいつも聴いてましたっけ(笑)。

なんか、ケメって独特でしょ?
あのキャラクター!。
原田真二と共通する部分があるとしたら、それは
人の心を・・・ふんわり包んでくれるあのオーラかな?(笑)。

ライヴ楽しんできてくださいねっ!!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog