FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
風に舞った花びらが・・・いつのまにかあなたのてのひらで、微笑んでいる!! Feb 22, 2020
春の息吹を・・・むねいっぱいに吸い込めば、すべてはきっとうまくいくはずさ!! Feb 20, 2020
いつの時代も・・・笑いはこころの潤滑油!? Feb 18, 2020
たとえ未来にどんなリスクが待っていたとしても、きみはいつだって無敵なんだ!! Feb 16, 2020
知らないうちに誰かを傷つけても、心が痛まない・・・そんな愚かな自分と真摯に向き合える勇気が欲しい Feb 15, 2020

2007.10.11    カテゴリ:  ロックンロール(邦楽) 

   「サボテンとバントライン」 筋肉少女帯


WBC世界フライ級タイトルマッチ、内藤大助VS亀田大毅の一戦。



結果は、内藤大助の判定勝ちで、



チャンピオンが見事、



初防衛を果たした。




ボクシングという競技は様々な格闘技の中でも一番、



勝敗の形がわかりやすい。



と、同時に一番勝敗がわかりにくい競技でもある。




メンタルな部分での互いの駆け引き・・・




決して、体力とスタミナだけで勝てる競技ではない。





今回の試合は、亀田の心のうちの葛藤が眼に見えるようだった・・・




こんなはずじゃねえっ!


こんなはずじゃねえっ!


こんなはずじゃねえんだっ!!







でも、長い人生の中では必ず、天狗の鼻をへし折られる瞬間がある。





才能だけでのし上がってくる人間。



努力だけで這い上がってくる人間。



どちらも人間。







そんな人間同士が互いの境遇を背負って・・・




剥き出しの魂を衆目の下に晒してぶつかり合うから、




格闘技はおもしろい。




己自身を制御し切れなかった者が敗北を喫するのは、



勝負の道理でもある。




己への不甲斐なさか・・・



或いは、己の未熟さを晒してしまった恥ずかしさか・・・




試合の終了直後、



彼は抱き合って健闘を称えあうことも無く、




そそくさと退場していった。




勝者と敗者のコントラストがこれほどくっきりと描き出された試合も、




最近としては、珍しかったかな?(笑)




いやあ・・・いい試合を見せて貰いました





亀田君、ありがとう!!








あれ・・・



もう映画終わっちゃったの?




ねえ!!




ごめん、寝過ごしちゃった。


(笑)




もう一度観ようよっ!



ねぇ・・・









筋肉少女帯 「サボテンとバントライン」 



月光蟲 月光蟲
筋肉少女帯 (1990/11/21)
トイズファクトリー
この商品の詳細を見る













ボクシングは最終ラウンドの残りわずかしか見てません。

はっきり言って、キャリアの差だったのではないでしょうか?

これで亀田大毅選手も一皮むけるでしょう。
むけなかったらそれまでの選手ってこと。

若いのだし、これから期待しましょう。
CCBのロマンチック止まらないが流れてきた。内藤大助さんのテーマ。電車男のテーマだったよね。毎度おさわがせします。いやー、亀田大毅くんはかなり、反則行為ひどっかたそうで。親指で擦り斬ったり、桃をパンチしたりと。TVニュースでは、どちら様も反則減点ありましたが、勝ったちゃんぽんは、1千満のギャラだが、負けた亀田側のギャラは億と聞いて、現実は過酷だと思い知らされる。「中国人のお金持ちの所得が2兆円。年商で無いですよ。日本人でいますか?あの中国で。」と聞き、金をいっぱいもってる人が偉いのか?と感じた1日。くそー、はなビラ三回転パンチ!どうだ、人間、金がすべてじゃないぞ。
ochiochiさん
そうですね。
ボクシングというのはおもしろいもので
一見、冷静に相手の出方を伺って・・・
試合の主導権を握ってるように見えても
実は・・・
お釈迦様の掌の上だったりする!(笑)
昨日の亀田はまさにその状態だったような気がする。
まるで・・・
コンビニの前で暴れてる高校生(亀田)を戒めてる警官(内藤)。
というような図式(笑)。
ふたりのこれまでの人生模様がそのまま焙り出されていたような・・・
やはり格闘技は観るものの視点で様々なドラマを生んでいくという見本のような試合でした(笑)。
張さん
そうか!
あのテーマ曲はCCBだったんですね(笑)。
でもね・・・・
格闘技は人生そのものみたい。

四角いリングの中に、
いかに濃縮した人生ドラマを作り出せるか!!
そこにキャリアの差が出るのかなぁ~

亀田がこの試合から何を学ぶか?
・・・

この後のボクシング人生で
どんな魅惑的なドラマを作り出してみせるか・・・・
期待しましょっ。

それこそ、ロマンチックが止まらないぞっ!!(笑)。
今朝は、亀田大毅くんの、「切腹」発言が話題に。すごく計算高い流れ。どうでもいいことでも、ロマンチックが止まらない。切腹といえば、三島由紀夫と北公次と決まってる。
亀田親子はなにかにつけ・・・・
世間に話題を提供しているけど
でかい夢を提供するつもりなら
もっと・・・
世間がなにを期待しているのかを
明確に把握した上で戦略を練るべきで。
今回は明らかに失敗!!(笑)。

どうなんだろ?

あしたのジョーになるつもりなら
まず、きちんとライセンス剥奪されて。

そっから・・・すべてがスタート!
ですね。
自殺者が年間3万人以上ともいわれる昨今、自らの命を絶つという「切腹」。
北公次が切腹の代名詞かどうかわかりませんが、三島由紀夫は確かに!
実際問題、切腹はありえないですが、あくまで「選手生命を賭けて」という意味というのが常識的な見方です。まわりは面白がるだけでしょうけど、やっている本人は実力ではかなわないということを吐露した発言でもあり、そこまで自らを追い詰めてやるんだという意思表示でもありましょう。
「若い」から何でも許されるというわけではないですが、彼も大いに反省しているところでしょう。
でも多くの人間がみんな同じだと思うんですよね。若いころヤンキーだった人が国会議員になり、これを「更生」したと見るのかどうかは、まわりの問題ではなく、当人の問題。
亀田大毅がこれからどう成長するかで彼の力量などが問われるわけで、それを乗り越えるとバッシングに合った人たちは、不思議とというか面白いように国民から共感を得られるようになります。
私たちが彼に対していろいろ言うのは、嫌いな反面、注目している何よりもの証でもあります。
静かに見守るのが「大人としての態度」でしょう。

ところで「侍ジャイアンツ」というのがGyaOでやっていますが、オープン戦の対ロッテ戦で主人公の番場が川上監督の代理監督となり勝負する場面があります。ロッテに負けたら「切腹!」という条件。
試合は、前半巨人有利に進みますが、金田監督の老獪さに後半同点までもっていかれる。そこに雨が降ってきて引き分けとなるのですが、金田も川上も老獪さにかけては番場の上を行っていた。
若者は視野は狭いが行動力はある。
年齢を重ねたものは若者ほどの行動力には欠けるが、先を読む力がある。また反面若者に期待を寄せているのだ。
亀田vs内藤の試合には、そういう若さと老獪さの駆け引きが見え隠れしたような気がします。
長々と失礼しました。
内藤選手、おめでとうございます。
亀田君、これから辛酸を舐めると思いますが、是非乗り越えて大きくなってほしいと思います。
またジョーの話になるけど
丹下会長がライセンスを剥奪されて
ボクシング・コミッションから締め出される・・・
でも、そこで決して諦めない!
また夢を掴む・・・

諦めない奴には
必ず、神様
微笑むから!(笑)


亀田親子の行く末は全く五里霧中かもしれないけど

いつの日か・・・
振り返って、
あの時のことをおれは何一つ!
後悔していないっ。
と、言い切れるような大人になってほしいよねっ(笑)。
久々にブログ拝見♪
沢山コメントが色々あって思わず見入ってしまいましたよ♪私は格闘技見る方じゃないけど、連日新聞紙やネットでこの亀田さん報道あるので・・ochiochiさんじゃないですが、これからに期待したいですね!
年を重ねた世代と若い世代の良いところを見事に書き込みしてあったochiochiさん!そうそう我が40代の青春も暴走族だった人が警察の白バイの仕事になって見事にお役にたってるもんね~~!riamnさんもめっきり涼しくなりました。お風邪召しませんように♪
annie さん
コメントありがとうございます。
亀田問題・・・どんどん波紋拡げてますね(笑)。
結局、いちばん男としての株上げたのは!!
やっぱり内藤選手でしたね。彼の・・・
終始一貫した“大人の対応”。
亀田の才能を認め、潰したくないという
ボクシングへの真摯な姿勢と愛情。

彼のような人間こそ、“スポーツマンの鑑”と呼びたい!!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog