プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
世界は・・・今日もきみの寝顔をやさしい吐息で包み込む Jun 21, 2017
この世界は弱い者たちが流す悲しみと諦めの泪でできてるのかな・・・ Jun 19, 2017
メディアの力に頼ることなく、音楽ファンの 絶大な信頼を勝ち得たロック・バンド Jun 18, 2017
どこにも属さない。 どこにも混じらない。 だから空気なんか読む必要も無い。 Jun 16, 2017

2016.11.26    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   愛と希望と夢とロックンロール!! それ以外に一体何が欲しいんだい?


【紅白】初出場の大竹しのぶ、イエモン、RADがコメント
ORICON STYLE



http://www.msn.com/ja-jp/entertainment/story/%E3%80%90%E7%B4%85%E7%99%BD%E3%80%91%E5%88%9D%E5%87%BA%E5%A0%B4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%AB%B9%E3%81%97%E3%81%AE%E3%81%B6%E3%80%81%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%80%81rad%E3%81%8C%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88/ar-AAkGR6P#page=2



今年の紅白・・・



注目すべきは、やっぱりこの2バンドかな!!



THE YELLOW MONKEY。


RADWIMPS。



M-2469






“紅白初出場本当にうれしいです。
申年の2016年、15年ぶりに再集結を果たし、たくさんのファンの方々と喜びを分かち合わせていただき、
最高の言葉しかない一年でしたが、最後にこんなサプライズが用意されてるとは夢にも思いませんでした。

紅白に出場させてもらうのはこのバンド名を持つ僕らの憧れでもありました。

最高の2016年を締めくくれるように演奏させていただきます。”

THE YELLOW MONKEY
吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二




M-2470






“今年は『君の名は。』の映画との出逢いにも恵まれて、新しい場所へ踏み出した年でもありました。映画をご覧になってくださった方、僕たちをはじめて知ってくれた方、そしてずっと応援してくれているファンの方への感謝の気持ちで当日は演奏したいと思います。
小さい頃からずっとテレビで観てきたステージ、楽しみにしています。”

RADWIMPS




ぜひ!!


全国のお茶の間に、



彼らの音楽の普遍性を伝えたいにゃっ。



M-2471

M-2472

M-2473





ZELDA #03 Are You Lucky ラッキ-少年のうた




ゼルダ流!?
ツェッペリン・グルーヴが炸裂!!
ハードロックでパンクなのに
どこか懐かしくて
エスニック!!
・・・(笑)
この摩訶不思議のグルーヴは
やっぱいつ聴いてもサイコーにゃっつつ!!





週刊朝日最新号に
掲載されている
YOSHIKI インタビュー記事
「僕のロックの原点はKISSだった」を
読む。






どんな人にも
その人だけの人生がある。
そしてどんな人にも
愛と挫折と希望がいつも寄り添っている・・・







M-2474

M-2475







BURRN! JAPANVol.7掲載の高崎晃インタビュー記事を読む・・・
人の意見に真摯に耳を傾け咀嚼する。
それが出来れば、自分なりのやり方も見つかる。
そこからが本当のスタートやで!! 



うん。


そんな声が聞こえる・・・






M-2482

M-2483




同じく同誌掲載の二井原 実インタビュー記事を読む。
同世代だからこそ、
感じる事、共感できる事、ありすぎてありすぎて・・・
只々・・・胸がいっぱいになる。
インタビュアーがこれまた同世代の盟友!!
増田勇一だからこそかもしれない。



ありがとう。



M-2476

M-2477

M-2478







きみがいつも
そばにいてくれることは
けっしてあたりまえのことじゃない。
当たり前の日常は
いつだって、
きみとぼくが出会えた
奇跡の上に
成り立っている。




M-2479

M-2480

M-2481









愛と希望と夢とロックンロール!!



それ以外に



一体何が欲しいんだい?



ねっ。










砂の塔 / THE YELLOW MONKEY

前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV

ZELDA #03 Are You Lucky ラッキ-少年のうた

X JAPAN 紅 / Kurenai - [Live, 2015.6.27 LUNATIC FEST.]

1976 KIss - Hard Luck Woman

LOUDNESS ~ in Europe1984 / CRAZY DOCTOR

THE COLLECTORS -30th Anniversary Session-「愛ある世界」

Song 1 Kiss Alive II Detroit Rock City - APR.2,1977 "BUDOKAN HALL"

















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog