プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
そんな日々の移ろいをいつか懐かしく思い出す日がやってくるのかな? May 23, 2017
何かを追いかけたり何かを信じるって素敵なことだよね・・・ May 22, 2017
当たり前の日々は、いつだって掛け替えのない宝物さ!! May 21, 2017
うん。痛みを感じるのは、今もこうして生かされているという証!! May 20, 2017
いつまでたっても出口が見えないガラスの迷路 May 18, 2017

2016.10.14    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   ボブ・ディラン、ノーベル賞受賞


2016.10.14 19:56
ボブ・ディラン、ノーベル賞受賞


http://ro69.jp/blog/shibuya/149971



“文学の役割の変化、より踏み込んでいえば文学の衰退が進む中でのディラン受賞。そして、それがディランの反商業的な姿勢の進行、つまり作品の文学化の中で実現したこと、それは必然だったのかもしれない。”
(渋谷陽一)








“どれだけ道を歩いたら
一人前の男としてみとめられるのか?
こたえは
風の中に舞っている”
(風に吹かれて)

“今はなかなか前に進めない者も
やがてはどんどん
道が開けることになる”
(時代は変わる)

“どんな気分だい
住む家もなく
まったく誰からも
相手にされず
転がる石のように生きるのは?”
(ライク・ア・ローリング・ストーン)







M-2125

M-2126









僕の間接的なディラン体験・・・
それが、
吉田拓郎の「ペニーレインでバーボンを」
マシンガンのように繰り出される
ことばのビート感!!
怒りと欲望!!
全てがディランだった・・・









吉田拓郎も岡林信康も佐野元春も後藤正文も・・・



みんなみんな、



ディランズ・チルドレンにゃっつつつ。








M-2127

M-2128

M-2129








きみが真剣に



それを欲するなら・・・



それを掴めばいいんだ。







そう・・・



それを掴もうとしない限り、



何一つ



僕らは掴めないままだ。











Bob Dylan and The Band - Like A Rolling Stone (rare live footage)

Blowing In The Wind (Live On TV, March 1963)

Bob Dylan The Times They Are A Changin' 1964

吉田拓郎ペニーレインでバーボンを

イメージの詩  by 吉田拓郎

Akfg - Kimi To Iu Hana HD

ガロ - 学生街の喫茶店

















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog