プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
リンキン・パークのチェスターが自殺 Jul 21, 2017
雲の切れ間からあの天使の微笑みが降り注ぐ・・・ Jul 19, 2017
夏休みはいつまでも永遠なんだと思ってた Jul 17, 2017
今夜もきみのこころに溺れたい・・・ Jul 16, 2017
でも人の心は縛れないからね。心の羽はいつも自由・・・ Jul 15, 2017

2016.10.07    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   貴方の声をいつまでも追いかける秋の夕暮れ


2016.10.05 23:43
ジャニスの命日に映画『リトル・ガール』を観た。『アナ雪』世代にこそ知ってほしい!




http://ro69.jp/blog/rockinon/149513?rtw








“1960年代にありのままの自分を貫こうとしたジャニスの行動が本当に過酷で、凄まじい。
当時は、女性が本音を口にしたり歌ったり、男たちと一緒にバンドすること自体が、とんでもない冒険だったのだから。

「私でいるのって想像以上に大変なの」
という彼女自身の発言があるが、そりゃそうだろう、と思う。”


“「何が欲しいの? 望みは何?
恥ずかしがらずに話してごらん
ママが全部かなえてあげる」

「得体の知れない感情が湧いてきた時に必要なのは優しくしてくれるママ
あなたの話に耳を傾け 胸に抱き寄せてくれる存在」

背中をドン!と押してくれるのがロックの大きな魅力だとしたら、ジャニスの歌はリスナーの心を抱き寄せることで肯定する。
女性ヴォーカリストを「母性」として括られるのは好きではないが、リスナーの孤独や痛みに直接手を伸ばすロックは、当時明らかに画期的だっただろうし、やはりここに彼女の歌の本質があると感じられた。”

(井上貴子)







M-2078

M-2079

M-2080




♪忘れないで
二人重ねた日々は
この世に生きた意味を
越えていたことを・・・
(君が思い出になる前に)






M-2081

M-2082

M-2083




♪魔法のコトバ
二人だけにはわかる
思い出して
おかしくてうれしくて
君は何してる?
笑顔が見たいぞ・・・
(魔法のコトバ)








M-2084

M-2085







夕暮れ時・・・
あんなに騒いでいたコたちも
ひとりふたりと
みんないなくなる。
こころだけが
いつも置いてきぼりなんだね・・・



M-2086




貴方の声を



いつまでも追いかける秋の夕暮れ。









JANIS JOPLIN Summertime 1968)

Janis Joplin - Summertime & Ball and Chain (live in Frankfurt 1969)

スピッツ / 君が思い出になる前に

スピッツ / 魔法のコトバ

Spitz - Oumiya Sunset
















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog