プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
あんなふうになりたい!!とか、こんなふうでありたい!!と思っても、結局、自分以外の人間にはなれない。 May 27, 2017
きみは路上の天使たちに今夜も出会えたかな? May 25, 2017
ぼくらはこの瞬間の快楽を貪るために生きるのさ!! May 24, 2017
そんな日々の移ろいをいつか懐かしく思い出す日がやってくるのかな? May 23, 2017
何かを追いかけたり何かを信じるって素敵なことだよね・・・ May 22, 2017

2015.10.06    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   相手に対する気遣い・・・それはお洒落に於ける大切な基本かも?


いやぁ・・・


ひさしぶりの取材にゃっつつ!!


なんだか、照れるにゃっ。


M-969

M-970

M-971

M-972







・・・ありがとねっ。(笑)




人の痛みに寄り添える人は、どんな痛みにも耐えられる人。
人の痛みを自身の痛みとして認識できる人は、とても強い人。
そんな強さと勇気がほしい・・・







M-973




医療は、その人の人生に於ける大切な伴走者。あるいは介助者。
なにか不具合が起きればその対処法を一緒に考えてくれる。
でも、あくまでも伴走者であり、介助者に過ぎない。
いつかはこの世から旅立つ時がやってくる。
だから少しでも長く、この世界を楽しみたい。
きっと、その願いは、みんな一緒。
だから一緒に走ろう・・・
限りある人生を全うするために、みんなで知恵を出し合おう。
そして互いの生き方を尊重しよう。
それが人生の収穫を実り豊かなものにするための大切な決まり事。







"毎日変わり続けている。
僕は狙って奇抜にしているんじゃない。
デヴィッド・ボウイなんだ。"
(デヴィッド・ボウイ)


M-974







"僕は現世にそれほど執着はないんだ。宇宙を漂う魂だったとしても、今と同じくらいうまくやれるはずだよ"
(デヴィッド・ボウイ)


M-975








"レッド・ツェッペリンでぼくがやろうと思ったことは、変化を実現させ、ほかとは違う存在になることだったんだ"
(ジミー・ペイジ)


M-976



" "イン・ジ・イヴニング"のギター・ソロはちゃんと聴いてる?
これが元気じゃないっていうんだったら、ぼくは一体、どれだけ元気になればいいんだよ(笑)"
(ジミー・ペイジ)






M-977




♪立ち止まるな! 明日を考えよう
立ち止まるな! 明日はすぐにやってくる
昨日よりもマシに決まってるじゃないか!
昨日におさらば、昨日なんておさらばさ・・・(DON'T STOP )訳、武内邦愛







ザ・フー!!
70年代のテレビ番組に於けるライヴ・パフォーマンス映像を見て思う。






いい歳した大人が・・・
こんな破天荒な振る舞いをしても許されてしまう!!
これもお国柄?
我が国ではまず世間のモラルを優先する。
モラルから外れる行為は許されない。
いいか悪いかは別として・・・
だってロック・バンドだぜっ。(笑)

ファッションにはその人の生きざまが反映される。
人と同じはぜったい嫌だっていう人もいる。
生き方は人それぞれ。
誰にも決められない。
それでいいと僕は思っている。

たとえば、ドレスコードというものがある。
それぞれの形態に応じた振る舞いと装い。
どれだけ他者に対して気遣いができるか・・・
それは、お洒落に於ける大切な基本かもしれません。



そう、君は美しい・・・



M-978




様々な感情にフィットする音楽が



この大空に溢れてる・・・




きみが手を伸ばせばそれを掴むことができる。








なんて素敵なこの世界!!








ONE OK ROCK - Mighty Long Fall [Mighty Long Fall at Yokohama Stadium]

ONE OK ROCK - 完全感覚Dreamer [THIS IS MY BUDOKAN ?! 2010.11.28]

David Bowie – Space Oddity [OFFICIAL VIDEO]

David Bowie – Life On Mars? [OFFICIAL VIDEO]

Led Zeppelin - In The Evening ( Remastered )

FLEETWOOD MAC - DON'T STOP 1977 (Audio Enhanced)

The Who '5.15' from Quadrophenia TOTP 1973

AJICO「美しいこと」










思うに、whoってのは、永遠のやんちゃ野郎どもバンドだったんだなー。
そう思うと、なんかワクワクしてくるものがあります。
破天荒すぎて開いた口がふさがらなくなる傍若無人さ。
それがまた一方で、ピートの計算された演出という部分でもあったと聞きます。
勢い一発で無礼に働くよりも、無礼を予定して無礼を働くほうがよっぽど無礼ですよね(笑)。
もはや年齢的にも飛び跳ねる脚力は弱ってきているでしょうから、こんどはもっと違う方向からこれからもとんがっていってほしいですね。

一方、キース・リチャーズ。
なんかこの人、年を重ねるほどにかっこよくなってきてね?
軸がさ、ブレてないですよね。髄からロッカーだ。
お客さんを楽しませるために全身全霊を賭けて真剣に馬鹿をやる。
その信念を死ぬまで貫いたのがキース・ムーン。
キースに刺激されて、あのインテリのピートでさえ、真剣に馬鹿をやる。
そのピートに刺激されて、ロジャーはマイクをぶん回す。
そんな連中を横目に見ながら、一見クールな振りをして超絶プレイで魅せるジョン。
この絶妙なバランス感覚こそ、ザ・フーの本質だったのかな?

キース・リチャーズも、その生き様自体がロックを体現しているという稀有な例ですよね。
もう死ぬまで僕らを楽しませてほしい。
我々凡人は・・・それを切に願うばかりです。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog