プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
何かを追いかけたり何かを信じるって素敵なことだよね・・・ May 22, 2017
当たり前の日々は、いつだって掛け替えのない宝物さ!! May 21, 2017
うん。痛みを感じるのは、今もこうして生かされているという証!! May 20, 2017
いつまでたっても出口が見えないガラスの迷路 May 18, 2017
明日という日が涙で滲んで見えないときは黙って・・・あの空を見つめよう May 16, 2017

2015.08.11    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   暑中お見舞い・・・申し上げるんにゃっ!!


ええ~、


暑中お見舞い・・・申し上げるんにゃっ!!


命令かよっ!! にゃんっ。(笑)



M-747





2015.08.07
キース・リチャーズ、『サージェント・ペパーズ』はビートルズ作品としてはゴミだと語る



http://ro69.jp/news/detail/128922?rtw


“「ビートルズはビートルズらしい時のサウンドが最高なんだよ。でも、あの音楽にはあんまりルーツを感じさせるものがないよね。まあ、なんか舞い上がっちゃったんじゃないのかな。無理ないだろ、そりゃあ? 60年代にビートルズなんかやってたらね、舞い上がらない方が無理だから。で、自分がそもそもなにをやりたかったのか見えなくなっちゃうんだよね。それで『サージェント・ペパーズ』をやり始めちゃうんだよ。なかには天才的なアルバムだという人もいるけど、ゴミがいろいろまぜこぜになったもんだと思うよ、『サタニック・マジェスティーズ』みたいにね。くだらないもんのてんこ盛りなら、自分たちにも作れるぜってな調子でわざわざ張り合っちゃったっていうか」”(キース・リチャーズ)



キースにそう言われると・・・なるほどなぁ~!!






中学生の頃、『サージェント・ペパーズ』を聴いてもどこがいいのかまったくわからなかった。にも拘らず、友達にこのアルバムが如何に凄いかを持てる知識を総動員して熱弁したことを思い出す。言ってることは全て知識人からの受け売りだったのにね・・・


僕が『サージェント・ペパーズ』を聴いてその凄さを理解できるようになったのはつい最近のような気がする。ビートルズは全てのポップ・ミュージックに於ける基本。それだけは間違いないと思う。ストーンズにとってのブルースがそうであるように。(笑)






“ストーンズはロックンロール・バンドの究極である。”(山崎洋一郎)


M-737



“ストーンズにしか出せないストーンズ固有のリフとリズム、それがストーンズの全てなのである。そして、実はそれがロックンロールの全てなのである。”(山崎洋一郎)


M-738







2006年11月にぼくは妹の勧めでブログというものを始めた。完璧に受け身ですっ。にも拘らず、気付いたら、来年の11月で10年目に突入。もしもブログの利点があるとしたら、それは自分を客観視する習慣が身に付くことなのかな?


仕事以外で10年以上続いたものなんてブログだけかもしれない・・・スポーツも勉強も苦手だし。(笑)



音楽と人最新号のBRAHMANインタビュー記事でTOSHI-LOWが赤裸々に自信の魂の在処を語る・・・おれは確固たる理由があれば人を殺すことを厭わない。
おまえっ、正直すぎるわっ!!







核の抑止力で世界平和を実現・・・
抑止力って一体何だ?
それって、やくざの脅しだろっ!!
私たちの魂は終の棲家を得られぬまま・・・


M-746




自分自身の中に巣食う悪魔と天使。
そんな相反する価値観と寄り添いながら生きていくことはホントにしんどい。
でも・・・そうやって自身と真摯に向き合い続けることはそんなに悪い気分じゃない。
だってそれは、嘘偽りのない俺自身だから。



M-739



2015.08.10 17:20
ノエル・ギャラガー親心を語る「俺の子供達には俺みたいになって欲しくない」



http://ro69.jp/blog/kojima/129073


“「俺の3人の子供達はすばらしい子供時代を過ごしていると思うよ。
俺はあの子達に賢くて知的な人間になってほしい。
公営住宅育ちのチンピラにだけはなって欲しくないんだよ、かつての俺みたいにはさ。

俺自身がマンチェのガラの悪い地域にある公営住宅で育って、
自活するようになった26歳ぐらいになるまで自分のポケット・マネーすら無いような生活だったからね。
俺の子供達には金のかかるプライベート・スクールや、高価なブランドものの服や、海外旅行やいい車もすべて与えてやりたいんだ」。”(ノエル・ギャラガー)







いつの時代も・・・
こどもたちの無垢は魂は、未來への大切な礎。



M-749





街の息吹が俺の魂の在処を今日もそっと教えてくれる・・・
人生の喜怒哀楽・・・
全てそこに詰まってる。



M-740


M-741


M-742


M-743




善と悪の境界線を今日も必死に綱渡り・・・
俺の魂はいつもギリギリの境界で揺れ動いてる。
さてと・・・明日の俺はどっちだっ!!



M-744







はにかみやのきみは・・・
大好きな彼女の前で、うつむきながら・・・
彼女の視線をしっかり捉えていたねっ。
だいじょうぶ。君は強いんだ。



M-748










50過ぎても・・・



あいかわらずひとりかにゃっつつつつつ?



M-745



うるさいっつつつつ!!



おまえにいわれたくないよっつつ。




以上、お約束の春風亭昇太でしたっ。(笑)








Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band - The Beatles

2000 Light Years From Home - The Rolling Stones [Video original]

Rolling Stones - Brown Sugar - 1971 - Top of The Pops - BBC UK.

BRAHMAN「其限 ~sorekiri~」MV

Noel Gallagher’s High Flying Birds - Lock All The Doors

〝Don't Look Back In Anger〟oasis LIVE 和訳付き with Lyrics

Rock 'n' Roll Star - Oasis - 日本語字幕
















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog