プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017

2015.06.30    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   ひとりひとり、暮らし方も生き方も異なって当たり前!!


2015.06.29 19:57
クリス・スクワイア、亡くなる


http://ro69.jp/blog/shibuya/126567





“イエスというとスティーヴ・ハウのギターがサウンドのメイン・キャラクターとして、まず連想されるが、あの緻密なサウンド・デザインを支えているのはクリス・スクワイアのベースであり、彼のベースがイエスのサウンドのキャラクターを決めていた。
来日公演がある度に観ているが、いつも感じるのはイエスはイエスであることを全力で引き受けているということだ。
昔からのファンが求めるイエスを、しっかりと形に於いても、質に於いても再現してみせる姿勢は徹底している。
アレンジを変えない、演奏力を保つのは当然として、新しいヴォーカリストも従来のイメージを壊さないことを選択の大きな基準にしているように僕は感じる。そのことによって僕たちは、いつライブを観にいっても、あのイエスに出会うことが出来る。”



M-675









2015.06.29
ザ・フー、ピート・タウンゼントが「50周年ツアーをもって別々の道へ」と表明



http://ro69.jp/news/detail/126457?rtw





“「それぞれの過剰さと違いをお互いに受け入れていくようになったことで、本当に純粋でお互いを思いやる関係に至ったわけで、これはもう愛としか呼びようがないものなんだよ。で、これはやっぱり世にこういうこともあるんだよと見せていくべきもので、それはどうしてかっていうと、俺たちはもうロッキング・チェアーがお似合いなじじい二人だからなんだ。ロジャーも言ってるけど、俺たちはどっかの老人ホームに入れられてないだけ幸せなんだよ、今でもこういう活動ができるだけね」
「ロジャーと俺とで折に触れてなんかやっていくことになると俺は思うよ。いつかね、ロジャーに合った、いい曲をアルバム分書いてあげたいし、それをレコード会社がファッキン・フーと名付けたがらなきゃいいんだけど、そこはなんか怪しいよね」
「俺がいい曲を一塊ロジャーのために書いたとしてもさ、きっと俺たちのマネージャーは、『これザ・フーって名付けちゃったら? きっとレコード、倍は売れるよ!』とか言い出すんだろうなあ」”








いよっ、ハロー、ドニントン!! 
わいがレインボーに加入した横山やっ。
よろしくたのむわっ!!


M-676



Rainbow - All Night Long - Donington 1980 - Monsters Of Rock







AC/DC は談志であるっ。
そう・・・伝統芸は不滅!!

AC/DC - Let's Get It Up (Live, December 21, 1981)







5人のメンバーのケミストリーが生んだ奇跡!!

Deep Purple - Perfect Strangers






“修正機を手にファーストを持っている人全員の家を回って、あの“ウーウーベイビーベイビー”ってのをすべて取り除いてしまいたい。あんなものは消してしまえばいいんだ!”
(ロバート・プラント)




M-674








“「明るく楽しく派手に。ロッドは僕が目指してきたものの原点なんです」
「この世界で引退するということは、諦めるということですから」
「もちろんあの頃のアクションができるとは期待しない。でも、できるところまではやろうと思う」”
(西城秀樹)




M-671








“バカだの何だのたたかれてたデビュー当初のステージ・アクション、あれはフェイセスのロッド・スチュワートとジェームス・ブラウンの影響なんですよ。(西城秀樹)




M-672









M-673



“今更言うまでもないが僕のアイドルはデビッド・ボウイ、秋間さんは多分マーク・ボランを崇拝していると思う。この一枚の写真は各々のロックアイドルの姿を映し出している”
(吉井和哉)








たとえば1日3食をきちんと摂取するバランスの取れた食生活を国民一人一人が厳守すれば、世の中における秩序は保たれる。1日3食という形態を国が推奨する理由も恐らくそこにあるのでしょうね。一人一人がそれぞれ異なる価値観に従って生活すればどうなるか?世の中の秩序はめちゃめちゃになります。もしも1日1食になれば、消費が鈍る。消費が鈍れば経済活動は鈍化し職が失われる。そして世の中に失業者が溢れる・・・そうならないようにするために政府は国民全てが一つの価値観の下で結束するように巧みにを情報操作を行い洗脳する。こんな恐ろしいことはありません。
ひとりひとり、暮らし方も生き方も異なって当たり前なんですよ。なぜなら、私達はこの世に生を受けた時から、予めそのように神と契約を交わしているのですから。







情報を鵜呑みせず、自身が目指す生き方に沿って、必要なものを吸収し、それと引き換えに何かを捨てる。
そんなふうに、一人一人が個として自立した生き方こそ、今切実に必要とされている。そんな気がします。何かに縛られなければ生きていけないのならば、ひとりひとりがそれぞれ縛られるものを決めればいい。
1日3食の生活をきちんと守りたい人はそうすればいい。いや、おれは1日1食が一番快適なんだと思える人はそうすればいい。未來は自分の生き方によって決まる。
僕自身の結論はいつもそこに行き着きます。この・・・天邪鬼めっ!!(笑)








たとえ、




どんないやなことがあっても、




君に逢えば、全て吹っ飛んじゃうねっ。



M-659




あなたの瞳と僕の瞳が




互いを見つめ合った瞬間のあのときめきを





僕は忘れないだろう・・・



M-670





ありがとう!!




今日という日に感謝。









YES "The Lost Broadcasts" - Looking Around

America - Yes

The Who - My Generation [Live at Woodstock 1969]

Who - Summertime Blues (live,1969) 0815007

Rainbow - All Night Long - Donington 1980 - Monsters Of Rock

AC/DC - Let's Get It Up (Live, December 21, 1981)

Deep Purple - Perfect Strangers

Led Zeppelin - Babe I'm Gonna Leave You (Denmark - 1969) - HD

The Faces - (I Know) I'm Losing You live at the BBC

野口五郎 ヒデキ還暦ライブで西城秀樹と抱擁 (2015年4月) 1

David Bowie - Moonage Daydream (live)

佐野元春 SOMEDAY 名盤ライブ『SOMEDAY』

佐野元春 Happy Man 名盤ライブ『SOMEDAY』










こんにちは。
YESの核であったクリス・スクワイア氏がお亡くなりになったのですか。
あまり目立つような感じでなかったですが、彼がYESを支えて来たんですよね。
とても残念。

長生きが最良とは私は思わない。
短い人生でも生きた意味があるならそれでいいんじゃないかな。

1日3食は誰が決めたわけでもない。
大人1500カロリーはとりましょう。
これはドイツの栄養学者カール・フォイト(1831~1908)に端を発す。
何の科学的根拠もなしに肉食が一番身体によいと言ったら、世界に広まった。
なんとも滑稽な話なんです。

同じようなことが医療でも行われているし・・・。
薬を飲めば病気が治る。
そもそも病名というのが問題。
症状で判断しているだけ。
病気の根源を考えることをしない。
だから現代的なアレルギー性疾患は治らない。

西洋医学にどっぷり漬かり、身体そのものの機能を見失っている。

私から言わせたら、薬は毒。
その毒は一時的に痛みなどを回避するだけ。
身体の根本治療は、免疫力(自然治癒力)。
薬はこの免疫力をおかしくする。

アレルギー性疾患、花粉症なんかですが、戦後出来てきた病気。
思うに戦後出てきた添加物まみれのインスタント食品を中心にこれまで摂取しなかった化学処理された食べ物が登場。
砂糖も多く摂取するようになった。
これが原因になっている可能性が高い。

都市伝説を笑う人は多いですが、都市伝説以上にナンセンスな常識ってたくさんある。

人間って考えているようで、何も考えてない。
ホントどうしようもない。笑

もし考えることが出来るなら、ちゃんと自分の人生に直結する政治も考えるでしょう。

いまの若者は「あきらめ」というタテマエで世の中と対峙しない。

でも人の人生はさまざま。
生き方を選ぶのは、自分自身。
でもそれにもうひとこと付け加えるなら、自分の生き方はフィードバックして他人の生き方に影響を及ぼしているわけ。
結局は、まわりを思う心がない人が多くなれば、そういう社会になっちゃうんだよね。
ochiochiさん、コメントありがとうございます。


クリス・スクワイアは、考えてみたら、結成時からの唯一不動のオリジナル・メンバーなんですよね。他のパートは常に流動的でしたから。
彼のベース・プレイは、なんといっても、あの硬質のサウンドと、スイングするベース・ライン。
彼がイエスの音楽を根底から支えていたと言っても過言ではありませんね。
謹んでご冥福をお祈りします。

そうですね。
人生はいつ終焉が訪れるか誰にもわからない。
だからこそ、その人の価値が問われるのは、与えられた人生を如何に生き抜いたかというその過程ですよね。
長生きすることが全てではありませんから。

この前、道を歩いていて、突然転倒してしまい、膝を強打したことがありました。
最初は大したことないと思っていたのですが、後から痛みが襲ってきました。
でも・・・
そこから人体の再生能力が活性化するんです。
傷は、黙っていてもいつか自然に癒えます。
それは細胞が生きているからです。
体内で一生懸命、細胞が働いているからです。
痛みは、その証なんですよね。

心の痛みもそうです。
痛みを感じるから、今自分がどのような状態に置かれているのかということを認識できる。
それが自己対象化作用ですよね。
自己を対象化できれば、様々な場面で応用が利くようになりますから。
人の痛みにも敏感になる。
自身の痛みは、他者の痛みを癒すためのきっかけを与えてくれる。

人間のメカニズムってホントに素晴らしいと思います。

だから全ての恵みに感謝できるようになるんですよね。

それを忘れないようにしたいと思います。(笑)








トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog