プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
世界は・・・今日もきみの寝顔をやさしい吐息で包み込む Jun 21, 2017
この世界は弱い者たちが流す悲しみと諦めの泪でできてるのかな・・・ Jun 19, 2017
メディアの力に頼ることなく、音楽ファンの 絶大な信頼を勝ち得たロック・バンド Jun 18, 2017
どこにも属さない。 どこにも混じらない。 だから空気なんか読む必要も無い。 Jun 16, 2017

2015.06.09    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   歳を重ねれば、痛みと寄り添う日々も増えていく・・・


今日は、6月9日。



そう。ロックの日。



ロックの神様、今日もありがとう!!



宇宙まお - ロックの神様






世界のどこかで



今日も誰かが痛みと闘っている。




世界のどこかで




今日も誰かが




痛みと寄り添いながら生きている。



なんて素敵なこの世界!!



Suzanne Vega - Luka







“一人で歩いていたりする時、「今の俺ならイケてるんじゃないか」みたいなのは、思ったりしますね”(宮本浩次)




M-619




“人の話が聞けるようになったような気がしますよね。人の話をちゃんと理解してあげる心の広さが、身に付いてきましたね”(宮本浩次)



M-620





“若くもねえなっていうのがなんとなくわかってくるんですよね、自分でね。「ああ、そうか、衰えていくんだな俺は」っていう思いになってるところが”(宮本浩次)



M-621





先日、道を歩いていた時、突然、躓いてばたっと倒れ、左足の膝小僧を思いっきり、アスファルトに打ち付けてしまった。その瞬間、無意識のうちに咄嗟に両手を地面に突いたので、一寸擦りむけただけ。だいじょうぶ。そう思いながら歩き始めた・・・



子供のころは派手に地面に打ち付けても、全く平気だった。赤チン塗ってほっとけば傷は自然に治癒した。それが免疫力。でも歳を重ねると、若いころのようにはいかない。不安ばっかりがどんどん先走る。でも、同時にどうすればダメージを最小限に保てるか?その方法もわかってくるんだよね。



最近は、怪我や病気をするたびにこう思う。この程度で済むんだから、やっぱり俺は見えない力に護られてるんだって。そうやって素直に感謝できるようになった。経験は成長の糧になる。ホントそうなんだ。人はいくつになっても成長できるんだよ。(笑)



♪さあ がんばろうぜ!
オマエは今日もどこかで不器用に
この日々ときっと戦ってることだろう・・・(俺たちの明日)









心の痛みも体の痛みも、



すべては生きている証。




だからその痛みはきっと、細胞の叫びなんだねっ。




M-622





歳を重ねれば、痛みと寄り添う日々も増えていく・・・




それはきっと素敵なこと。




M-623





♪世界中を敵に回しても負け犬にはならない
今は何かに傷ついていても限りなく汚しい殉教者になるその日まで(マケイヌ)







♪なんてお前に伝えよう
ひとりの鏡の中で
誰かをキズつけてきた日々の
その時の顔つきで吠える・・・(野性のバラッド)








痛みを抱えながら他者を羨み、他者を呪うよりも、




他者の痛みに寄り添える人になりたい。




M-624







たとえそれが、ないものねだりだとしても・・・









宇宙まお - ロックの神様

Suzanne Vega - Luka

エレファントカシマシ - 俺たちの明日

ZIGGY-マケイヌ

野性のバラッド/泉谷しげる with LOSER
















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog