プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
世界は・・・今日もきみの寝顔をやさしい吐息で包み込む Jun 21, 2017
この世界は弱い者たちが流す悲しみと諦めの泪でできてるのかな・・・ Jun 19, 2017
メディアの力に頼ることなく、音楽ファンの 絶大な信頼を勝ち得たロック・バンド Jun 18, 2017
どこにも属さない。 どこにも混じらない。 だから空気なんか読む必要も無い。 Jun 16, 2017

2015.06.03    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   未来を肯定できないのならば、この世に生を受けた意味など無いのだから・・・


2015.05.31 18:06
洋楽シーンに起きている、この時代の変化とは何なのか



http://ro69.jp/blog/yamazaki/124866


“すべてがネットとスマホによってメガバイト単位の等価なコンテンツの一つとして相対化されたのである。そして、相対化されたそれらのコンテンツを位置付け直すのは個々のユーザーの手に委ねられた。”(山崎洋一郎)





“明らかに今の方がポール・マッカートニーの来日を若い世代は身近に感じながら祝福することができるし、明らかに今の方がオールド世代がテイラー・スウィフトの来日に興味本位ででも覗き見して近づくことができる。”(山崎洋一郎)






MASSIVEVol.18 に掲載されているMOTLEY CRUEライヴ・レポート記事を読んだ。


M-605





“「自らの美学を貫き切れないのなら・・・・・その先はどうすべきかわかってるよな?」というメッセージが刻み込まれていた。そう、それこそがモトリー・クルー精神。ありがとう、モトリー・クルー。”(増田勇一)


M-606


“アイドル・グループと共演するなんてロックじゃないと批判する向きもあるだろう。ならば、ロックとはいったい何なのか? KISSは掟破りな場に自らを置くことで、逆にそう問いかけているのではないか?”(増田勇一)







同世代の信頼できる音楽ライター。山崎洋一郎。増田勇一。
こんな素敵なライターがどんどん現れて世の中をかき回してほしい。それがロックの未来に繋がるから。




GLAY、東京ドームでYOSHIKIと夢共演 デビュー曲コラボに「幸せだなぁ」
オリコン 5月31日(日)19時18分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150529-00000361-oric-ent







“YOSHIKIは「20年前、幸運にもGLAYと出会うことができて、デビューのきっかけを作ったのは僕かもしれないけど、GLAYを支え続けたのはファンの皆さんだと思います」と声を震わせながら話し、感極まって男泣きした。”



男気!!




2015.06.01 07:00
今週の一枚 Mr.Children『REFLECTION』



http://ro69.jp/blog/yamazaki/124918


ロッキング・オン・ジャパン最新号掲載の桜井和寿インタビュー記事を読んだ。
今、だれもが抱えている現状に対する閉塞感。
その閉塞感をどうすれば突き抜けることが出来るのか?
どうすれば、未来を肯定することが可能なのか?
そのヒントを与えてくれるのがポップ・ミュージックのミラクル・マジック!!


“その上で、あえてもう一度言うが、このアルバムはMr.Childrenの最高傑作である。
なぜか? なぜなら、このアルバムにはミスチルのすべてがあるからだ。”(山崎洋一郎)


“もう音楽全体がそれを必要としてないかもしれないと思った時に、どこにボールを投げていいのかわからないっていうのはすごくありましたけどね。『今、必要とされてるポップソングってなんだろう?』っていう”
(桜井和寿)


“今の時代の大衆の有り様と向き合い、その欲望と向き合い、その中で音楽に何ができるかというテーマに向き合い、それを乗り越えるために「持ってる全部の球種を使って投げる」という堂々の闘いに挑んだのだ”(山崎洋一郎)







M-607




一人一人に何ができるかなんて高が知れている。そうやっていつも逃げてきた結果が現状の世の中だとしたら、もう言い訳をして逃げることなど許されるわけもない。未来を肯定できないのならば、この世に生を受けた意味など無いのだから・・・



m-608









普段は互いに気に留めない関係でも全然構わない。
でも、あなたが心の底からだれかを必要とするときには、何も言わずに只、あなたの話をきいてあげられる存在でありたい。それは僕の一生の課題。




この小さな島国で寄り添って生きていくことの意味。リスクを抱えながら生き抜いていくことの意味。その意味を問いかけてくるのが自然災害だとしたら、その呼びかけに対してこちらも真摯に応えてあげることが最低限の義務なんだろう・・・




M-609








あっ、ようやく笑ったねっ!!








ポール・マッカートニー - NEW (歌詞・日本語訳付)

Taylor Swift - We Are Never Ever Getting Back Together

Mötley Crüe - Smokin' In The Boys Room Music Video

Song 1 Kiss Alive II Detroit Rock City - APR.2,1977 "BUDOKAN HALL"

BLEEZE(GLAY EXPO 2014 TOHOKUライブver.)

Mr.Children「ニシエヒガシエ」Music Video

Mr.Children「フェイク」Music Video

Mr.Children「名もなき詩」Mr.Children "HOME" TOUR 2007 ~in the field~
















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog