プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
世界は・・・今日もきみの寝顔をやさしい吐息で包み込む Jun 21, 2017
この世界は弱い者たちが流す悲しみと諦めの泪でできてるのかな・・・ Jun 19, 2017
メディアの力に頼ることなく、音楽ファンの 絶大な信頼を勝ち得たロック・バンド Jun 18, 2017
どこにも属さない。 どこにも混じらない。 だから空気なんか読む必要も無い。 Jun 16, 2017

2015.05.02    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   異なる価値観との出会いが表現の本質。そしてそれがロックンロールそのものであることをぼくらは知る


お前を忘れられず追いかけて・・・
とうとうここまで来ちまったっ!! 
いったいここはどこだろう?

Rory Gallagher - Tattoo'd Lady (From "Irish Tour" DVD & Blu-Ray)







2015.04.25
ノエル・ギャラガー、日本ツアーを振り返る




http://ro69.jp/news/detail/122831?rtw






“それでライヴをやる時には下着ははかない主義なんだって言ったらしーんと静まり返っちゃってね。マドンナがピン芸人に挑戦したお笑い劇場よりもドン引きになっちゃったから・・・”


“ある取材では『今度の勃起』についてどう思うかって訊かれたからね(取材の通訳か記者がイギリスの総選挙について質問した際にelectionとerectionを間違えたかと思われる)。”(ノエル・ギャラガー、日本ツアーを振り返る)




“でもある意味でね、自分について理解できない部分をそのままにしておくのも面白い。全然飽きない性格だもの。自分自身について混乱することもよくあるけど、絶対に飽きることはないね”(リッチー・ブラックモア)








80年代のヨーロピアン・メタル、及びアメリカ西海岸のスラッシュメタル・ムーヴメントに多大なインスピレーションを与えた偉大なナンバー!!

LOUDNESS - speed






当時・・・海の向こうのメタリカに多大な影響を及ぼしたであろう激烈スピード・メタル・ナンバー!!

Loudness-Esper







2015.04.26 17:57
ポール・マッカートニー、ライヴの余韻が抜けない




http://ro69.jp/blog/rockinon/122857



“「音楽」という魔法を生み出した人類って素晴らしい……。どうしようもないものをたくさん生み出してしまった人間というものに、シニカルになりがちの昨今だけど、とても肯定的な気分にさせられた。”(井上貴子)






ポール、49年ぶり武道館に興奮「ヒサシブリ!」【全演奏曲掲載】
オリコン 4月29日(水)1時33分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000320-oric-ent



“■「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015」日本武道館公演セットリスト
01. キャント・バイ・ミー・ラヴ(ビートルズ)
02. セイヴ・アス(ソロ/最新アルバム『NEW』より)
03. オール・マイ・ラヴィング(ビートルズ)
04. ワン・アフター・909(ビートルズ)☆
05. レット・ミー・ロール・イット(ウイングス)
06. ペイパーバック・ライター(ビートルズ)★
07. マイ・ヴァレンタイン(ソロ)
08. 1985年(ウイングス)
09. 恋することのもどかしさ(ソロ)
10. 夢の人(ビートルズ)
11. アナザー・デイ(ソロ)
12. ダンス・トゥナイト(ソロ)☆
13. 恋を抱きしめよう(ビートルズ)
14. アンド・アイ・ラヴ・ハー(ビートルズ)
15. ブラックバード(ビートルズ)
16. NEW(ソロ/最新アルバム『NEW』より)
17. レディ・マドンナ(ビートルズ)
18. アナザー・ガール(ビートルズ)☆
19. ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ(ビートルズ)☆
20. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(ビートルズ)
21. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ビートルズ)
22. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ビートルズ)
23. レット・イット・ビー(ビートルズ)
24. 007死ぬのは奴らだ(ウイングス)
25. ヘイ・ジュード(ビートルズ)
【アンコール】
26. イエスタデイ(ビートルズ)★
27. バースデイ(ビートルズ)☆
28. ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド(ビートルズ)
☆=今回の来日公演で初披露した曲
★=1966年のザ・ビートルズの日本武道館公演でも披露した曲”


凄まじい~~~~~~!!








ロッキング・オン・ジャパン最新号に掲載されているASIAN KUNG-FU GENERATIONメンバー全員インタビューを読んだ。
今という時代に王道のギター・ロックを鳴らす意味を濃密に語り尽くす・・・
すごくおもしろい!! ぜひっ。







切ない・・・
新世代の轟音ギター・ポップ!?
すてきっ。








あらゆる素材を消化して純度の高いポップスとして世の中に提示する。



料理と音楽って似てる。







素材を生かすセンスと技量が問われるところも。(笑)




“リフやコード進行、おおまかなメロディーなんかを輸出したり輸入したりいわば俺はリフの商人だね”(リッチ―・ブラックモア)







よぉおおお~、ねえちゃん!!



ええケツしとるやないけっ。



今夜わいとオールナイトロングせえへんかっ。どや?











2015.04.30 15:55
日経ライブレポート 「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライングバーズ」


http://ro69.jp/blog/shibuya/123074






“オアシスを大切にしつつもオアシスから自由である、そんな彼の姿勢が生んだソロ・アーティストとしての勝利感あふれるステージだった。”(渋谷陽一)








ミュージックマガジン最新号掲載の鮎川誠インタビュー記事を読む。ロックンロールは、出逢いと夢と興奮。出逢いが夢を育み、夢は未知の興奮!! へと繋がる。そう。ふたりの夢は未だ旅の途上に過ぎない・・・







その記事のなかで、「レモンティ」の成り立ちについて改めて語っている。偉大なリフは、未来永劫様々な奴らによって継承されていく。それもロックンロールの本質。鮎川さんがそれを教えてくれた。
ロックロール最高やんっ!! ホンマそう思う。


シーナ&ロケッツの作品は、そのすべてが様々な出逢いの結晶。細野晴臣、山口 冨士夫、糸井 重里、ミッキー・カーチス、阿久 悠・・・異なる価値観との出会いが表現の本質。そしてそれがロックンロールそのものであることをぼくらは知る。





♪悲しい気分なんかぶっとばしちまいなよっ!!



ロックンロールは何時だって・・・



お前の最大の



理解者だぜベイビー!!



ドカドカうるさいR&Rバンド - RC SUCCESSION







まだまだ旅は終わらないねっ。










Rory Gallagher - Tattoo'd Lady (From "Irish Tour" DVD & Blu-Ray)

Noel Gallagher’s High Flying Birds - Do The Damage

Deep Purple Black Night HD 1972 in Copenhagen

LOUDNESS - speed

Loudness-Esper

The Beatles - Can't buy me love

Another Girl - The Beatles

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Easter / 復活祭』

[Alexandros]- Waitress, Waitress! (MV)

[Alexandros] - Run Away (MV)

Deep Purple - Smoke On The Water HD 1973 (Live in USA)

Rainbow All Night Long High Quality

Noel Gallagher’s High Flying Birds - Riverman

Noel Gallagher's High Flying Birds "In The Heat Of The Moment" (Official Video)

シーナ&ロケッツ レモンティー

ドカドカうるさいR&Rバンド - RC SUCCESSION















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog