プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
世界は・・・今日もきみの寝顔をやさしい吐息で包み込む Jun 21, 2017
この世界は弱い者たちが流す悲しみと諦めの泪でできてるのかな・・・ Jun 19, 2017
メディアの力に頼ることなく、音楽ファンの 絶大な信頼を勝ち得たロック・バンド Jun 18, 2017
どこにも属さない。 どこにも混じらない。 だから空気なんか読む必要も無い。 Jun 16, 2017

2015.03.26    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   どんな極限状態にあってもそこに音楽が鳴っている限り、人は希望のバトンを繋ぐことが出来る


NHKで放送した北島三郎ドキュメントを見た。プロとしての矜持を全うし、男としての美学を貫き通すサブちゃんに深く感動・・・素晴らしかった。お客さんを楽しませるために全身全霊を捧げるその姿勢はKISSと通じるね。





“就職活動もして、広告代理店に内定もらってたんだけど・・・・・・その晩にチバと呑んじゃったんだよね。「俺についてくれば大丈夫だろ?」って、一言で終わっちゃったんだよ”
(ウエノコウジ)


M-432







“趣味・酒、興味・酒、本命・バンド、うちの4人なんかみんなそんなもんだよ”
(ウエノコウジ)


M-433



見え透いた嘘はすぐにばれるけど、嘘だとわかっていても、その人の思いやりが滲み出る嘘は、一生忘れられない思い出になる。♪君は僕を忘れるからそのころにはすぐに君に会いに行ける・・・
ユニコーン 『すばらしい日々』





うひゃあああああ~、こりゃかっこいいわっ!!
流田Project×ヒャダイン 俺ら東京さ行ぐだ





おぉおおおおおお~、これだよなぁああ~昭和歌謡!!
流田Project×ヒャダイン 津軽海峡冬景色





そんでこれも・・・ぶっ飛ぶべっ!!
IKZO X ZEP 「移民の歌」





世代を問わずにみんなが楽しめる。それが昭和歌謡の最大の魅力だった・・・いまのJPOPと呼ばれる音楽にそれがあるのか? 
う~~~~~~ん、ないぞっ。




歌番組と言えば、やはり・・・夜ヒット。
あの番組で何が楽しみかって言えば・・・後ろに座っている出演者たちの表情!!

これなんかとくにそう。

【貴重映像】 長渕剛 -- 巡恋歌 伝説のスタジオライブ!





後ろに座ってるユニコーンの神妙な表情といったら!!
あの居心地悪そうな佇まいが妙に気になって仕方ない。(笑)


夜ヒットといえば、オープニングで出演者が歌詞の一節を唄って、その歌手を紹介していくという演出がいつも楽しみだった。RCやサザン、シナロケ、ユニコーン、みんな嫌がらずに楽しんでたもんねっ。唯一の例外はスライダーズ!! 

【貴重映像】 The Street Sliders---Boys Jump The Midnight 伝説のスタジオライヴ!





たしか・・・スライダーズだけは、あれやんなかったと思う。(笑)
でも、それがまたかっこよかったわけですよっ。ロック・バンドとしての矜持を貫くその姿勢に偉い感動した記憶があります。
あのクールで飄々とした佇まいは、それだけでスペシャルな存在感があった。なにしろ、ミッシェルやブランキーがまだいなかった頃だからね。


“凄いバンドだった。というか最早、終わることを辞めてしまったバンドが活動を終えてしまうような気がする。そんなバンドだ。何しろブルーハーツやBOØWYなどのバンド・ブームより早く、そしてルースターズや東京ロッカーズ勢よりも後に出てきた、要するに孤高のロックンロール・バンドである。彼らはロック・バンドという存在がオーヴァーグラウンドではリアリティをもって語られなかった時代に、ブームやシステムの力を借りずにライヴ・ハウスを飛び出し、ホールにまで辿り着いた、奇跡のバンドだった。しかも、それを何物をも曲げること無くやってのけたのだ。何故彼らがそれを初めてやってのけることが出来たのか?_ロック・バンドとして断然格好良かったからだ。曲がどうとか詞がどうとかルックスがどうとか話題性があるとか、そういうことではなく、グルーヴという馬鹿げた生命力を4人が集まることによって否が応にも醸し出すバンド、つまりただの4人のカタマリがロックを鳴らすだけで何かを動かしてしまうバンドだったからだ。そんなバンド、水を撒いても芽さえ出て来ない乾ききった当時の荒れ地では考えられもしない奇跡の存在だった。ロック・バンドがその道を選ぶ過酷さを全て引き受け、ロック・バンドとして存在するだけで新しい価値を生み出す。そんなことの始まりを導き出したバンドだった。わからない人は今のミッシェルを思い描いて欲しい。それを15年以上前からやり続けたバンド、それがストリート・スライダーズだった。”

ロッキング・オン・ジャパン2000年10月号
スライダーズ、17年目の解散!(鹿野淳)
記事より抜粋。



THE STREET SLIDERS - Special Women~Boys Jump TheMidnight (BeatChild)





何が凄いって、この一体感ですよね。どんな極限状態にあってもそこに音楽が鳴っている限り、人は希望のバトンを繋ぐことが出来る。


奴らがいなければ、日本のロック・シーンはあと10年遅れていたかも・・・







北島三郎 祭 MATSURI KITAJIMA SABUROU.

thee michelle gun elephant - The Birdmen [live]

ユニコーン 『すばらしい日々』

流田Project×ヒャダイン 俺ら東京さ行ぐだ

流田Project×ヒャダイン 津軽海峡冬景色

IKZO X ZEP 「移民の歌」

【貴重映像】 長渕剛 -- 巡恋歌 伝説のスタジオライブ!

【貴重映像】 The Street Sliders---Boys Jump The Midnight 伝説のスタジオライヴ!

THE STREET SLIDERS - Special Women~Boys Jump TheMidnight (BeatChild)















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog