プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ふと気づいたら、また 君のことを考えていた・・・ Jul 24, 2017
この世に生まれた命のひとつひとつにみんな意味があるのさ!! Jul 23, 2017
リンキン・パークのチェスターが自殺 Jul 21, 2017
雲の切れ間からあの天使の微笑みが降り注ぐ・・・ Jul 19, 2017
夏休みはいつまでも永遠なんだと思ってた Jul 17, 2017

2015.02.15    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   シーナ・・・天に召される


シーナ&ロケッツのヴォーカリストであり、



ギタリスト鮎川誠さんの大切な伴侶でもある



シーナさんが



天に召されました。




“金子 賢輔 @kenken_RIZE

鮎川家と金子家は俺たち子供が同じ小学校だった。
ある日251の近くのセブンイレブンがある横断歩道で、LIVEばりのカッコしたシーナちゃんと、エプロン姿の金子マリの二人が旗をもって子供を誘導し、緑のおばさんをやっていた。
なんとも下北らしい話ではないか。
本当にさみしいです。”





ありがとう!! ロックンロール。


ありがとう!! シーナさん。






向こうへ着いたら、



どうか、ゆっくりと休んでくださいね。



またいつか逢える日まで



おやすみなさい・・・



ニッキー・シックスがいつか語っていた言葉を改めて思い出す。たとえどんな人生であろうと俺は後悔しない。もしもう一度生まれ変わったとしても、俺は同じ人生を歩むよ。
そう語っていたニッキー。





“パンクのエッジと、メタルの重さと、アメリカン・ロックの明るさとをすべて体現してきたモトリーの偉大さを
ファイナル・ツアーという形で再確認させてくれた彼らに感謝したい気持ちだ。”(山崎洋一郎)


http://ro69.jp/blog/yamazaki/118728?rtw

山崎洋一郎の「トリプル編集長日記」
2015.02.15 18:30
モトリー・クルーのファイナル・ツアーをさいたまスーパーアリーナで観た




たった一度のみ!!
誰もに平等に与えられた人生という名の最高のギャンブル。
楽しまなきゃねっ!!


M-412

サエキけんぞう&シーナ







「私にとってのロックとは、夢だし。不思議なドアね。そこを開けることによって、いろいろなものが見える。いろんな事を感じることができる、不思議なドア」(シーナ)

「難しい事なんだけど。ドアを前にして悩むんだったら、それもいいんじゃない。本人がどうしても開けたいというのなら、止めろといってもきっと開けることでしょうし。やっぱり自分で決めるでしょうね。また、そうしないと意味が無いことでしょうし。」(シーナ)

「よく悩んでいるからといって、こっちかあっちかどちらかにしなさい! と言う方法を押しつける人がいるけど、それだけは絶対したくない。それって、まな板の上の鯉なわけでしょ。それだけは、させたくないと思っているの」(シーナ)

「自分は自分を裏切らないから。絶望しても、裏切りはしない。なんか難しいね(苦笑)。」(シーナ)



どんなにみっともなくてもどんなにかっこわるくても、そんなこと全く関係ない。とにかく最後まで生き抜くこと。それを教えてくれたのもロックンロール!!






ロックには卒業なんて言葉はねえからっ!!



そうだっ。ロックは生き様だ!!







“ロックを信じた人だった。
僕はロックを疑うことによって、ロックの宗教性に帰依するタイプだが、彼女は信じることでロックの宗教性への帰依を貫いた人だった。それは潔かったし、とても格好よかった。
彼女のステージでの存在感は、そのロックの宗教性への揺らがない信仰がもたらすパワーが支えていた。
恋愛のように、熱病のようにロックへの愛に目覚める人はいるが、熱病のような恋愛と同じように多くは醒めていってしまう。
彼女のロックへの愛と信頼は、全く揺らがなかった。ロックの歴史的な蓄積が浅い日本では少ないタイプのアーティストだった。”



http://ro69.jp/blog/shibuya/118721

渋谷陽一の「社長はつらいよ」
2015.02.15 10:35
シーナさん、亡くなる




こんなことを言うと語弊があるかもしれないけれど・・・
深く胸に沁み渡る素敵な追悼の言葉だと思う。






シーナ&ロケッツがジャンルを問わず、全てのロックを愛する者たちから愛されたように、モトリークルーも、ロックの快楽と反抗の精神を体現した素敵な奴らだ。
彼らに出会えたことを誇りに思う!! 
ありがとう!!






天に召されたシーナさん・・・




謹んでご冥福をお祈りいたします。






たいくつな世界/SHEENA&THE ROKKETS

Motley Crue - Looks That Kill [Live at US Fest`1983]

シーナ&ロケッツ PROPOSE (TV歌番組) FIGHTING 80'S

シーナ&ロケッツ レモンティー

山本直純 鮎川誠 シーナ (貴重) ロックとは? SHEENA &THE ROKKETS (TV番組)

ニューイヤーロックフェス9th シーナ&ロケッツ ピンナップベイビー

Mötley Crüe - Dr. Feel Good















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog