プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017
数えきれない出会いと別れは君の大切な宝物。その全てが未来への糧になる!! Oct 12, 2017
そうさ!! おれは只の日本人・・・ Oct 09, 2017

2015.02.09    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   KISS!! その普遍の拘りとは・・・


BURRN ! 最新号に掲載されているポール・スタンレー(KISS)インタビュー記事を読んだ。

BURRN! (バーン) 2015年 03月号BURRN! (バーン) 2015年 03月号
(2015/02/05)
不明

商品詳細を見る






その徹底したプロ意識とエンターテイメントとしてのロックンロールへの普遍の拘り。それはまさに、大相撲の白鳳に求められているものとシンクロする。そんな刺激的な記事だった。



信長と秀吉に聴かせてあげたいロックンロール!!

夢の浮世に咲いてみな/ももいろクローバーZ vs KISS(YUMENO UKIYONI SAITEMINA/MOMOIRO CLOVER Z vs KISS)





信長も秀吉も、既成概念に捉われない自由で壮大なものがだいすきっ。
だから、きっと気に入ると思いますっ!! (笑)






昔、キッスの三度目(1988)の来日公演を武道館で観た。素顔でギミック一切なしのシンプルなライヴ。なのに・・・その圧倒的なオーラに終始支配されっぱなし!!
素敵な体験でした。





実はそのとき・・・仕事の都合で開演時間に間に合わなくて、途中から参戦。ところが、後日、代々木体育館で追加公演が組まれた。
で、早朝から並んで当日券をゲット。
つまりもう一回観れたんです。





でも・・・正直、代々木のライヴは印象が淡白だった。続けて2回観るのも善し悪しかも? (笑)
いすれにしても、その徹底したプロ意識は尋常ではない。
だからこそ、30年間に亘り・・・トップに君臨し続けることが可能なんだ。
そう思う。







目撃証言2で、伊藤政則が語っていた通り、当時・・・キッス、エアロスミス、チープ・トリック、クイーン、スコーピオンズ、ジューダス・プリーストなどのハードロック・バンドを誰よりも猛プッシュしていた音楽評論家といえば、渋谷陽一だった。これホント!!

ところがあのパンク・ムーブメントの勃発以降、渋谷陽一は豹変!! その後、すべてのメタル・フリークたちを敵に回すことになる。

“ヘヴィー・メタルは、実に後退的で非生産的で、アホらしい音楽である。
ある年令、ある精神レベルの人間にとってはへヴィー・メタルは必要なのだろう。高校時代の僕がそうであったように。ただ、僕が今高校生であったらヘヴィー・メタルには向かわないと思うが。
 とにかくヘヴィー・メタルは存在するし、それを必要とする人間も存在する。それを無視したり否定しても意味がない。我々がしなければならないのは、ヘヴィー・メタルを正確に位置づけ、その事によって葬り去ることである。
 今、へヴィー・メタルは、我々の前に非常に機能主義的な音楽として在る。昔僕は、対症療法的な音楽をヘヴィー・メタルと呼んだが、もはや対症療法的な効果さえも失っている。
 我々が外界、あるいは自分自身に対して感じる違和、ノイズ、歪を、ヘヴィー・メタルは拡散させ、我々自身を、今在る形で肯定し、自足させてしまうのである。犯罪的といえば、これほど犯罪的な音楽はない。”


ロッキング・オン1981年1月号掲載記事
ヘヴィー・メタル・ブームはゴミじゃ!!(渋谷陽一)より抜粋。







それが今では・・・あのロッキング・オンに伊藤政則が寄稿し、ロッキング・オンの若手社員がメタルを絶賛。






現状に対してはいくら絶望しても構わない。でも、未来に関しては常に楽観的でいいと思う。
何故なら・・・僕らが意識を変えるだけで、未知の扉が勝手に開いていくからだ。
嘘だと思うなら、80年代のロッキング・オンと現在のロッキング・オンを読み比べてみよう!!
その変革と闘争の歴史が露わになるはずだ。







自分自身の意識を変えない限り、扉は永遠に閉じられたままだ。
時代を変革するのは、いつだって僕らの欲望と好奇心。



それだけは何があっても変わらない。









Song 1 Kiss Alive II Detroit Rock City - APR.2,1977 "BUDOKAN HALL"

夢の浮世に咲いてみな/ももいろクローバーZ vs KISS(YUMENO UKIYONI SAITEMINA/MOMOIRO CLOVER Z vs KISS)

KISS - Deuce - The Midnight Special - 1975

Kiss - Tears Are Falling

Kiss - Who Wants To Be Lonely

Kiss - Love Gun 2006 Live Video

Kiss - Cold Gin Live 1975

KISS - Black Diamond - The Tonight Show Starring Jimmy Fallon - 11/04/2014














トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog