プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ここからまた歩き始める・・・あなたに出会えるその日を待ち焦がれながら。 Nov 21, 2017
素敵な人に出会えたら、その日一日が宝石のような輝きに包まれる!! Nov 19, 2017
いつかきっと願いは叶うはず!! だから信じよう。明日という名の輝きを・・・ Nov 17, 2017
モッズ魂よ・・・永遠に!!  Nov 15, 2017
そう。お前はお前のやり方を見つけろ!! Nov 13, 2017

2014.12.06    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   結局有権者自体が覚醒しなければ何も変わらないままだということですよね


パンクの疾走感とドラマチックな様式美!! 


これぞ80年代メタル・・・


Iron Maiden -- Phantom of the Opera




マーシャル3段済み!! 2バス・ドラム!! キーボードの要塞!! タンクトップにスパッツ!! 壮大でドラマチックな展開!!

80年代メタルの様式美炸裂!! で、ございますっ。


BRAND NEW AGE / SHINJI&CRISIS(128Kbs)







「ろくでなし子」再逮捕は不当? ネット署名、抗議...アート関係者から異論続々
2014/12/ 5 17:36


http://www.j-cast.com/2014/12/05222581.html



オルガスムスをアートに昇華・・・


Kiss Kiss Kiss - John Lennon & Yoko Ono (Remastered 2010)




膣とかヴァギナと叫んでもはわいせつとは認定されない。けれどお万個と叫ぶだけでわいせつと認定されてしまうへんなくににっぽんっ。

歌詞の中ににっぽんとということばがあるだけで右翼だとか軍国主義だとか言われてしまうへんなくににっぽんっ。

椎名林檎 - 『NIPPON』





投票する前から自公政権過半数維持と喧伝されているのにも拘わらず、だからこそ投票に行きましょうと呼びかけるへんなくににっぽんっ。

オリンピックの招致に成功すれば、経済が潤い、未来はバラ色だと言い張るへんなくににっぽんっ。

おちんちんも万個もただの生殖器に過ぎないのに、どうして一生懸命に隠そうとするんだろ。へんなくににっぽんっ。

隠そうとすればするほど己自身の好奇心と想像力はどんどん研ぎ澄まされていく。それが全ての性犯罪や差別の温床だということにどうして気づかないんだろ。へんなくににっぽんっ。

いくら己の恥部を隠そうとしても、全部丸見えだということにまるで無自覚。へんなくににっぽんっ。

玉袋筋太郎という立派な名前があるのにどうして天下の国営放送に出る時だけ玉ちゃんなんだろ。そんなに自分の名前が恥ずかしいのか!! へんなくににっぽんっ。

満子や漫子や万子という名前はきらきらネームとは呼ばないのかっ。へんなくににっぽんっ。

普段は井の中の蛙。傲岸不遜にふるまう日本人。なのにふと海外に目が向いた途端、低姿勢になって日本人の美点だけを執拗にアッピールし続けそんな私を理解してくださいと卑屈に頭を下げ続ける。そんなに自分に自信が持てないのか? そのくせ地震は怖がるんだよね。へんなくににっぽんっ。

未だ年も明けていないというのに来年の花粉の飛散量を喧伝して大騒ぎしているクソ馬鹿うるさいメディア。ほんとへんなくににっぽんっ。

まだ選挙戦は始まったばかりなのに、自公政権圧勝と喧伝し、国民の意思を萎えさせるメディアも大馬鹿だけど、それにのせられて投票に行かないのはもっと大馬鹿っ。



英国ロックを代表する偉大なロックンロール鍵盤奏者が天に召された・・・
職人!! イアン・マクレガン。
合掌。


The Faces - I'm Losing You






死にたいと思う奴は死なないのに死にたくないと思う奴が死んでいく。きっとそれはこの世の真実。

もっと自分自身をしっかりと見つめたうえで、世界を眺めれば、この国はもっと世界から愛される国になれるのに、どうして気づかないんだろ。へんなくににっぽんっ。


先日、ツイッターを眺めていたら素敵なツイートに遭遇。




以下にその素敵なツイートを引用させていただきます。



“あきたけジョーコッカー @takudylan2
90年のストーンズ最終公演後友人と呑んだ帰り道 ジギー森重さん見かけ 「お 森重だ」と言ったらw「知ってんの?男に声掛けられるのうれしいなぁ」と友人含めしばしストーンズ談義 森重さんは同行の女性を待たせてw いい人だなぁと 森重さん「男にもどんどんライブきて欲しい」ってこぼしてた”


“あきたけジョーコッカー @takudylan2
そして サイン貰おうと ストーンズのチケットの半券出したら「ストーンズの半券に俺なんかのサインでいいの?」ってすげえ謙虚な態度にあのマイケルモンロー風
デーハールックス覆す発言に感激したよwただのストーンズ好きの一般人に対しての対応に好感度アップしたよ酒がはいってたかもしれんがw”


“あきたけジョーコッカー @takudylan2
バンドマンだって元はただの音楽好きなんだよw 勝手にポーズ作るのは構わんが今はどうか知らんがw 森重さんの印象はあれ以来ずっと好印象のまんま”



プライベートだからこそ、その人の普段の生活態度や信念みたいなものが露わになりますよね・・・


ロックンロールは生き様っ!!



誰もが誰かを求めてる・・・


Bruce Springsteen - Hungry Heart





俺は俺の人生を生きる・・・それは誰にも奪えない。奪わせない。


森重樹一(ZIGGY) /ROCK & ROLL SiNGER [PV]





全ての人を満足させる政治などありえないし、全ての人を満足させる政策などありえない。物事には常にリスクが付きまとう。それらを踏まえたうえで、何を最優先すべきか。何が必要で何が要らないのか。それを争点にしないと、さっぱりわからないまま未来が勝手に動き出す。

仕事とは、何か?
何か成し遂げる。何かを手に入れる。そのためのツールであるべきだと思っている。そこに遣り甲斐だとか生きがいだとかを求めすぎると本質を見失う。何かを手にするためには何かを失う。それは最低限の決まり事。





個々に与えられた唯一の権利である投票権を行使してもこの国は何も変わらないのだろうか?
いや、僕はこの国の未来を変えるのは最終的には個々の有権者のバランス感覚だと思っている。たとえば体制に異議を唱える人たちがそれぞれバラバラに野党に投票するだけでもいい。現政権は揺らがないかもしれないが、地鳴りや地響きは起こせる。それは必ず、未来に影響を与えるはず。

政治家を覚醒させるには、結局有権者自体が覚醒しなければ何も変わらないままだということ。それでもいいのなら仕方ない。未来は私達の望むとおりに変化する。





生きている限り生かされている限り、この生きるという病からは逃れられない。ならば死ぬまでこの厄介な病と寄り添っていこう・・・

King's Rock'n Roll - RED WARRIORS




M-385





だから、この夜を突き抜けよう・・・



JOHN LENNON & ELTON JOHN live Thanksgiving day, 28 nov 1974 (from a tv movie, not the real guys!)





明日もまた夢を追いかけたいから。








Iron Maiden -- Phantom of the Opera

BRAND NEW AGE / SHINJI&CRISIS(128Kbs)

Kiss Kiss Kiss - John Lennon & Yoko Ono (Remastered 2010)

椎名林檎 - 『NIPPON』

The Faces - I'm Losing You

Bruce Springsteen - Hungry Heart

森重樹一(ZIGGY) /ROCK & ROLL SiNGER [PV]

Small Faces - Itchycoo Park (1967) 0815007

King's Rock'n Roll - RED WARRIORS

JOHN LENNON & ELTON JOHN live Thanksgiving day, 28 nov 1974 (from a tv movie, not the real guys!)















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog