プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
この世の中に、 裏表のない人間など果たして存在するだろうか? Jun 26, 2017
生き方は自分で選べる。人と較べるよりもあなたはあなたの生き方を貫こう Jun 25, 2017
どんなに離れていても互いの心はいつも寄り添っている Jun 24, 2017
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
世界は・・・今日もきみの寝顔をやさしい吐息で包み込む Jun 21, 2017

2014.05.13    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   体制に寝返るのはロックじゃねえっ、ロックは労働者階級の音楽だっ


ジュンスカ宮田 不適切表現を撤回…観客に激怒「二度と来るな」
スポニチアネックス 5月12日(月)16時57分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140512-00000114-spnannex-ent



“11日は弾き語りツアーの最終公演(東京・渋谷)。午後7時半に「ありがとう渋谷!」と感謝の気持ちを示した2時間半後、突然「最前列に二度と来てほしくない2人がいました!ライブの雰囲気をぶち壊す奴は来なくていいよ!たとえファンでも!ムカつきが止まらない!とにかく二度と来るな!」と激怒し始めた。

 観客のマナー違反があったようだが、詳細は不明。その後も怒りは収まらず「死ね!」「ぶっ殺す!」の物々しい発言も。

 「ライブの空気をぶっ壊す奴は来なくていいよ!とにかく!いらない!チケットなんか売り切れなくていいんだ!その日を分かち合える楽しめる奴と楽しみたい!最前列のキップなんてクソだよ!最高な音楽の響きは最前列じゃない!最前列にしか価値を見出せない奴はもう来なくていいよ!俺はアイドルじゃない!」

 「俺は譜面台で気づかなかったけど、メンバー一同がかなりそのクソみたいな態度に困っていて俺的はお前ら2度と来るなって感じ!お前らいつも来てる奴らだから分かるぞ!もう二度と来るな!」などとぶちまけた。”








その気持ちはすごくよくわかる。正論だ。
でも、正論が排除されるのが世の中。



大久保「ウォー」車中で朗報 - Y!ニュース


http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/yoshito_okubo/?id=6116505


大久保佳代子だと思った。(笑)





ポール武道館10万円席が瞬く間に売り切れ
日刊スポーツ 5月12日(月)6時10分配信




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140512-00000005-nksports-ent


“チケットの対面販売は全国のキョードーグループ8カ所で、午前10時から一斉に始まった。東京・表参道のキョードー東京チケット特設販売所に訪れたのは約1000人。うち販売開始前までに、500枚以上の整理券が配布された。同所では販売開始と同時に、最高額10万円のアリーナ席に人気が集中。瞬く間に予定枚数に達し、販売を終了した。”




ほらねっ。言ったとおりでしょっ。(笑)








たぶん、ポールも、そして、湯川さんも、天然なんでしょうね。
世間の規範からは遠くかけ離れた世界の住人。
よくいえば天真爛漫。
そう考えてしまうと、今回の件に関して腹も立たない。(笑)
世の中いろんな価値観があって、ホントおもしろいです。







ポールの初来日の時、僕は東京ドームに並んで当日券を手に入れた。
その席は、PA卓に遮られてステージが半分しか見えない。でも、あの一体感と高揚感は、ライヴだからこそ得られる熱狂と興奮だった。
今回のポールの来日公演も、若い人たちに是非、体験してほしい。
“本物に触れるチャンス”って、人生の中でそうそう訪れない。








海外アーティストの来日公演チケットは、全て一律一万円以内に抑える規約を作るべき。
それが若い人たちの音楽に接する機会を増やすための契機になる。そう思う。
もしかしたら、渋谷陽一や松村雄策は、「10万払っても観に行くのが正しいロック・ファン」と言うかもしれない。山崎洋一郎は、「借金してもゲットしろ」と言うかもしれない。でも僕はそう思わない。体制に寝返るのはロックじゃねえっ。ロックは労働者階級の音楽だっ。








もしもオアシスがポールの立場だったなら、武道館公演のチケットを1500円の価格にできたと思う。
あいつらならやりかねない。







ロックは権力や体制に対して徹底的に抗戦し反抗の姿勢を表明するための音楽。
でも今はそうじゃねえ。なぜ弱者を守ろうとしないんだっ。それって違うだろっ。表向きは誰もが平和を満喫して誰もが幸福を享受しているように映る。でも、その陰でどれだけの人間が抑圧されているか、誰も気付こうとはしない。自分も含めて。







そんな世の中のシステムを変革するパワーを生み出していくことがポップ・ミュージックに与えられた大切な使命なんだ。僕は心の底からそう思う。











JUN SKY WALKER(S) 歩いていこう (PV)

Paul McCartney & Wings - Venus & Mars/Rockshow/Jet [Live]

Paul McCartney & Wings - Let Me Roll It (Live)

Paul McCartney & Wings - Letting Go 720p (Live Rockshow )

Oasis - rock 'n' roll star - familiar to millions (dvd quality)

John Lennon-Power To The People-Offical Video-HQ

John Lennon - Instant Karma-Offical Video-HQ









ジュンスカ宮田の暴言(?)、ポールのアリーナ席10万円、矢沢の若い人とバンドを組み地方行脚・・・何にも問題ない。
いつも騒ぐのは周りのヤツら。
芸術っていうのは安穏と暮らしている人々に刺激を与える潤滑剤のようなものじゃないかな?
犯罪でなきゃ何にも問題ない。
芸術家が自由にふるまう姿を凡人は見て、喜んだり、嫉妬したり、あこがれたりと。
それでいい。
世の中の真実なんてどうでもよくて、ありのまま生きる姿を演じることこそロックなんじゃないかなと思うわけです。
漫画「美味しんぼ」の表現もまさにそれであり、なぜに新聞が騒ぐのか?
放射能のことを知らない人はいない。だけど放射能の内部被ばくって人間にどんな影響を及ぼすのか?正確に知る人はいないし、専門家でさえ意見が分かれている。
でも政府の見解は「問題ない」という。
いまどき政府の見解で納得する国民は少ないだろう。
何の根拠も示していないのだから。おまけに原発問題の根本を作り上げたのは政府なのだから、政府の言葉に説得力がないのは当然じゃないか?
第三者的な人が意見しない限り、決着はつかない。
3年以上も被災者の一部を仮設住宅に押し込めておきながら「復興」という政府。
あーあって感じかな(苦笑)
ochiochiさん

なるほど。たしかにその通り。
ひとりひとり、物の見方、感じ方が違う。だから世の中おもしろいわけです。
何が正しくて、何が間違っているか。
そんなことは実はたいした問題じゃない。
様々な価値観に触れて、自身の心が揺さぶられ刺激されることで、人は生きていることを実感するわけですよね。
寧ろ、政府が国民を一つの価値観で縛ろうとすることの方が遥かに深刻な問題。
なぜなら、一つの価値観を浸透させることで、国民を一つの方向へと導くことが可能だからです。
全ての芸術は、能動的思考を促すために存在する。あなたはこう思う。僕はこう思う。それで何も問題はない。あとは、それを受け止めた自分自身が、未来に向けてどう生きるかということ。(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog