プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017
きみのとびきりの笑顔をいつまでも眺めていたいだけなんだ・・・ Aug 13, 2017
うん。 生きるって素敵なことなんにゃあ~~~~~~!! Aug 11, 2017

2014.04.11    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   過程を楽しむことができない人は、最初から科学の世界には立ち入らないほうがいい


小保方氏会見:1月末以来公式の場に
毎日新聞 2014年04月09日 13時09分(最終更新 04月09日 15時45分)



http://mainichi.jp/select/news/20140409k0000e040187000c.html












様々な研究所を渡り歩き、常に孤独で、だからその必然として、誰の助言も受けず、全てにおいて我流だったことを会見に於いて吐露した小保方さん。研究者としては大失格だけど、その怒パンクな生き方には共感できるものが多々ありました。








STAP細胞の存在を様々な実験データから立証できないのならば、それは意味を成さない。それが科学の世界に於ける基本だと思うんですよね。世界中の科学者が何故、凌ぎを削って研究を重ねるのか?それは私達の未来を今よりも素敵な未来にしたいから。ひとつの研究成果が様々な用途に於いて汎用可能になったとき、初めて科学は私達の生活と身近に繋がる。研究データは、その過程をわたし達にも理解できるように論理付けしたものであってほしい。これを機会に、全ての科学者は、未来に向けた検証と実践の繰り返しの過程こそが科学の本質であるという基本に改めて立ち返ってほしいと思います。







正直な話、STAP細胞が実在するか否かについて議論を繰り返すことは、殆ど無意味。その存在が、様々な検証データから立証されなかったら、再びゼロから始めればいいだけの話ですものね。その過程を楽しむことができない人は、最初から科学の世界には立ち入らないほうがいい。






たとえば・・・





ヴィヴィアン・ウエストウッドとおねーさんとかっぽーぎにしか興味が向かわねー最低な奴とか。(笑)











それっ、おれですけどっ。




失礼しました。(笑)














Progress スガシカオ with Bank Band LIVE

アンジェラ・アキ 『HOME』

アンジェラ・アキ 『手紙~拝啓 十五の君へ~』

Hole - Celebrity Skin

チャットモンチー 『満月に吠えろ』













こんばんは。
電気自動車は自動車が開発されたその当時から存在していた技術です。
しかし電気自動車が作られてしまうと石油メジャーが困る。
そこで資本のある人たちは、そういう有意義な技術を裏から手を回し、情報を操作し、一般人を洗脳し、さも正当性があるように仕向ける。
恰(あたか)も消費増税が正しいなどと民主党のやったことをあっさり自分のものした自民党のように。このバックには財務官僚がいる。
小保方氏も同じように何かの圧力によって、消し去られようとしているのでは?と私はそんな目で見てます。
有能な政治家・田中角栄を殺したように、優秀な頭脳をこの国は片っ端からつぶそうとする。

税金の高い国からは、有能な企業も頭脳も逃げてゆく。

官僚や公務員はお得な話でも長い目でみたらとても損なお話。

そこまで見越して税金はかけないとね。
少なくとも品目別課税をすべきだった。

アベノミクスで唯一、喜ばれたのが株高。
その神通力も崩れ始めた。
靖国参拝など国際社会のルールを汚すようなことを国家元首がやったのだから、盟友アメリカにもソッポを向かれる。
韓国には軍事援助しないなどと幼稚な発言をする始末。
これまたアメリカを困らせる発言。
国際社会のイロハがわからない人たちがあまりに多すぎて、これじゃ日本はかつて孤立化して戦争に手を染めざるを得なかったような事態と同じ状況が生まれる可能性が出てきている。

マスコミがバカでもいいが、せめて国民はまともな感覚を持っていたいっものです。
10年先、100年先を見据えた大局観の持ち主がいたとしても、それらは見えない圧力によって、片っ端から潰されていくとしたら、こんな悲しいことはありません。
どんな小さなことにも興味を持ちそこに夢と希望を見出す教育を施されても、大人になる過程で、いつのまにか萎んでゆく。そんな国に一体誰が未来を託したいと思うでしょうか?
少子高齢化、晩婚化、孤立化、それらが複合的に絡み合って、この国を根底から崩壊に導く。そんなシナリオは着々と進行しています。
そこに希望を見出すには、いつも物事を逆算して捉える癖を身に付けることが大切。こうすればこうなるのならば、いまこうすることが未来へ繋がる。
そんな絶望からの出立こそ、希望の鍵になると思っています。
いまが未だ未来だったころを思い出そう。
いまが過去になって取り戻せなくなる前に、未だ未来のうちに、しっかり取り戻しておこう。
♪ 出来るだけ離れないでいたいと願うのは出会う前の君に僕は絶対出会えないから
今もいつか過去になって取り戻せなくなるからそれが未来の今のうちにちゃんと取り戻しておきたいから
宇宙飛行士への手紙
作詞 藤原基央
作曲 藤原基央
唄 BUMP OF CHICKEN

つまり、そういうことですよね。

・・・(笑)。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog