プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
世界は・・・今日もきみの寝顔をやさしい吐息で包み込む Jun 21, 2017
この世界は弱い者たちが流す悲しみと諦めの泪でできてるのかな・・・ Jun 19, 2017
メディアの力に頼ることなく、音楽ファンの 絶大な信頼を勝ち得たロック・バンド Jun 18, 2017
どこにも属さない。 どこにも混じらない。 だから空気なんか読む必要も無い。 Jun 16, 2017

2013.12.14    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   アベノミクスにはどんな哲学が込められているの?


市民デモをテロと断定する石破茂もどうかと思うが、国会論戦を新日本プロレスのリング上と勘違いして近所のおばさんパワーをさく裂させる福島瑞穂もどうかと思う。
冷静に自身を省みることはないのか?







他者の振る舞いを鑑として自身を戒めることもなく、自身と異なる価値観を徹底的に叩き潰すことしか能の無いなんちゃって左翼やなんちゃって右翼に支配される我が国の政府。
つくづくおめでたい。






作詞/作曲:Fripp, Mcdonald, Lake, Giles, Sinfield
日本語詞:安井かずみ




税制には、その国の哲学がある。
高福祉高負担ならば、互いが互いの未来のためにリスクを共有するという哲学が透けて見える。

低所得層からは搾り取れるだけ搾り取り、富裕層は消費活性化に貢献するから、税制面における優遇措置を受けられる。
一体、そこにはどんな未来ビジョンがあり、どんな哲学があるのだろう。







英語での授業、中学から 職員の英語力も公表
文科省が教育改革計画 2013/12/13 11:34



http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1300X_T11C13A2CR0000/








国際社会で通用する人材を育成するという目的のために、原則として中学の英語の授業は全て英語で行うことを政府が決定したようだ。
これによって、ますます英語嫌いが増えるような気がするのは気のせい?


真の国際感覚を養うのが目的ならば、まず多様な価値観を身に付ける方が先なのでは?
政府のやることは、いつもとんちんかん。


語学力のみが完璧に身に付いたとしても、その結果として頭でっかちの内弁慶が大量に生産され、それらが海外へと輸出されたときいったいどうなるのか?
興味は尽きない。








子どもは国の宝。
だから社会全体で支えよう。
その価値観が根底にあるにも拘わらず、なぜ育児放棄や幼児虐待が後を絶たないのか?
個として自立できない人たちが、勝手に子どもを産む。
あとはなにが起きても社会のシステムに責任を押し付けて一件落着。









街に溢れている多様な価値観を目で見て感じて自身の中で噛み砕く作業を怠った社会には、決して素敵な未来など訪れないことを肝に銘じよう。









そのまえに国家は沈没するけどね。









KING CRIMSON - EPITAPH (1969)

フォーリーブス(北公次) - エピタフ

Luna Sea - Rosier (Live Tokyo Dôme 2007)

LUNA SEA THE ONE crash to create

Queen - 'Bohemian Rhapsody'

The Verve - Bitter Sweet Symphony

Sex Pistols - God Save the Queen (Studio)
















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog