FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ロックンロールは・・・この理不尽な世界でみっけた最後の希望の証!! Apr 07, 2020
世界はあなたを・・・忘れない。音楽と笑いはいつの世も人生の大切なエッセンスだから。 Apr 06, 2020
現状に不満があるなら、互いの知恵を出し合ってみよう。それが互いの未来を育むエネルギーになる。 Apr 03, 2020
誰かの意見を非難したり批判する暇があるなら、互いの知恵と勇気をいまこそこの役立たずの世界のために・・・ Apr 02, 2020
こんなときこそ・・・愛し愛され生きるのさ!! Mar 31, 2020

2007.07.16    カテゴリ:  ポップス 

   「WE ARE THE WORLD」


「WE ARE THE WORLD」。
当初、世界に向けてのメッセージとしてこの曲がリリースされたときは、何故? これだけ主義主張も異なる人間同士がひとつの目的意識の下に集うことによって、音楽と言う名の神秘的パワーを生み出せるのか?



正直な話・・・理解できなかった。




ひとは所詮、利害関係のみで繋がるものだと・・・
醒めた眼で、世の中を眺めることしか出来なかった。



欧米人の場合、基本的にチャリティーの精神が、生活の中に根ざしている。社会の中で様々な恩恵を受けて幸せを享受しているからこそ、それを社会に対して還元する行為は、ごく当たり前のことでしかない。
日本人がチャリティーからすぐに連想するのは、金持ちの偽善行為。
しかし、阪神大震災以降・・・
この世は、誰もがごく普通に支えあって生きているという事実に、皆が、気付いたのだろう。


にも拘らず、何故? 日本では音楽を媒介としたチャリティーが根付かないのか?
様々なチャリティー・イヴェントは過去にも行われてきたが、点が線として繋がることは決して無かったような気がする。
矢沢、長淵、ユーミン、五木ひろし、北島三郎・・・等々がひとつの目的意識の元に集うことなど決して有り得ないだろう。(笑)


日本のポップ・ミュージックの歴史は欧米に比べ、まだ浅い・・・
そう! 老若男女が普通に楽しめる音楽が未だ、存在しないのだ。


「WE ARE THE WORLD」。

この曲に限らず、優れたポップ・ミュージックは、何故・・・ひとの心を揺さぶり、震わせるのか?
主義主張の異なる自立した存在としての“インディヴィジュアリスト”達。
本来アーチストは何物にも従属せぬ自立した存在であるべきだ。それらが、一同に会してひとつのメッセージをひとつの唄に託すとき、そこに生まれる音楽の神秘。チャリティーという行為そのものが世の中の変革に有効かどうかは兎も角、そんな音楽の持つ神秘性を、信じてもいいと思った。









we are the world











ん~懐かしい曲!
と思いや、riamnさん節炸裂(笑)。
私、この曲はとっても大好きです。
この曲のビデオも相当回数観てます。
日本では、確かにまだまだ音楽の力は残念ながら少ないかな?
何故だろう?私には分からないです。
でも、たとえば、故・坂本九さんの、世界でも有名になった
「上を向いてあるこう(外国名:スキヤキ)
この曲を今日のこの新潟中越地震の方々と共にせめて歌えたらと思う私なのです。そうそう、日本では「上を向いて歩こう」!
これが老若男女問わず肩を寄せ合い歌えないものかと?
riamnさん!提案です♪
「上を向いてあるこう」
この曲をriamnさん節でupして欲しいな。。。。
「上を向いてあるこう」
そう!
この曲がありましたねっ。
どんな境遇に遇っても・・・
明日に願いを託そう!
だから上を向いてあるこう。
涙が零れないように・・・

こんな力強いポジティヴ・メッセージを託した唄が
この国には存在したんですよね。
ありがとうございます。
日本でも農業が盛んだった頃、歌は祭りとともにしっかりその地域に根をおろし、文化となっていました。
今でも決してなくなったわけじゃないと思うけど、情報化社会の発展とともに、また異文化がどんどん入り、日本人もそれまでの「祭り」に意味を見出すことが難しくなったのではないでしょうか?
社歌では・・ちょっとね(笑)
社歌のない企業もたくさんあるし。
イギリスにしてもアメリカにしてもアフリカという国は、私たち日本人には想像もつかないくらい意味のある国だと思われます。
あれほど欧米のモノマネ大好きの日本人が、アフリカの救済に立ち上がらなかったのか?そのことこそ一番の不思議でした。
We are the world、確かによい曲です。しかしその底流に流れているその歴史の重みが、きっと当時、いくら小田、松任谷、財津、その何年か後の桑田やミスチルが頑張ったとしても肝心要の部分が欠けていては、訴えるものが当然に違ってきますよね。

そうは言っても、いつの日か音楽でひとつの世界にまとまれたらどんなに素晴らしいことか、夢見ています。
この曲にまつわるドキュメンタリーを中学の時、授業で観ました。
凄く豪華な面子以上に、そのチャリティー精神に胸を打たれたのを覚えています。

日本では、どうなんでしょうね。
確かに音楽界総出でこういった曲を出すというのは、今の現状では絶対にありえませんね。
なんか、演歌界、JPOP界、ロック界諸々で独自の派閥が出来ているような。
それが取り除くことが出来たなら点と点とが一本の線で繋がれるんでしょうね!
この曲を始めて聴いたときは、特に音楽に興味がなかった頃なのでさほどの衝撃は出なかったものの、今ではすごすぎるメンツで驚きです。
多くの人種がかかわっただけあっていい曲ですよね。

日本では、ほとんどが商業的な活動が多すぎる。
昔のように、人が感動し合える曲、共感しえる曲が少なくなってる気がします。
「あのすばらしい愛をもう一度」や
annieさんが答えた 「上を向いてあるこう」など、
感動あふれる曲は、日本で多く存在するはず!!
平和ボケしてる日本で、「WE ARE THE WORLD」ほどのすばらしい曲が生まれるのは、難しい事だと思います。多分
日本は世界のことをきしってるのに、自分たちの国に事を知らない人が多いいと思います(自分もその一人)

ただ、自分は世界の現状を知るのが苦手です。ニュースも。
政治やら、殺人やら、戦争やら、そうゆのを知るのが嫌いです。
世界の現状を知るのはいいと思いますが、自分はのほほんと暮らしたいですねー。
ochiochiさん

確かに歴史の持つ重み・・・
真に当事者として自らの痛みとして捉えることが出来るかどうか
といったら、恐らく何故、アフリカを救わなければいけないか?
肌身で理解しろと言っても無理だったかもしれないです。
それにしても、やはり音楽のパワーは、主義主張の柵から遥かに遠い地平でいつも微笑んでるのかもしれない。

もり侍さん

ポップ・ミュージックの歴史の重み・・・かもしれないですよね。
政治的な柵を捨て去って(笑)、ひとつの音楽を共有することが出来れば。決して不可能ではないかもしれない。
でも、元々音楽の原点はやっぱり祭りだから!祭りは老若男女が踊り狂って盛り上がれるわけだから・・・“祭りグルーヴ”って音楽の根源的パワーを象徴してますよね。ソウル・フラワー・ユニオンが一番いい例かもしれない(笑)。

丸場盆山さん

うん、世界を救う以前に自らの足元を見詰めなおせよ! ということですね。いまの若い世代は、音楽の根源的パワーが理性を凌駕して魂を揺さぶると言う意味をきっと、肌で理解していると思います。くるりやソウル・フラワーであれだけ盛り上がるんだから(笑)。

人々がのほほんと暮らせるように・・・其の為に音楽はいつも、そばに寄り添ってるんだから(笑) 
ですよね。
おはようございます!
何度聴いてもいい曲ですね。この曲は確か1985年リリース。
私が20歳の頃でした。USA AFRICAに出ている皆様のそうそうたるメンバーも去ることながら、日本の音楽界が今も尚、商業的な部分が多いことに落胆している自分もいます。
riamnさんが有難い映像を提供して下さり、本当に感謝しています。
日本もそうなることを、目の黒いうちに(苦笑)夢みてます。
ochiochiさんと同じかな?w
最初はこの奇跡のメンツにため息漏らしてただけなのに、いつのまにかだんだん・・・・じわじわと!
じぶんがこの音楽の渦に飲み込まれていくんですよねっ(笑)。
只・・・只、音楽なのに
只・・・只、その渦に自らが飲み込まれていくのは
とっても素敵ですよねっ。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog