プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017

2013.11.28    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   特定秘密保護法って、なんなんだっ?


特定秘密保護法案可決に対して何か懸念があればお聞かせください。
「特にないです」

じゃっ、特定秘密保護法案に賛成ですか。
「べつに」

特定秘密保護法案に関してあなたは全く無関心なんですか?
「なにが特定秘密なのかぜんぜんわかりませんから、こたえようがありません」






M-284




みなさん、今日はどうもありがとうございました。


こんなわたしですけど、


なにか?







M-285




「知る」権利だけでなく、「知られない」権利さえも奪う「秘密保護法」
2013.11.26 23:52


http://ro69.jp/blog/shibuya/92849

“この法律が成立すると、我々国民のありとあらゆる情報が国家に知られることになってしまう可能性が高い。”







M-286




わたしがきょうしつでおしっこもらしたことが特定秘密になったらそれをみんなにもらしたけんじくんを法律で罰することができるんですか?

秘密なんてもれるためにこそ、そんざいするんだから、隠そうなんてさいしょっから思わないほうがいい。
そう思わない?

言いたいこと言いきれたかな?
いやまだまだ・・・



「秘密保護法」のどこが問題なのか?
2013.11.27 17:26


http://ro69.jp/blog/shibuya/92894

“秘密の定義が曖昧なので、政府が勝手に秘密を決めてしまい都合の悪い情報は全て隠してしまう。
海外では、定義を厳しく決めた上で、第三者の監視機関を作っている。「秘密保護法」では定義を曖昧にしただけでなく、首相答弁では自らが監視機関を作るとむちゃくちゃなことを言っている。第三者でなければ意味がないのは言うまでもない。
しかもその機関をどう作るかも何も決められていない。
秘密にする期間も30年が60年に延長されてしまった。責任者の寿命を考えると、生きているうちに責任をとらされる恐れがないということである。つまり永遠に秘密に近い期間だ。これも言うまでもないことだが、国際的にみて60年なんて期間設定はほとんどない。
とにかくどさくさ紛れで作り、通してしまった法律なのである。”




M-287




みんなに隠したいとても恥ずかしいことを秘匿するための法律の意義をいったいどうやって、未来を担うこどもたちに伝えればいいのだろう。


みんなも隠したいこと、いっぱい、あるよね?
知りたいことも、いっぱい、あるよね?

でも、この法律が可決されると、みんなが知りたいことも、みんなが知らせないでほしいことも、偉いひとたちがきみたちになんのそうだんもせずに勝手に決めてしまうことができるんだよ。

そんなの、とても不公平だよね?







日本の政治に求められるのは、確かな反対勢力
2013.11.27 20:16


http://ro69.jp/blog/shibuya/92917

“今回、このような形で「秘密保護法」が衆議院を通過してしまったのは、どのメディアも指摘しているとおり、野党がまっとうに機能しなかったからだ。
国民の半数が反対する法案が、しっかりとした審議も修正もなく、与党の思い通り、ほとんどの野党も賛成に回る形で衆議院を通過してしまったのは、国会が一種の機能不全に陥ってしまったように見える。
野党が、健全な批判勢力としてチェック機能を果たしていないのだ。
国民世論が、国会と同じように圧倒的多数の支持をこの法案に与えているなら仕方がないが、どの世論調査を見てもそんなことになっていない。
今回、みんなの党や維新の会、そして自民党からも造反する議員が出た。この採決強行はひょっとしたら新しい政治勢力を生むきっかけになるかもしれない。
というかならなければ日本の政治に未来が見えない。昨日、藤原さんにお話しを伺ったとき、権力が奢った行動に出ると、その権力に綻びが生まれることが多いのは、歴史が教えているという話が出た。これからの動きを注目したい。”







M-288




なんだかわからないうちに勝手に決まってしまう法案など私達は望んでいない。
本当に望んているものは、互いの価値観の相違を乗り越えた先にある素敵な未来であり、皆が共有できる提案だ。
それが法治国家の本来有るべき姿だと思う。
国家の機密事項の漏洩を防ぎ国益を守るための法律がいつの日か形骸化し、私達の生活を政府の手で統制管理する法律へと移行しないようにするためにこそ議会制民主主義は存在するのだし、そのように機能すべき。


でもそうならないとしたら、それも、私達が望んで犯した罪なのか?







新聞を眺めていたら、ある新刊本に関するこんな広告が載っていた。



「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人
慶應義塾大学医学部放射線科講師
近藤誠 著
(幻冬舎刊)



“「本物のがん」で長生きする人の養生訓
毎日好きなものを食べ、酒も甘味も楽しみ
カロリーや血圧を、細かく勘定しないで
よく楽しみ、出歩き、そして安眠し
ひとり気ままにすごせる
時間と空間がある
がんや不調があっても、年だものとつぶやき
手術と言われたら、切りたくないと言い
ワクチンも抗がん剤も
副作用がイヤだと拒み
どこかで倒れても
救急車を呼ぶなと言っておく
いよいよのときには、ありがとうと笑い
そういうふうに、わたしは死にたい






M-290




「がんもどき」で早死にするひとの養生訓
メタボと言われれば、ダイエットに励み
高血圧、高血糖と
言われれば
薬を欠かさず
寒いときも
野菜ジュースを飲み
みんなにマジメと言われ
がんになったらとことん闘いぬく
そういうふうに、わたしは生きたい”



M-291






樹木希林さん告白で注目「全身がん」って何?
THE PAGE 11月28日(木)10時48分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00000004-wordleaf-hlth


 “樹木さんは、2004年に乳がんとなり、翌年右乳房の全摘出手術を受けました。2007年には同じ場所でがんが再発し、その後は放射線治療を受けていたのですが、3年くらい前にはガンの転移が確認され、最近では副腎にも大きながんが確認されました。現在ではピンポイントで放射線治療を実施しているそうです。

 自身のがんは治らないということを受け入れ、死を覚悟したという樹木さんの発言は、賞賛すべきものといえます。というのも、日本ではがんをはじめとする重大疾患に対する社会の理解が乏しく、一部では差別の問題も発生しているからです。

 最近は医学の発達で治療成績も上がってきましたが、がんは基本的に治りにくい病気です。医学の世界では、がんは完治と呼ばず、寛解(かんかい=とりあえず病変が見えなくなった状態)と呼ぶのですが、それは一部のがんを除いて本当の意味で完治させることがなかなかできないからです。”




自分の生き方は自分で選びたい。
誰かになにかを強制されたくない。
それだけは、守り抜きたい。






Sawajiri Erika

03 - 風に吹かれてみませんか.wmv

05 - 籠の鳥.wmv

02 - Wasted.wmv

06 - Natural Vibration.wmv

07 - You're Like A Doll Baby.wmv

08 - Shinin' You, Shinin' Day.wmv

The Verve - Bitter Sweet Symphony

















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog