プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017

2013.10.05    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   どんなに努力しても、あの素敵だった時代にはもう戻れない


これまで8年間使い続けてきたノートパソコンがついに壊れてしまった。


いずれにせよ来年の4月が来れば現在使用しているWindowsXPのサポート期間が終了してしまうので買い替える良い機会だなと思った。








http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/sp3eos.aspx


ところでWindows8を実際に購入し使ってみた結果、感じたこと。
それは余りにも使い勝手が悪いという事実であった。
キーボードのタッチもこれまでと違いすぎる。
システム全般がより利便性と快適さの向上を追及する限り、システムに対応できない人間は、その必然として社会の進化から取り残され生き辛くなるだろう。







その結果僕のように携帯もパソコンもまともに使いこなせない人間は、如何に世の中と向き合っていけばいいのか?








とりあえず、時代の進化と真摯に向き合い、探求心と好奇心を失わず切磋琢磨を心掛ければそれでいいのだろうか。そのためには気の遠くなるような労力と忍耐力が必要とされるだろう。










10月5日の読売新聞朝刊紙面にこんな記事が載っていた。

"給食に笑みを浮かべる孤児。病気の乳児を口づけで励ます女性_。アフリカやアジアの貧民街の暮らしを切り取った写真展を29日から来年1月にかけて、大阪、東京、神奈川で開く。「貧しくても笑顔あふれる日常を知ってほしい」。そんな思いを込めて、約250点を選んだ。NPOの依頼でケニアの貧民街を初めて撮影したのは11年前。一面のバラックに衝撃を受けたが、毎年、足を運ぶうちに見方が変わった。







 母親たちは井戸端会議でケラケラ笑い、子供は街角でサッカーやゴム跳びに夢中になっている。言葉を交わせば「食事はどう」と家に招かれる。
 「エイズ禍や失業問題を抱えながら、だれにでも居場所がある社会に余裕と温かみを感じた」。15の国と地域で撮った写真は5万枚を超えた。„


読売新聞朝刊
顔 スラム街の「幸せ」を撮り続ける写真家
池田 啓介さん(36)


より抜粋。









そうだよなぁ・・・
どんなに努力したとしても、過去の素敵だった時代には二度と戻れないのだから。









森田童子「たとえばぼくが死んだら」

森田童子「さよなら□ぼくの□ともだち」

森田童子 - 僕たちの失敗

椎名林檎 - ありあまる富

東京事変 - 幕ノ内サディスティック

中島みゆき 悪女


















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog