プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ここからまた歩き始める・・・あなたに出会えるその日を待ち焦がれながら。 Nov 21, 2017
素敵な人に出会えたら、その日一日が宝石のような輝きに包まれる!! Nov 19, 2017
いつかきっと願いは叶うはず!! だから信じよう。明日という名の輝きを・・・ Nov 17, 2017
モッズ魂よ・・・永遠に!!  Nov 15, 2017
そう。お前はお前のやり方を見つけろ!! Nov 13, 2017

2013.09.08    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   メタリカのデビュー30周年とへヴィメタル専門誌「BURRN!」


音楽雑誌BURRN!最新号を読む。
表紙巻頭特集はメタリカ。




BURRN! (バーン) 2013年 10月号BURRN! (バーン) 2013年 10月号
(2013/09/05)
不明

商品詳細を見る









紙面を捲ってみたら、
いきなりジェームズのインタビュー記事だ。
担当は、編集長の広瀬だな、と
思いながら読んでみたら、


なんか変だ!!


あっ、これっ、


インタビュアーは元編集長の増田勇一だっ。




生きているとスペシャルな瞬間に
幾度も出会える!!



よく判らない人のために少しお話します。


自分が嘗て在籍した職場から
突然、仕事の依頼が来たと
仮定しよう。
しかも、その仕事を依頼してきた社員は、
嘗ての自分の部下だ。


つまり、これが
現在の増田勇一と
現BURRN!編集長広瀬和生の
関係性だ。
(笑)


さあ、あなたはこのような事態に直面した時、
どのような態度を示すだろう。

嘗て自分が上司として辣腕を振るってきた
元の職場の
同僚たちに対し、
素直に敬意を示せるだろうか。



・・・(笑)




今年はメタリカのデビュー30周年と
音楽雑誌BURRN!の創刊30周年が重なるという
スペシャル・アニバーサリー・イヤー。
(BURRN!の創刊30周年は来年です)


そこで、インタビュアーの増田勇一が
ジェームズにこんな一言。



「BURRN!も創刊30周年なんですよ。祝福のメッセージをひとことお願いします」


・・・


2人の男気を感じる瞬間だった。








これも、
ご存知の方は
少ないかもしれないが、
80年代のパンクの隆盛に
対抗する形で勃発した
へヴィメタル・ムーヴメントは、
様々な迫害も受けてきた。
その片棒を担いでいたのが、
あのロッキング・オン社長の渋谷陽一である。



“ヘヴィー・メタルは、実に後退的で非生産的で、アホらしい音楽である。
ある年令、ある精神レベルの人間にとってはへヴィー・メタルは必要なのだろう。高校時代の僕がそうであったように。ただ、僕が今高校生であったらヘヴィー・メタルには向かわないと思うが。
 とにかくヘヴィー・メタルは存在するし、それを必要とする人間も存在する。それを無視したり否定しても意味がない。我々がしなければならないのは、ヘヴィー・メタルを正確に位置づけ、その事によって葬り去ることである。
 今、へヴィー・メタルは、我々の前に非常に機能主義的な音楽として在る。昔僕は、対症療法的な音楽をヘヴィー・メタルと呼んだが、もはや対症療法的な効果さえも失っている。
 我々が外界、あるいは自分自身に対して感じる違和、ノイズ、歪を、ヘヴィー・メタルは拡散させ、我々自身を、今在る形で肯定し、自足させてしまうのである。犯罪的といえば、これほど犯罪的な音楽はない。”


ロッキング・オン1981年1月号掲載記事
ヘヴィー・メタル・ブームはゴミじゃ!!より抜粋。






・・・(笑)






あれから30年。




マーティ・フリードマンが
語るように、
メタリカの音楽は
時代やスタイルを超えた普遍性を
獲得した。








あの渋谷陽一が
今ではメタリカやジューダス・プリーストの
ライヴへ足を運び、
彼らへの賛辞を
惜しまない。



これは奇跡だ。










だから、
私達は未来へ向けた希望を
捨てるべきではない。



愛とか夢とか希望に


肯定的な意味を与えるのは、私達自身の生き様なのだ。








Metallica - Hit the Lights - Live! Gothenburg, Ullevi, Sweden 2011 -

Metallica - Ride the Lightning (Live, Gothenburg July 3. 2011) [HD]

Metallica - The Four Horsemen [Cliff Em All DVD] HD

Metallica - /Creeping Death/ Live Nimes 2009 1080p HD_HQ

Metallica - Sad But True [Official Music Video]
















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog