プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ふと気づいたら、また 君のことを考えていた・・・ Jul 24, 2017
この世に生まれた命のひとつひとつにみんな意味があるのさ!! Jul 23, 2017
リンキン・パークのチェスターが自殺 Jul 21, 2017
雲の切れ間からあの天使の微笑みが降り注ぐ・・・ Jul 19, 2017
夏休みはいつまでも永遠なんだと思ってた Jul 17, 2017

2013.07.20    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   他者に対する寛容性と他者の言動に無自覚であることは同義ではない


我が国は四方を海に囲まれた単一国家。
それ故に他国からの侵略の脅威に晒されることなく、
他者に対して寛容になれる国民性が醸成されてきたのかもしれない。
仮に今回の選挙に置いて自公が過半数の支持を獲得し、
衆参の捩れ現象が解消された時、
国民はどのような反応を示すのか。
多分、あるがままを受け入れるのではないでしょうか。







原発が停止して電気料金が値上げされれば、
それに反発することなく、節電と節制に努める国民性。
物価が上がれば、
生活のレベルを下げても知恵と工夫で乗り切る寛容性。
それが仇となり、
政府の暴走を誰も止められなくなる。
それどころか何が正しくて何が間違っているのか、
誰も決められなくなる。
それは最早、国家の衰退を象徴する現象に他ならない。







他者に対する寛容性は我が国が世界に誇れる美徳。
それは誰もが認めるはずです。
脱原発を訴えるデモを起こしたときでさえ、
常に自身の行動を抑制し、
他者に対して迷惑な行動や言動は慎んできた。
故に世界でも有数のピースフルなデモが実現した経緯があります。
死者やけが人も無く、
暴動は一切起こらなかった。
これは奇跡です。







だからといって
自分の意思を殺してまで体制に屈服する必要など
全く無い。
寧ろ、自分の意思は
相手に対しはっきりと表明すべきです。
それが相互理解への道筋です。






考えてみると、
我が国のポップ・ミュージックは
震災の後も、原発事故の後も、
体制に対する異議申し立てを一切慎んできた。
ごく一部のアーティストを除いて。







もっと言えば、
そんなこと(体制批判)は
非常にかっこわるいことなんだという
風潮が蔓延した。









ⅩJAPANのYOSHIKIが
『天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典』のための奉祝曲を
陛下の前で披露したことがありました。








ロック・アーティストが
体制への賛意を表明してしまったら、
それはロック・アーティストとしての自殺行為。
多分、清志郎なら、
絶対遣らなかったでしょう。







間違っていることに対しては、
正々堂々と
「くそったれ!!ばかやろう!!このすっとこどっこい!!」
と言うべきなんです(笑)。







人に対して寛容になることと、
全ての物事に対して無自覚になることは
決して同義ではない。
もう1度、私達は自身と向き合い、
それを改めて確認すべきです。
それを怠っていたら、
飼い慣らされた家畜同様の運命が待っているだけ。
そう思えば、
間違いないでしょう。(笑)






斉藤和義 ずっとウソだった

くそくらえ節・岡林信康

泉谷しげる 戦争小唄

泉谷しげる with LOSER 国旗はためく下に

Blankey Jet City 悪いひとたち PV

浜田省吾 『J.Boy (ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend")』

タイマーズのテーマ FM東京 デイドリームビリーバー イモ '89 10 13

YELLOW MONKEY-JAM 1996

ガストロンジャー / エレファントカシマシ


















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog