プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
おばさんになってもじじいになっても、ロックは自由の象徴であり続ける Oct 22, 2017
生きている限り、生かされている限り、人はいつも ないものねだりだね Oct 21, 2017
権威や体制を軽やかに笑い飛ばすのが芸術の本質!! Oct 18, 2017
いつになれば私達は理想郷に辿りつけるのだろう・・・ Oct 16, 2017
いつになれば・・・きみのやさしさに応えることができるだろう Oct 14, 2017

2013.06.16    カテゴリ:  映画・文学 

   「ロックンロール・フォトグラフィティ 長谷部宏の仕事」を読む


僕が未だ中学生だった頃、
洋楽専門誌と言えば、ミュージックライフだった。


そのミュージックライフの
専属カメラマンを務めていたのが長谷部宏である。



彼のミュージックライフ誌に於ける
全仕事を振り返った
インタビュー集がシンコーミュージックから
出版されている。
それが「ロックンロール・フォトグラフィティ 長谷部宏の仕事」だ。
インタビュアーは、同誌の編集部員だった
現フリーライターの赤尾美香。




ロックンロール・フォトグラフィティ 長谷部宏の仕事ロックンロール・フォトグラフィティ 長谷部宏の仕事
(2013/03/30)
赤尾 美香、長谷部 宏 他

商品詳細を見る




とにかく爆笑エピソードと仰天エピソードが満載。
あっというまに読み終わる。


人に媚びず体制に媚びず
人生を最大限に楽しむ極意がここには詰まっている。
そう感じた。


たとえばDAVID BOWIEの初来日時、
長谷部はBOWIEに対して
必ずしも好印象を抱いてはいなかったらしい。





img261.jpg



“初来日の後は飛行機で来てるんだろ? じゃあ、あの船は何だったんだ。話題作りだったとしたら、なかなかの策士じゃないか”
(本文より抜粋)



その初来日公演を撮影したときの感想。


“ファッション・モデルのショウみたいでさ、取っ替え引っ替え着替えばっかり。こりゃ、なんだろなぁ、って思ったよ。かっこいいなんて、全然思わなかった。撮ってて、おもしろいとも思わなかった。途中で、パッとケツまくった写真を撮ったんだけどさ、その時も『みっともないことするもんだな』って思いながら撮ったな(苦笑)”
(本文より抜粋)



だが、1975年の来日公演以降、
彼のBOWIE観は一変することになる。






img260.jpg



“ステージが、すごく明るかったんだよね。それに、前みたいにキワモノ的なコンサートじゃなくて、ミュージシャンらしい、素晴らしいコンサートだったよ。あれは、よかったね”
(本文より抜粋)






日本人として
ビートルズを初めて撮影したのも長谷部だった。
そのときのことを振り返った
興味深い談話がある。




img259.jpg


“でもね、だからってやみくもに遠慮もしないで撮っちゃダメ。限度がある。そこを見極める事が大事なんだ。のべつまくなしシャッターを切られたら、相手もイヤになっちゃうからね。この仕事、被写体に嫌われたら終わりだよ。だから、時には、相手に気づかれないように離れて望遠レンズで撮ったりもする。特にこの時はスタジオでしょ。レコーディングの時っていうのは、みんなそれなりに神経使っているから余計にね”
(本文より抜粋)




VAN HALENの
1979年再来日時に於ける“伝説”についても述べている。


題して「狂乱のハンバーガー・パーティ事件」。


“ふたつめの事件は、東京へ戻っててからのこと。デイヴ様の撮影に関するご要望は、騒いでもいい場所を探し、ハンバーガーを50個用意して、山と積み上げろ、というもの。編集部は「いやな予感はした」ものの、それを実行した。そして惨劇は起きた。防音スタジオに山と積まれたハンバーガーを見るなり、メンバー突進突入。ハンバーガーを投げ合い、踏みつけ、なぜか自前の日本刀(もちろんオモチャ)まで持ち出しての大乱闘。「今だ、写真! 写真をとれーー!!」というデイヴ様のご命令に応じる長谷部。一体どんな顔して撮影をしたのだろう。
「撮れって言うから撮ったまでよ。こんなことして、何がおもしろいんだろうなぁ、参っちゃったなぁ、って思ったけど、これもあいつのサービス精神だと思えばさ」
 防音強化のため絨毯敷きされた床には、ケチャップやマスタード、その他食べ物の残骸がこってり染み込んだ。スタジオ・オーナー、激怒。MLが支払った弁償代は約30万円。デイヴとて、懐こそ痛めなかったが、さすがにこれだけのことをしていれば、15年経とうが忘れるはずもなかろう”
(本文より抜粋)



img262.jpg








長谷部宏は、
はっきりいって江戸っ子気質。
気に入らない奴に媚びは売らない。
でも与えられた責務はきちんと果たす。
なにかを素敵だと思える感性を何よりも大切にする。
それが彼の仕事の流儀なんだと思える。



進んで和を乱す人間になろうとは思わないけど、
結果的に和を乱してしまうことを
反省したり厭う必要などないと
僕は思っている。
それが組織だ。



自分の流儀を貫くには勇気がいる。


もしも、
自分の仕事に自信と誇りを
抱けないのであれば、
他者に迎合することでしか
生きていけなくなる。



でも、それがその人の流儀であれば
全然構わない。
人に媚びて生きていくのも
その人の選択肢だから。








結局、自分を信じて
自分の生き方を貫くしかないんだよね。



それが人生という快楽だから。



・・・(笑)








DAVID BOWIE - Moonage Daydream - Ziggy Stardust and the Spiders from Mars

David Bowie - Station to Station (Live 1978)

The Beatles-Hello Goodbye (Remastered)

Van Halen - Jump (HQ music video)

Van Halen - You Really Got Me [HD]


















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog