プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ここからまた歩き始める・・・あなたに出会えるその日を待ち焦がれながら。 Nov 21, 2017
素敵な人に出会えたら、その日一日が宝石のような輝きに包まれる!! Nov 19, 2017
いつかきっと願いは叶うはず!! だから信じよう。明日という名の輝きを・・・ Nov 17, 2017
モッズ魂よ・・・永遠に!!  Nov 15, 2017
そう。お前はお前のやり方を見つけろ!! Nov 13, 2017

2013.06.15    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   音楽雑誌MASSIVEは何故生き様を伝える雑誌として成立するのか?


音楽雑誌MASSIVEは、
なぜ生き様を伝える音楽雑誌として成立するのだろう。









それはインタビュアーとアーティストの間に
絶大な信頼関係が成立しているからだ。
信頼関係の下に素敵なドラマが生まれる。
そのドラマ性こそがこの雑誌の本質だと思う。











“音楽雑誌は、
アーティストの生き様を伝える。
リスナーはアーティストの生き様に触れることで、
その本質を探す旅に出る。
音楽ライターは、その媒介を務めるツーリスト。

音楽雑誌MASSIVE最新号を読んで、
その素敵なトライアングルを
改めて実感する。”




“◆バンド自身がバンドを運営する。そういった活動形態についてはどう思っていますか?
「今はそれがいいと思ってる。すっげえ面倒だけど(笑)。少し前にちょっとしたトラブルがあったとき、その相手の人が〝すべてを疑ってかかれ〟ということを言ってたんだけど、俺は、すべてを信じるところから始めたいんだ。失敗したらそこで学習できると思うし、それを重ねていけばいい。そうしていかないと本当にこのバンドを愛してくれる人、自分が愛するべき人は見つからないと思うからね。だから自分たちで責任を持ってやるというのは、いいことだと思う。もちろん誰か適任者が居れば任せたいよ、ホントに面倒だし(笑)。だけど、そいういうバンドのあり方というのも、この音に繋がってきてると思うんだ。〝なにくそ、この野朗!〟みたいな気持ちとか、なんか踏ん張ってる感じとかがね」”
MASSIVE vol.10
D'ERLANGER
Tetsuインタビュー記事(インタビュアー増田勇一)
より抜粋。





“与えられた情報だけでは満足できないからこそ、
人はそこにドラマを求めるのだと思う。


そして、そのドラマを紡ぎだすのがリスナーとライターとアーティストの
トライアングルだ。”








“音楽雑誌MASSIVEは、
単なるヴィジュアル系のバンドを集めた
音楽雑誌だと思っていた。
でも、実際に読んでみると、
異なる記事が読み手の意識の中で
相互に作用し合う。
まるでロック・バンドのグルーヴ感!!にも通じる
濃密な化学反応を体感出来る。”





http://riamn.blog82.fc2.com/blog-entry-1326.html


高校を卒業して間もない頃、
僕は仕事でステージの裏方を経験したことがあります。


なんと!!バック・ステージに
佐良直美です。
今でもはっきりと脳裏に浮かびます。






全く浮ついたところが無く驕りも感じさせない
素敵な方でした。


そこには人と人の繋がりが
確かに存在した。





MASSIVEvol.10掲載のSiMインタビュー記事は
とても興味深い発言の坩堝状態だった。








そこには彼らのバンドマンとしての矜持が漲っている。


“「うん。ライヴハウスは自由な場だって俺は思ってるんで。だけど自由っていうのは人と人の関係ってものがあるからこそ生まれた言葉じゃないかと思うんですよ。誰かと一緒に居ることで不自由さを感じるから、自由が欲しくなる。だけど自由を味わうには責任も伴ってくるはずで。人間同士の関係ってものがある以上、100%の自由はないとも思うんです。人間関係を踏まえたうえでの自由はあっても。それこそライヴハウスで誰かが怪我をした場合、気持ちのいい人はひとりもいないはずだと思うんです。自分が怪我したわけじゃなくても、怪我した人のことが気になって肝心のライヴが楽しめなかったりするし。そのためには他の誰かを怪我させないことも大事だし、そういう部分で守るべきマナーというのは絶対あるはずだと思うから」”

MASSIVE vol.10
SiMインタビュー記事(インタビュアー増田勇一)
より抜粋。




生きるための大前提がこの言葉にはある。





NHK特報首都圏
2013年6月14日(金)放送。
つぶやかずにはいられない
~SNS 5千万人時代~



http://www.nhk.or.jp/tokuho/program/130614.html




SNSを通じて
世界中が一瞬で情報を共有できる時代になったとしても、
人と人が繋がるための普遍の法則が
一つだけある。


自身が他者に対し、真剣になにかを求め、
アクションを起こさない限り、
あなたとわたしは永遠に繋がれないという
事実だ。






他者に依存する関係性ではなく、
あなたとわたしの自立した関係性を促すのが
メディアに与えられた役割。


そう思った。












D'ERLANGER - Beast in Me

D'ERLANGER/LA VIE EN ROSE(2007Live)

coldrain - The Revelation (OFFICIAL VIDEO)

佐良直美 世界は二人のために

SiM - Same Sky (OFFICIAL VIDEO)

pay money to my pain-HOME- 【英訳&和訳】




















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog