プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
世界は・・・今日もきみの寝顔をやさしい吐息で包み込む Jun 21, 2017
この世界は弱い者たちが流す悲しみと諦めの泪でできてるのかな・・・ Jun 19, 2017
メディアの力に頼ることなく、音楽ファンの 絶大な信頼を勝ち得たロック・バンド Jun 18, 2017
どこにも属さない。 どこにも混じらない。 だから空気なんか読む必要も無い。 Jun 16, 2017

2013.06.06    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   50過ぎても、反体制!!反権力!!(笑)


6月3日に放映された
NHK「クローズアップ現代」に桑田真澄が登場。
東大野球部への彼のメッセージ。
それは、「常識を疑え」。



2013年6月3日(月)放送
“最弱”チームは変われるか
~桑田と東大野球部~



http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3357.html








“東京六大学野球で15年連続最下位に沈み続けている東大野球部。低迷するチームの立て直しを託され、ことし、桑田真澄さんが特別コーチに就任した。掲げたモットーは“常識を疑え”。体格に劣りながらも野球で成功してきた桑田さんが考え続けてきたことだ。練習などのこれまでの常識を自ら見直してもらうことで、主体的に考えられる選手を育てるのがねらいだ。”



全てに通じることばだと思った。
だからこそ、
人は模索し続けるのだと思う。
死ぬまでそれは続く。



日本代表チームが
ワールドカップ出場を決めた。
全身で喜びを表現し
共に分かち合うサポーター達。
彼らを見つめていると、
「最近の若者は皆内向き」などという論評が
全く杞憂であることを実感できる。
素直に感情を表現できるって、素敵なことじゃないですか。

「感動をもらいました」とか
「元気をありがとう」とか
「鳥肌が立つほど感動した」という表現がある。
たしかにこれらは文法的には正しくない。
でも、日本語の許容量の深さとか
多彩な表現が可能な言語であることを
併せて考えると、
日本語って世界有数の素敵な言語なんだと思えてくる。
言語とは、
生活の中で様々な養分を吸いながら
育っていくものだから。




ワールドカップ出場が決まった夜、
若者たちの狂騒を予見して
渋谷のスクランブル交差点に並んだ
警官たち。
でも、スポーツを通じて
熱狂と興奮を分かち合えることは
何物にも変えがたい
素敵な財産だ。
その事実は責められるべきではない。
そう思った。









大体、僕は警官、
大きらいですからね。









貴方達は、何の断りもなく
市民に直接、職質できる権利を有している。
でも私達は、貴方達に対して不信を抱いたとしても、
職質できる権利を有していない。
なんて不自由な世の中だろう。








日夜、市民の安心と安全を護るために
懸命に働く警察官。
その崇高な使命を果たすために彼らは
身を砕いて職務に励む。


それでも・・・


権力を行使することで
自らの威厳と権威を示そうとする奴らを
僕はどうしても尊敬できない。


そんな価値観を肯定したくない。








♪警官!!(権力)に縛られて、
警官!!(権力)に見張られて、
警官!!(権力)から、


逃げられない・・・










50過ぎても、反体制!!反権力!!



の私です。(笑)







Superfly - タマシイレボリューション

THE MODS☆壊れたエンジン~チバユウスケ、永瀬正敏コメント

泉谷しげる 春のからっ風

森山達也(THE MODS)☆福山雅治 対談'92

Free Spirit 1979.07.14

THE MODS TWO PUNKS 日比谷















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog