プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
ロックンロールはいつまでも終わらない夢を紡ぎ続けるのさ!! Sep 22, 2017
きみとぼくのせつない想いを両手に抱えこんだまま、 あの空の果てに消えていく・・・ Sep 20, 2017
いつものように日が昇り、澄み切った青空にみんなの想いが吸い込まれいくね Sep 18, 2017
きっと・・・今日より明日はもっと素晴らしいはずさ!! Sep 17, 2017
きみとおれの想いが互いに交わって、この世界の夜明けを待ち焦がれている・・・ Sep 15, 2017

2013.05.25    カテゴリ:  映画・文学 

   「真夜中のカーボーイ」は永遠のB級ロマン!!


「真夜中のカーボーイ」という映画を
皆さんはご存知ですか?
以前、僕自身もブログの中で
この映画への想いを綴ったことがありました。








所謂、詐欺師と相棒が、
夢を抱いて都会の喧騒の中で奮闘するストーリー。
寅さんと重なりますね。





僕も主人公二人の生き方に自分を重ね合わせて、
激しく共感したことを思い出します。



だが、夢に向かってひた走る
そのラスト・シーンは、
余りにも無常で哀しい現実を映し出す。
いまの我が国がそうだしね。







一度でも挫折してしまえば
二度と這い上がれないというシステムを
私達は長年掛けて作り上げてしまった。
それが一番効率的だからと云う
単純な理由で。






たしかに、この映画の主人公は、
世間の規範から逸脱した
アウトローとしての生き方を標榜している。
と、いうか、そんな生き方しか選べなかった。
最初から選択の余地などなかった。

なにしろ、人を騙して儲けたお金で成り上がろうという夢を
抱いているわけですから。
騙してなにが悪い。
騙されるほうもそれを承知で騙されるんだ。
暇をもてあましている富裕層のご夫人達に
一夜の夢を与えてあげる。
その見返りとして報酬を得る。
需要と供給の法則に則って考えれば、
それは正当な報酬だ。


勿論、そんな独りよがりな考え方が
社会で通用するはずはありません。
でも、そんな生き方を否定して、
世の中の規範を守る事が正義なんだと決めてしまったら、
全ての芸術はその価値を失ってしまう。
なにが正義なのか?
それは誰にも決められないからこそ、
そこには様々な思考が生じる。
そんなふうに万人に思考を促すことが未来への架け橋になる。



だからこそ、
この映画は永遠の普遍性を獲得出来たのだと
個人的には思います。
多分、何度観ても色褪せない
青春ロード・ムービーの傑作。
でも決して万人には理解されない
永遠のB級映画。
吉田秋生の「カリフォルニア物語」もそうだった。(笑)






見た人それぞれが
様々な思いを重ね合わせることができる。


きっと、それが芸術の本質。








ハリー・ニルソンが歌う主題歌も
素敵でした。








Hotel California 訳詞付- The Eagles

Tora-san is Eternity

ビリージョエル/ The Stranger/ 訳詩付

浜田省吾 『J.Boy (ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend")』

春夏秋冬 泉谷しげる

Everybody's Talkin' . Midnight Cowboy


















トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog