プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
出会いと別れは背中合わせの恋人たち Jun 23, 2017
世界は・・・今日もきみの寝顔をやさしい吐息で包み込む Jun 21, 2017
この世界は弱い者たちが流す悲しみと諦めの泪でできてるのかな・・・ Jun 19, 2017
メディアの力に頼ることなく、音楽ファンの 絶大な信頼を勝ち得たロック・バンド Jun 18, 2017
どこにも属さない。 どこにも混じらない。 だから空気なんか読む必要も無い。 Jun 16, 2017

2013.04.05    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   物価が上がって喜ぶ庶民なんて、どこにいるっ!!


億単位の借金を抱えた芸能人が、
借金を完済したという話は
よく聞く。



何故、彼らは、
生活のレベルを
一切下げることなく、
億単位の借金を完済できたのか?










それは、彼らに予め、
運と才能が備わっていたからか?


人知れず、
努力と研鑽を重ねてきたからか?



いや・・・
そんなことじゃない。



彼らを必要とする大衆の欲望が
市場に溢れていたからだ。


彼らは、大衆の欲望を満たすために、
只ひたすら働いたからだ。




誰かに必要とされることが
生きる原動力になる。



それは芸能人だろうと庶民だろうと
何ら、変わらない。














最近、東北がやたら元気だ。




それは、アベノミクスに対する期待感なんかじゃない。




誰かに必要とされるから、


頑張れる。



誰かを喜ばせたいから、


頑張れる。



誰かの笑顔が見たいから、


頑張れる。












そうだろっ!!



“ 日銀が世の中に流し込むお金の量が増えると、金利が下がって、企業や消費者はお金を借りやすくなる。ダムにいっぱいにたまった水が田畑に流れ込むように、企業や個人にお金が回り始め、工場を増設して、新しい製品を作ろうという意欲が出始めたり、住宅ローンを組んで家を建てようとする動きが増えたりすることが期待できる。
 さらに、お金の量が増えると、将来、物価が上がるだろうと国民が思い始め、住宅や自動車などを早めに買うかもしれない。日銀は、こうした経路でお金が回れば、物価が下落し続けるデフレから抜け出せるというシナリオを描いている。”



“ また、アベノミクスへの期待感から、すでに株価や不動産が上昇傾向にあるが、今回の大胆な緩和策で世の中にお金があふれかえり、1980年代後半のような「バブル景気」になる懸念を指摘する声もある。”

読売新聞朝刊2013年(平成25年)4月5日(金)
総合面記事より抜粋。












物価が上がって喜ぶ庶民なんて、




一体、



どこにいる?














馬鹿にするのも、いいかげんにしろっ!!














私達は、




自分に嘘をつかず、





日々を生き抜いてるだけなんだ。














そんな希望と夢が空に溢れれば、





いつか、





宇宙の風になる。










・・・(笑)









【民謡日本一】 上を向いて歩こう【カバー】

朝倉さや「東京」ミュージックビデオ(Short Ver.)

山形弁ロビンソン

山形弁タッチ

スピッツ / 放浪カモメはどこまでも

Spitz - Ore no Subete (Live 2009)

Spitz - Robinson (Live 2009)
















日銀の自作自演の円安、そして株高。
この裏にあるのが日米密約。
2月22日に行われた安倍-オバマ会談で、安倍は景気よく50兆円差し出したそうだ。
労働意欲のかけらもないアメリカは今や世界のヒモとして生きている。

株価が暴騰している。
実際に投資家はそんなに儲かっているのだろうか?
バブル時代のような景気のよい話をまわりから聴くことがないのはどういうことか?

日本の投資家は、失われた20年間でほとんど消えているのではなかろうか?

自作自演だから経済的裏付けがまったくない。
本当にバブリーな相場。
密約だけで保っているような相場。

日銀はお金ジャブジャブ政策へ舵をとる。
そのために円安なる。
物価が上がる。

物価が上がれば、人は消費しない。
これを歪んだ解釈するのだから、洗脳以外のなにものでもない。

記事に取り上げている「読売」は、アメリカCIAの息のかかった新聞。

人為的に操作した後というのはそれはそれはみじめなものである。
多少投資している人が逃げる準備、損切りのラインを見極めておかないといけない。

追記

TPPについて。
ある人はTPPを「ぼったくりバー」と同じという。
バーの店主はアメリカ様。
ぼったくられるのは・・・。

この協定、ISDS(投資家対国家の紛争解決制度)条項というのがあって、大変アメリカに有利になっている。
アメリカの大企業が進出した先の国の政府から不公平な取扱いを受けたり、法律によって工場や鉱山が没収され、国有化宣言されたりしたときに、その国の政府を提訴出来る制度で、訴え先は「国家投資紛争解決センター」というアメリカが作った機関で裁かれ、しかもその審理内容は非公開となっている。

まるで日米地位協定のごとく、アメリカの思うがままの法体系となっている。

中国や韓国を忌み嫌う人がおられるが、アメリカのこういう態度はご存知なんだろうか?
企業や個人にお金が回り、欲望と好奇心を刺激する。
それ自体はとても正しいと思います。
でも、それは魅力的なコンテンツがあってこそですから。
企業が大衆の欲望を満たす素敵なコンテンツを次々と世の中に提示すれば、消費者は、なにかを失うことを厭わなくなる。それが景気を刺激して、世の中にお金が出回るようになる。
その基本だけは未来永劫変わらない。
物価が上がるということは、本来需要が供給を上回るから。
そこには、常に人間の弛まぬ欲望と好奇心が渦を巻いている。
その基本を蔑ろにしていたら、社会は成立しませんよね。
魅力的なコンテンツを創造するためのエキスを社会に注入する。それが政府と銀行に課せられた基本的役割だと思います。
・・・(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog