プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
世界中が天変地異に見舞われてもあなたの心は誰にも奪えない!! Aug 20, 2017
日々の幸せに感謝・・・ Aug 19, 2017
おやすみなさい。素敵な明日を・・・ Aug 18, 2017
僕らの未来は僕らが掴み取る!! Aug 15, 2017
雨粒は貴方の心を浄化する魔法!! Aug 14, 2017

2013.04.02    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   何故、人は愛し合うのか?


私達は
万物の霊長なんかではない。
一皮剥けば、
欲望に支配される只のけだもの。


様々な煩悩を抱えて生きているからこそ、
悩み苦しみ悲しむ。





先日、



ブロ友さん経由で、ある記事に遭遇しました。



http://www.facebook.com/junko.sasaki.1656/posts/344887282299571











性的欲望の処理は、
社会のシステムの中で生き抜いていく限り、
誰もに課せられた責務。


だから、
僕はなるべく欲望に逆らわない。
つまり、ムラムラしたときは、オナニーをします。
それですっきりすれば、
性犯罪を犯さずに済みます。
お金も掛かりません。
まぁ、エロ・サイトのお世話にはなりますけどね。









男性と女性は全く価値観が異なる。
つまり全く別の生き物なんです。


それを大前提として互いに対する尊厳が育まれれば、
きっとこの世は素敵なパラダイス。








img256.jpg



“「いや、でも、ぶつかって、ぶつかったけど、すっごくいいものができた時のほうが力強いですよ。俺と戸城くんなんて知り合って20年以上だけど、ほんっとに連れ立って飲みに行くなんてないですからね。あいつは人間としての俺を必要としてるんじゃないのかもしれないね(笑)。でもミュージシャンとして必要とされてるのはすごくよくわかるし。で、俺は戸城憲夫はすごく才能のあるミュージシャンだと思って、奴の才能は他にはないものを持ってる。だからぶつかることもあるのでしょうけど、でもそれでも一緒にやる意味合いもあるわけですよ。で、例えばここに松尾宗仁がいます。一緒にやれるかっつったら、松尾宗仁は松尾宗仁で妥協できない男だし(笑)。そしてあいつには、ようやくギター2本っていう、自分が一番やりたかったであろう基本のスタイルに立ち返れて、作品作りができるようになって、自分がイニシアチブをとってサウンド作りをしたりすることに夢中になっている。そこに戸城憲夫はあり得ないんですよ、これは。で、JOEっていうプレイヤーのスキルの高さは_一番、どこに出しても恥ずかしくないのはJOEだし、どこに行ったってちゃんとあいつにしか叩けないドラムで、彼を必要とするミュージシャンたちを、絶対納得させ続けてると思うんですよ。ただそのJOEに、ドラムのスタイルとして、戸城くんが求めるものがあるのか、宗仁が求めるものがあるのかっていうと、JOEのスタイルを求める人は、もっと外部に多かったりするっていう。つまりですね、シャツのボタンが掛け違っちゃってる感じっていうのがあるわけですよ。どんなに縫製がしっかりしてかっこいいシャツでも、ボタンを掛け違えてたらマヌケじゃないですか。今のZIGGYっていうのは、掛け違えてる部分っていうのがありますよ。だから、このアルバムを聴いて、JOEっていうドラマーのあのドラム・スタイルが好きな人は物足りないかもしれない。森重樹一の作るメロディが好きな人が聴いた時に『もうちょっとメロディ行けないかな』って思うかもしれない。でも俺はそれをわかって、今の掛け違えた状況で、最良のものをやろうと思ってる」


img255.jpg


うーん、そっかあ・・・・・・。






「いや、わかるよ?さっき言ってくれた感想、『もったいない、細分化してる場合じゃないでしょ、あんた』って(笑)。そうなんですよ。俺がもっと乱暴者で『バカヤロウ! おまえら俺の言う通りにやれ!』っていうタイプの人間だったら、今みたいにバンドを細分化せずに、ZIGGYで稼がせてもらいますよ。ただ、もし俺の歌が20年前より今のほうが成長してるとしたら、それは俺がそういう人間じゃないからだと思う」


なるほどね。


「ホントこれ堂々巡りで、インタビューでこんなこと言うのもあれなんですけど(笑)、考えれば考えるほど・・・・・だからそういう意味でいったら、The DUST'N'BONEZはうまくボタンは掛かってるんですよ。THE PRODIGAL SONESもうまくボタンは掛かってると僕は思う。で、自分のソロも、この前のツアーで回ったソロのバンドはすごくうまくボタンが掛かってると思う。だからみんながうまくボタンが掛かってるからこそ、本体のZIGGYに戻った時に、その矛盾はより明確になるんですよね」


img254.jpg



・・・・・・困りましたねえ(笑)。







「はははは! さすがに困りましたか」


くり返しますが、戸城憲夫と松尾宗仁の二人っていうのは、どうしても同じバンドにはいられないんですか?


「無理ですよ。あり得ないでしょ。ベースあれだけ歪んでて、ギターは歪みをどんどん減らす方向で音作りしてるんだから。どんなアンサンブルのバンドになっちゃうんですか。それで音楽を一緒に作ったら、ラーメンのスープに蕎麦の麺を入れるような、とんでもないおかしなことになっちゃうんですよね」“

BRIDGE 2007年12月号
森重樹一インタビュー記事
(インタビュアー兵庫慎司)より抜粋。






判り合おうなんて、思わないほうがいい。
判りあえないのが当たり前。
だから、人は恋をする。












難しいことだけど、
決して諦める必要はありません。









何故なら、
神様がこの世に男と女を誕生させた理由も
そこにあるはずだからです。











互いが互いに対して影響を与え合う。
そこから相手に対する好奇心や敬意が生まれる。


異なる価値観を共有することで、
互いが成長する。



こんな素敵なことはありません。



(笑)








頭脳警察 "ブラッド・ブラッド・ブラッド"

ZIGGY-マケイヌ

THE PRODIGAL SONS 非常ベルが鳴り止まない PV ♪

THE DUST'N'BONEZ / CONFUSION

♪ ZIGGY ♪ ★LEWIS★

MORISHIGE,JUICHI☆ROCK & ROLL SiNGER

森田童子「たとえばぼくが死んだら」

さようなら世界夫人よ













今1回記事を拝読させていただいて

拍手して

またもう一度記事を読もうと思ったら

文章とYouTubeが増えたような………?




riamnさんも貼ってくださったのですね。

ありがとうございます
m(__)m


いつもいつも
ありがとうございます
(*^_^*)

ミカさん

こちらこそ、いつもありがとうございます。

>またもう一度記事を読もうと思ったら

文章とYouTubeが増えたような………?


そうです。僕が魔法を掛けたんです。
ミカさんの喜ぶ顔を見たかったから・・・

予め、ストックしてあったので、それを足しただけなんですよ。


魔法・・・


うまく掛かったかな?


・・・(笑)
魔法に掛かっちゃいましたよ!


喜ぶ顔は届いたかな?


(*^_^*)
ありがとうございます。

ちゃんと届きましたよっ。


永遠に醒めない恋の魔法をあなたにかけてあげたい・・・


http://youtu.be/qPBjrXL9xoo



いやいや!!


そんなのむりむりぃいいいいいいいいいいい~!!


。。。失礼致しました。(笑)
YouTubeを拝見させていただきました
m(__)m


永遠に醒めない恋の魔法……
(*^_^*)


riamnさんには
いつも魔法を掛けていただいてますよ!


ロマンチックなriamnさん……ステキです(*^_^*)

ありがとうございます。

ミカさんの囁くそのことばこそ、僕にとっての最大の魔法ですから!!

夢なら、醒めないで欲しい。

永遠に・・・

(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog